10枚レンズ構成のHOYA製ズームレンズユニットを採用

スマホもついに光学ズームの時代に? ASUSから光学3倍ズームのSIMフリースマホ「ZenFone Zoom」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ASUS JAPANは2016年1月25日、SIMロックフリースマートフォン(スマホ)の新モデルとして、光学3倍ズームカメラを搭載した「ZenFone Zoom」を2月5日に発売すると発表した。ズームしても本体からレンズが迫り出さないのが特徴で、薄さを損なわずに、遠くの被写体を大きく鮮明に写せるという。搭載するCPUや内蔵ストレージの容量、外装の素材の違いで8機種をラインアップする。実売価格は49,800円(税別)から。

光学3倍ズームカメラを搭載するZenFone Zoom。フルHDの5.5型液晶ディスプレイとインテルのクアッドコアCPUを搭載したハイスペックなSIMフリースマホ

10枚構成のHOYA製レンズユニットを搭載

搭載するレンズユニットはHOYA製で、非球面レンズ4枚、球面レンズ4枚、プリズム2枚の10枚構成。ズームしてもレンズが迫り出さないように、レンズユニットを横向きに配置することで、厚みを抑えている。本体背面に大きくレイアウトされたカメラ部分は少しだけ盛り上がっているが、薄さを損なうほどではない。本体の厚さは5〜11.95mm。本体の右側面には、シャッターボタンと動画の録音ボタンを搭載する。デジカメと同じように、半押しでオートフォーカス操作も可能。音量調節ボタンでズームイン/ズームアウトの操作が行える。

センサーサイズは非公表だが、パナソニックのCMOSセンサーを使用している。画素数は約1300万画素。4段相当の光学式の手ブレ補正機能、最速約0.03秒の高速なレーザーオートフォーカス、ローライトモード、32秒の長時間露出などを備える。最短撮影距離約5cmのマクロ撮影が可能で、料理や小物などスマホで撮影する機会の多い被写体に近づいて迫力のある写真を撮影できる。

なお、HOYAにとって、スマホ向けのレンズユニットを出荷するのは今回が初めて。2006年からどんな製品にも入るズームユニットを開発してきたが、デジカメよりも小型・薄型化が求められることから、部品1つひとつを小型化しなければならず、製品化に時間がかったという。

ズームしてもレンズが迫り出ない仕組みで、スマホの薄さを損なわずに光学3倍ズームを実現。光学式の手ブレ補正機能も備える。F値はF2.7〜4.8

HOYA製のレンズユニット

HOYA製のレンズユニット

ローライト、パノラマ、マニュアルなど多彩な撮影モードを用意

ローライト、パノラマ、マニュアルなど多彩な撮影モードを用意

本体右側面の音量調節ボタンでズーム操作が可能。ピンチインやピンチアウトでもズーム操作できる。ズームのスピードは、コンパクトデジカメと比べてもそん色のないレベルに感じた

クアッドコアの「Atom Z3590/Z3580」を搭載

ディスプレイは5.5型のフルHD液晶で、耐衝撃性や耐久性のすぐれたコーニング社の「ゴリラガラス4」を採用する。上位機種にはクアッドコアの「Atom Z3590」(2.5GHz)を、下位機種にはクアッドコアの「Atom Z3580」(2.33GHz)を搭載。クアッドコアではあるが、他社スマホが採用するオクタコアの「Cortex-A53」より、パフォーマンスはすぐれているという。メモリーは全機種4GB、内蔵ストレージは128GB/64GB/32GB。最大128GBに対応するmicroSDメモリーカードスロットを備える。バッテリー容量は3000mAhで、0%から約60%まで約39分で充電できる急速充電機能を搭載する。

通信速度は下り最大150Mbps。LTEの対応バンドはFDD-LTEが1/2/3/5/7/8/9/18/19/28、TDD-LTEが38/39/40/41。W-CDMA(HSPA+)の対応バンドは1/2/5/6/8/19。TD-SDCAMAが34/39。GSM/EDGEは850/900/1800/1900MHz。SIMカードはmicroSIMカード。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac(周波数帯域は2.4GHz/5GHz)。

ボディは、ZenFoneシリーズで初めてアルミ削り出しのメタルフレームを採用。縁にはダイヤモンドカットが施してあり、高級感のある仕上がりだ。本体サイズは約78.84(幅)×158.98(高さ)×5〜11.95(厚さ)mm、重量は約185g。外装の仕上げは本革とプラスチックの2種類を用意。本革モデルは、滑りにくく安定してホールドできる。落下防止用の本革ストラップも付属する。

カラーはブラックとホワイトの2色

カラーはブラックとホワイトの2色

背面の外装の違いで2つのバリエーションを用意。左は本革を使ったプレミアムレザーモデル、右がプラスチックのスタンダードモデル。本革モデルは上質な手触りで、ホールドしやすい

アルミ削り出しのフレーム

アルミ削り出しのフレーム

25日に都内で開催された発表会では、ASUSのジョニー・シー会長がプレゼンを行った。「製品化まで2年かかった。トップクラスのカメラ性能とPC級のパフォーマンスを備えたプレミアムモデル」とアピールした

ゲストとして登場した柴犬まるのパパこと小野慎二郎氏。毎日、まるの写真を掲載するインスタグラムには230万人ものフォロワーがいることから、世界一有名な柴犬と言われている。1週間ほどZenFone Zoomを使用しているという小野氏は、「動物は近づくと表情が変わってしまうので、光学ズームのできるスマホは画期的」と語った

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.7.18 更新
ページトップへ戻る