ニュース
完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds A-Series」も発表

Pixel最新モデル「Google Pixel 5a(5G)」登場。高性能カメラ搭載で51,700円

Googleは、ミドルクラススマホ「Google Pixel 5a(5G)」を発表しました。2021年8月26日発売で、公式サイトの販売価格は51,700円(税込)。2021年4月に予告していた通り、アメリカと日本のみでの発売になります。

51,700円(税込)で、5G&ハイエンドカメラが体験できる「Google Pixel 5a(5G)」

51,700円(税込)で、5G&ハイエンドカメラが体験できる「Google Pixel 5a(5G)」

基本スペックやカメラは変わらず。従来機からバッテリー容量が増加し防水対応に

「Google Pixel 5a(5G)」は、2020年10月に発表された「Pixel 4a (5G)」の後継機となるモデルです。ただし、基本スペックやカメラ機能についてはアップグレードされた要素はなく、主な変更点はメタル素材採用のユニボディ、IP67準拠の防水・防塵ボディ、バッテリー容量の増加、画面の大型化(少しだけ)などとなっています。

本体サイズは73.2(幅)×156.2(高さ)×8.8(厚さ)mmで、重量は183g

本体サイズは73.2(幅)×156.2(高さ)×8.8(厚さ)mmで、重量は183g

基本スペックは、CPUが「Snapdragon 765G」で、メモリーが6GB、ストレージ容量が128GB。ストレージを拡張できるmicroSDカードには対応していません。「Pixel 4a (5G)」とまったく同じ構成です。

ストレージ容量は128GBと少々心もとなく、さらに「Pixel 5」以前のモデルで利用できた、Googleフォトへの「高画質モード」での無制限アップロードの対象でもありません。そのため、写真や動画を大量に保存する人は、Googleアカウントに紐付くGoogleドライブの空き容量(無料で最大15GB)を使うことになります。15GBを超える場合は、有料の「Google Oneプラン」や、そのほかのストレージサービスを利用することになるので、その点は注意が必要です。

「Google Pixel 5a(5G)」の外観は、従来のポリカーボネートからメタル素材採用のユニボディへと変更。変更の理由は、「Pixel 5」のユニボディが好評であったこと、そして新しく追加された防水・防塵ボディを設計するうえで、メタル製の素材のほうが製造上簡単だったとのことです。

ディスプレイは、6.34インチのフルHD+(2400×1080)有機ELディスプレイとなっており、従来機「Google Pixel 4a(5G)」の6.2インチから若干大型化しています。性能についても、HDR+対応など、変更点はありません。

背面には指紋認証センサーを搭載。そして、3.5mmイヤホンジャックも従来機から引き続き備えています。

本機で大きく変わったのがバッテリー容量です。従来機の4080mAhから4680mAhへと大幅に容量が増加しており、1日安心して利用できるとのこと。使用するアプリを学習して、バッテリー利用時間を持続させる「アダプティブバッテリー」にも引き続き対応します。

カメラは、「Pixel 4a (5G)」とまったく同じものを採用。メインカメラは、1220万画素(デュアルピクセル)/F1.7の標準カメラに、1600万画素・F2.2の超広角カメラという2眼構成。フロントカメラは800万画素/F2.0となっています。

Google公式によるカメラの作例。価格はミドルクラスでもハイエンド並みのカメラ性能を誇ります

Google公式によるカメラの作例。価格はミドルクラスでもハイエンド並みのカメラ性能を誇ります

カメラ機能に関しても、「夜景モード」や「ポートレートライト」、「シネマティック撮影」(動画)など、利用できる撮影モードは「Pixel 4a (5G)」と同様です。ハイエンドスマートフォンと同等のカメラ機能が楽しめる、という部分では変わりありません。

通信面では5GのSub6に対応しており、国内で本機を発売するソフトバンクのほか、ドコモ、au、楽天の5Gネットワークが利用できます。

対応バンド
5G(Sub-6):n1/3/5/7/8/28/40/77/78
LTE:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/14/17/18/19/20/25/26/28/29/30/32/38/39/40/41/42/46/48/66/71
UMTS/HSPA+/HSDPA:1/2/4/5/6/8/19
GSM/EDGE:850/900/1800/1900MHz

また、これは「Google Pixel 5a(5G)」に限った機能ではなく、「Pixel」シリーズ全般で利用できる機能になりますが、電話に出る前に要件を確認できる「通話スクリーニング」、プライベートな写真をロックしたフォルダに保存する機能、事故にあったことを検知して110に発信を行う「自動車事故検出」といった機能が利用可能。なお、「自動車事故検出」は、2021年8月23日ごろにロールアウトされる予定です。

「Pixel 4a (5G)」からの目立った変更点は、バッテリー容量の増加、防水・防塵ボディなどにとどまっており、マイナーアップグレードのような印象は否めませんが、価格は「Pixel 4a (5G)」の60,500円(税込)から8,800円値下げされた51,700円。この価格で、「Pixel」シリーズのカメラ機能やAI機能が体験できるのは“お得”とも感じます。「Pixel」シリーズのカメラ機能や、Googleが提供する素のAndroidに興味がある人は、チェックして損はないでしょう。

カラバリは「Mostly Black」の1色のみですが、「Black Moss」「Maybe Moon」「Likely Lime」「Partially Pink」というカラフルな4色のケースが用意されています

カラバリは「Mostly Black」の1色のみですが、「Black Moss」「Maybe Moon」「Likely Lime」「Partially Pink」というカラフルな4色のケースが用意されています

なお、Googleは2021年秋に「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」を投入することを予告しています。ただし、この両モデルは、「Pixel 5」のようなミドルハイクラスではなく、最新技術を惜しみなく投入したハイエンドモデルの位置づけになるとのこと。「どうせ買うならすべてが最高クラス!」という人は、両モデルの発表を待ったほうがいいかもしれません。

完全ワイヤレスイヤホン「Google Pixel Buds A-Series」

「Pixel Buds A-Series」は、2020年8月に発表された「Pixel Buds」の廉価版となる完全ワイヤレスイヤホン。2021年8月26日発売で、公式サイトの販売価格は11,900円(税込)です。

「Google Pixel Buds A-Series」。「Clearly White」と「Dark Olive」の2色が用意

「Google Pixel Buds A-Series」。「Clearly White」と「Dark Olive」の2色が用意

従来機「Pixel Buds」と比べて、音質面やGoogleアシスタント機能は変わりありませんが、風ノイズ低減機能(マイク)、ケースの防滴仕様、充電ケースのワイヤレス充電、スワイプ操作による音量調節、アテンションアラートといった機能が省かれています。

主な特徴は、2基のビームフォーミングマイクによるクリアな通話、周囲の状況に応じて音量を自動で調節する「アダプティブサウンド」、リアルタイム翻訳機能など。防滴仕様のため、雨天時や運動中でも安心して利用できるとのことです。

バッテリー持続時間はフル充電で最長5時間、充電ケースを使えば最長24時間の利用が可能です。ケースに入れて15分充電すると、3時間の音楽再生、1時間の充電でフル充電状態になります。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る