パッケージには製品写真が復活! Dockも戻ってきた

変わってないけど変わってる! iPhone 6s/6s Plusを写真でチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルは2015年9月25日、スマートフォンの新機種「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」を発売した。国内ではNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアが取り扱うほか、SIMフリー版がアップルより販売される。iPhoneの発売日といえば、行列が風物詩だが、今回は事前予約制となり、どの店舗にも長い列はできず、静かな船出となった。価格.comマガジンでは、2モデルを入手することができたので、外観の写真を中心にファーストインプレッションをお届けしたい。なお、よりくわしい記事は来週公開する予定だ。

左が4.7型のiPhone 6sと5.5型のiPhone 6s Plus

左が4.7型のiPhone 6sと5.5型のiPhone 6s Plus

iPhone 6sとiPhone 6は背面とカメラで見わけがつく

まずは外箱をチェックしよう。iPhone 6は、本体のフォルムをエンボス加工した純白の箱だったが、iPhone 6sでは、エンボス加工はそのままに製品の写真がプリントされている。付属品は、iPhone 6と変わっていない。「Apple EarPods with Remote and Mic」、Lightning-USBケーブル、USB電源アダプター、マニュアル。アップルマークのシールも入っていた。

外観はiPhone 6/6 Plusから変わっていないように見えるが、実は素材が変わっている。同じアルミニウムだが、航空宇宙産業で使われているものと同じグレードの7000シリーズアルミニウムを使用。これまでiPhoneに使用してきた合金の中では一番強いという。前面のガラスもスマートフォン用としては最も丈夫なものを使っている。見た目と質感は同じだが、剛性はかなり高まっているようだ。

見た目で違うところは、背面の「S」の文字とカメラ部分。「iSightカメラ」のレンズ部分を見比べると、iPhone 6sのほうが黒いのだ。なぜ色が違うのかは不明だが、レンズ部分をよく見れば、iPhone 6sかiPhone 6かどうかがわかる。

重量はiPhone 6sが14g、iPhone 6s Plusが20gずつ重くなっている。厚みはどちらも0.2mmほど厚い。持ち比べてみると、iPhone 6s Plusは重くなっているのがわかるが、その差はわずかだ。iPhone 6sとiPhone 6では、ほとんどその差は感じられなかった。なお、手持ちのiPhone 6 Plus用のケースをiPhone 6s Plusに装着したところ、問題なく装着できた。その逆も問題なし。ケースは流用できる可能性が高い。

製品の写真がプリントされたiPhone 6s(右)、iPhone 6s Plus(左)のパッケージ

製品の写真がプリントされたiPhone 6s(右)、iPhone 6s Plus(左)のパッケージ

付属品はiPhone 6/6 Plusと変わっていない

付属品はiPhone 6/6 Plusと変わっていない

デザインはiPhone 6s/6s Plusと変わっていないが、外装に剛性の高い7000シリーズアルミニウムを使っている

デザインはiPhone 6s/6s Plusと変わっていないが、外装に剛性の高い7000シリーズアルミニウムを使っている

左がiPhone 6 Plus、右がiPhone 6s Plus。素材は違うが見た目や質感に違いは見られない

左がiPhone 6 Plus、右がiPhone 6s Plus。素材は違うが見た目や質感に違いは見られない

iPhone 6s/6s Plusは、背面に「S」の文字が刻印されている

iPhone 6s/6s Plusは、背面に「S」の文字が刻印されている

左がiPhone 6 Plus、右がiPhone 6s Plus。iSightカメラをよく見ると、iPhone 6s Plusのレンズ部分が黒いのがわかる

復活したDockに注目! 純正ケースも充実

純正の周辺機器も一新された。特に「iPhone Lightning Dock」は復活を望んでいた人が多いアイテムではないだろうか。iPhone用のスタンドで、本体を立てた状態で装着して充電と同期ができる。純正ケースに入れたままでも装着可能。本体のカラーバリエーションと同じ、シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールドの4色をラインアップする。外装は700シリーズアルミニウムではないが、本体にマッチするメタル仕上げ。

ケースは、レザーケースとシリコンケースが用意される。レザーケースは、ヨーロピアンレザーを使った上質な手触りが特徴の落ち着いたケースだ。裏地にはマイクロファイバーを使用している。カラーは、ミッドナイトブルー、サドルブラウン、ローズグレイ、ブラウン、ブラックの5色。直販価格はiPhone 6s用が5,800円(税別)、iPhone 6s Plus用が6,500円(税別)。シリコンケースは全11色が用意される。ホワイトは黒のリンゴマークが新鮮だ。オレンジやブルーなど、明るい色味のケースも用意されている。こちらは滑らかな質感で、ほかのシリコンケースのような安っぽさはない。直販価格は、iPhone 6s用が3,800円(税別)。iPhone 6s Plus用が4,500円(税別)。

iPhone Lightning Dock。直販価格は5,800円(税別)

iPhone Lightning Dock。直販価格は5,800円(税別)

背面にヘッドホン出力とLightningコネクタを搭載する

背面にヘッドホン出力とLightningコネクタを搭載する

ブラックのレザーケース

ブラックのレザーケース

ホワイトのシリコンケース。アップルロゴが黒色で、「iPhone 3GS」のホワイトモデルような見た目だ(iPhone 3GSのホワイトモデルは、アップルロゴがシルバーだったが、見る角度で黒く見えることもあった)

「3D Touch」や4Kビデオ&「Live Photos」など気になる機能が盛りだくさん

iPhone 6s/6s Plusには、多くの新機能が搭載されている。画面を押して操作する「3D Touch」は、iPhoneの操作の幅がぐっと広げる画期的な操作方法だ。iSightカメラは画素数が800万画素から1200万画素へ、前面の「FaceTimeカメラ」も120万画素から500万画素にアップ。流行りのセルフィー(自分撮り)をより高画質で楽しめるようになった。3D Touchやカメラ機能については、追ってくわしくレポートしたい。

iPhone 6s/6s Plusの目玉機能である3D Touch

iPhone 6s/6s Plusの目玉機能である3D Touch

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.7.26 更新
ページトップへ戻る