レビュー

「iPhone 13」の新色グリーンで、マスク着用時のFace ID解除を試す

「iPhone 13」シリーズに新色が追加されました。「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」に「グリーン」、「iPhone 13 Pro」と「iPhone 13 Pro Max」に「アルパイングリーン」という緑系の色です。

左がグリーンのiPhone 13 mini、右がアルパイングリーンのiPhone 13 Pro Max

左がグリーンのiPhone 13 mini、右がアルパイングリーンのiPhone 13 Pro Max

ガラスとアルミニウムでデザインされたiPhone 13とiPhone 13 miniのグリーンは濃いめでインパクトのある色味。緑系のiPhoneは過去にもいくつかありましたが、今回のグリーンは濃い緑という印象です。

グリーンのiPhone 13 mini。性別関係なく似合いそうな濃い緑色

グリーンのiPhone 13 mini。性別関係なく似合いそうな濃い緑色

アルミニウムのフレームのグリーンは、ガラス部分よりも濃いめ。光りの具合では明るく見えます

アルミニウムのフレームのグリーンは、ガラス部分よりも濃いめ。光りの具合では明るく見えます

テクチャードマットガラスとステンレススチールのiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxのアルパイングリーンは、iPhone 13のグリーンより複雑な緑色です。野性味のあるワイルドな印象と高級感が上手に表現できると思います。

アルパイングリーンのiPhone 13 Pro Max。深みのある緑色ですが、テクスチャードマットガラスなので、見る角度では明るめの緑に見えます

アルパイングリーンのiPhone 13 Pro Max。深みのある緑色ですが、テクスチャードマットガラスなので、見る角度では明るめの緑に見えます

ステンレススチールの色は緑にも見えるし、青にも見える複雑な色味です

ステンレススチールの色は緑にも見えるし、青にも見える複雑な色味です

同じタイミングで発売された「iPhone SE」(第3世代)はコンパクトなボディとリーズナブルな価格で魅力的ですが、カメラにこだわりたい人や、より大きな画面でゲームなどを楽しみたいという人は、新色が追加されたiPhone 13シリーズをチェックしてみてはどうでしょうか?

マスクをしたままでFace IDを解除

iPhone 13シリーズの新色モデル発売の少し前に、iPhone向けの最新OS「iOS 15.4」が公開されました。iOS 15.4の目玉機能のひとつが「マスク着用時Face ID」のサポートです。コロナ禍でマスクを着用するのが日常となり、Face IDが使いにくくなったと感じている人にとっては、うれしい新機能です。

iPhone向けの最新OS「iOS 15.4」にて、「マスク着用時Face ID」がサポートされました

iPhone向けの最新OS「iOS 15.4」にて、「マスク着用時Face ID」がサポートされました

これまでも「Apple Watch」(watchOS 7.4以降)を装着していれば、マスクを着用していも、パスコードの入力なしにiPhoneのロックを解除できましたが、「マスク着用時Face ID」を有効にすれば、Apple Watchがなくてもロックを解除できるようになります。

注意点は、同機能を利用できるのが「iPhone 12」以降のモデルに限られていること。Face IDを利用できる「iPhone X」や「iPhone 11」では利用できません。もちろん、Face IDを搭載しない、iPhone SEでも使えません。

iOS 15.4にアップデートすると、「マスク着用時にFace IDを使用する」を選択できます。または、「設定」から「Face IDとパスコード」を選び、「マスク着用時Face ID」を有効にすればOK。初回有効時に一度顔をスキャンする画面になりますが、そのときはマスクを装着する必要はありません。

「マスク着用時Face ID」の項目の下には、「……iPhoneはあなたの目の周りの特徴を認識して認証を行うことができます。マスク着用時にFace IDを使用するには、iPhoneを注視する必要があります」という説明文があります。「目の周りをよくチェックするから、iPhoneを注視してね」ということだと思いますが、いつも通りカメラを見るだけでOKです。認識スピードもマスクなしのときと変わりません。iPhone 13 miniとiPhone 12 Pro Maxの2台で試しましたが、どちらも認識スピードに差はありませんでした。

目の周りの情報を元に認識するので、メガネをしている人はメガネを付けた顔をスキャンするといいようです。

筆者は普段、Apple Watchを装着しているので、マスクをしていてもロック解除に苦労することはありませんでした。ただ、銀行のアプリの起動時や、Apple Pay利用時、パスワード入力時など、生体認証が必要な場面は、パスコードを入力するか、マスクをはずさなければなりませんでした。これが、iOS 15.4とiPhone 12以降なら、マスクをしていても使えるようになります。

まだまだ外出時はマスクが手放せなさそうなので、iPhone 12以降のユーザーは「マスク着用時Face ID」を有効にするといいでしょう。

マスクをつけたままでFace IDが利用できるようになりました。ちょっとしたことですが、毎日何度もロックを解除し、買い物をするので、これは非常に便利なアップデートです

マスクをつけたままでFace IDが利用できるようになりました。ちょっとしたことですが、毎日何度もロックを解除し、買い物をするので、これは非常に便利なアップデートです

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る