トレンドニュース
トレンドニュース

発売からもうすぐ2年の「Nexus 7(2013)」がロングヒット中! いまだに買われる理由は、スペックの高さと価格の安さ

Googleの7インチタブレット「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)が、異例のロングヒットを続けている。直近では最安価格が18,000円を下回る日が多くなっており、価格.comの「タブレットPC(端末)・PDA」カテゴリーにおける売れ筋ランキングでは、約1か月半ぶりに1位へ返り咲いた。2013年8月28日の発売からもうすぐ2年を迎えようとしているが、廃れないスペックやブランド力の強さで、いまもなおユーザー層を広げているようだ。

Google「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)は、7型WUXGA(1920×1200)液晶を搭載したAndroidタブレット。「Nexus 7」では2代目にあたり、2013年8月末に発売された。2012年10月末に発売された初代モデルと比べると、ディスプレイが高精彩化したいっぽうで、ボディは薄型・軽量化されている。スペック面では、クアッドコアCPUの「Snapdragon S4 Pro APQ8064」(1.5GHz)や2GBのメモリーを搭載。バッテリー容量は3950mAhで、駆動時間の目安はWi-Fi通信時で最大約10時間だ。なお、OSは最新の「Android 5.0」へのアップデートが可能。本体サイズは114(幅)×200(高さ)×8.6(奥行)mmで、重量は290g。

「タブレットPC(端末)・PDA」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「タブレットPC(端末)・PDA」カテゴリーにおける売れ筋上位5製品のランキング推移

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)の最安価格推移

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)の最安価格推移

「価格.comトレンドサーチ」で見ると、「タブレットPC(端末)・PDA」カテゴリーにおける売れ筋ランキングでは、本製品「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)は、発売から約1年3か月を経た2014年12月上旬に初の1位を獲得。発売からかなり遅めのヒットとなったが、これは前モデルの「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2012)の販売価格に比べて、本製品の価格が高止まりしていたことによる。しかし、2014年末には、最安価格が19,000円前後で推移するようになり、その後はたびたび売れ筋ランキングでも1位を取ることが多くなった。直近では、SIMフリー仕様のAndroidタブレットや、高機能なWindowsタブレットに押されて2位にとどまっていたが、最安価格が18,000円を下回る日が増えてくると、8月7日に再び1位に返り咲いた。なお、8月10日時点での最安価格は、発売時の27,799円より約36.5%安い 17,660円だった。

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)のユーザーレビュー評価

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)のユーザーレビュー評価

本製品に対するユーザーレビューは、8月11日現在で133件が投稿されており、満足度はカテゴリー平均の4.18より高い4.29。「処理速度」や「携帯性」「液晶」など5項目で平均より高い評価となっている。レビュワーのコメントを見ると、「2年前に発売になった機種なので本当に快適に使えるのかという不安もありましたが、実際に使ってみるとヌルヌルサクサクです」「処理速度はいまだに申し分ない」「驚異的なのは発売から2年近く経っても現役バリバリのフラッグシップであること」と、処理能力や基本性能の高さを評価する人が多かった。特に注目されるのが、「この機種ぐらいの価格でスペックがいいものがなかなかでないので、もう1台を今年2月に購入し、計3台持っています」「タブレットは3台目だけど一番いいと思いました。また買いたいと思います」など、すでに所有している人が追加で購入しようとするケースが多いことだ。同等以上のスペックを備えたAndroidタブレットが多数発売されている中にあって、なおもよく買われるのは、最安価格で18,000円を切る価格の安さが消費者の心理に大きく作用しているからだろう。

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)のライバルランキング

「Nexus 7 Wi-Fiモデル 16GB」(2013)のライバルランキング

上の図は、本製品とよく購入比較をされるライバル製品を表した「ライバルランキング」で、図中の「勝率」は比較された結果、本製品がどれだけの確率で選ばれたかを示している。これを見ると、本製品のライバル1位は、HuaweiのSIMフリータブレット「MediaPad X1 7.0 SIMフリー」で、こちらには負け越しているが、そのほかでは勝ち越している。ライバル上位製品には、SIMフリー仕様のAndroidタブレットや低価格なWindowsタブレットなど、高機能なモデルの姿も見られるが、やはり価格面でのアドバンテージが大きく左右しているものと思われる。発売から2年近くを経た製品としては、異例の人気といえる。

宮澤保生(編集部)

宮澤保生(編集部)

学生時代から価格.comのユーザーで、いつの間にか好きなことが仕事になっていました。ユーザーの立場や目線に立ったコンテンツ作りを心がけています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
パソコン本体のその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る