多様化するサービスや付加価値に注目!

音声通話付き格安SIMカード、2016年冬の陣

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンのランニングコストを大幅に引き下げてくれる格安SIMカードはスマホユーザーの心強い味方だ。最近は、価格競争が一時期に比べて沈静化しているが、サービスや付加価値で競合他社との差別化を狙った動きが活発化している。主要10社の料金プランに触れつつ、各社が発表したユニークなサービスについて解説しよう。なお、本記事内の料金は特別の断りがない限り税別で統一している。

大容量プランの値下げや、IP電話のかけ放題オプションを用意
イオンリテール「イオンモバイル」

NTTドコモのネットワークを使用する「イオンモバイル」は、全国に展開されるイオンの実店舗で受けられるサポート体制や、全般的に安めの価格設定が特徴だ。昨今話題の容量プランをいち早く導入した事業者としても知られているが、10月1日より月間通信容量20GB以上の4プランの値下げが行われた。新しい料金プランを数例あげてみると、音声通話付きSIMカードの20GBプランが従来の月額5,980円から4,980円に、50GBプランでは、月額14,800円から10,800円の4,000円という大幅値下げとなった。

また、付加サービスとしてIP電話を使った通話し放題の「050かけ放題サービス」(月額1,500円)も開始されている。これは、日本国内の固定電話、携帯、PHS、IP電話への発信が、24時間回数無制限でかけ放題になるというもの。なお、Wi-Fi経由なら、海外からの発信も、かけ放題になる。

価格.comで「AEON mobile」をチェックする

au回線に対応し、NTTドコモのSIMと通信容量のシェアも可能
インターネットイニシアティブ「IIJmio」

IIJmioは、従来からのNTTドコモ回線を使った「タイプD」に加えて、2016年10月1日より「タイプA」の名称でauの「4G LTE」ネットワークにも対応した。なお、複数のSIMカードを利用するファミリーシェアプランで、「タイプDと「タイプA」のカードを組み合わせることもでき、通信容量のシェアができる。なお、「タイプA」では、SMSなしのデータ通信専用SIMカードは用意されていない。この点が「タイプD」とは異なっている。

価格.comで「IIJmio」をチェックする

音声通話料金が半額になる「OCNでんわ」が登場
NTTコミュニケーションズ「OCN モバイル One」

NTTドコモのネットワークを使用する「OCN モバイル One」では、2016年10月3日より音声通話付きSIMカード向けの「OCNでんわ」がスタートしている。これは、申し込み不要、月額料金も不要で、専用のアプリを使うだけで通常の通話料金である20円/30秒の半額となる10円/30秒で音声通話が可能になるというものだ。類似の通話し放題サービスと比較すると、こちらはネット回線を通したVoIPではなく通常の音声回線を使うため、通話品質の安定性や、相手先電話番号の制限がないといった、優位点がある。

なお、「OCN でんわ」には、有料のオプションサービスである「OCNでんわ 5分かけ放題オプション」も用意されている。これは月額850円の追加料金を支払うことで、1通話5分まで回数無制限でかけ放題を実現するというものだ。

価格.comで「OCN モバイル ONE」をチェックする

高速オプションサービス「プレミアムコース」をテスト実施中
ケイ・オプティコム「mineo」

NTTドコモとauの両ネットワークに対応する「mineo(マイネオ)」には、通信容量10GBの大容量プランが加わっている。10GBプランの月額料金は、ドコモプランで3,220円、auプランでは3,130円となっており、これで「mineo」の料金プランは、500MB、1GB、3GB、5GB、10GBという5種類のラインアップになった。

「mineo」では、ユニークな試みとして、混雑時でも安定したスピードを確保できる「プレミアムコース」に注目したい。現在は、月額800円の有料トライアルテストとして、抽選で選ばれたユーザーを対象に、2017年1月末まで実施中。有料トライアルテスト終了後の扱いは、1月中旬までに発表される見込みだ。

価格.comで「mineo」をチェックする

業界最低水準の月額料金を維持
DMM.com「DMM mobile」

NTTドコモのネットワークを使用する「DMM mobile」。月額料金の安さで知られた存在だったが、現在でも月額料金では業界最低水準にある。通信容量1GBのプランは月額1,260円だが、通信速度が200kbpsに制限されるものの容量無制限のプランでは、さらに安い月額1,140円で利用可能だ。また、複数のSIMカードを使えるシェアプランも豊富で、ニーズ応じてさまざまなプランを選ぶことができる。

なお、公共Wi-Fiサービスのオプションである「DMM Wi-Fi byエコネクト」が2016年9月27日よりスタート。全国約63,000か所のアクセスポイントを持ち、通信速度も最大で300Mbpsと、LTEよりもスペック上は高速だ。こちらの利用料金は月額362円、こちらも低価格だ。

価格.comで「DMM mobile」をチェックする

3分以内なら通話し放題の「BIGLOBEでんわ3分かけ放題」がスタート
ビッグローブ「BIGLOBE SIM」

「BIGLOBE SIM」も、NTTドコモのネットワークを使用するサービスだ。SIMサービスの料金や通信容量などの条件には変更がないが、音声通話のオプションサービスのひとつとして「BIGLOBEでんわ」が10月27日より追加されたのがトピック。これは、月額650円の料金を支払うことで、3分以内の通話が無料に、3分以降の通話料金についても従来の半額となる10円/30秒になるというもの。月額650円で、月間合計60分までの国内通話が可能な「BIGLOBEでんわ通話パック60」と、利用スタイルに合わせて選ぶことができるようになった。

価格.comで「BIGLOBE」をチェックする

大幅なサービス見直しでプランが充実
FREETEL「FREETEL SIM」

NTTドコモのネットワークを使う「FREETEL SIM」だが、この半年で、サービスが大幅に改良されている。新しい料金プランは、1GBから50GBまで容量別に10個から選べる「定額プラン」と、使った容量分だけの料金を支払う従量制の「使った分だけ安心プラン」の2種類に再構成された。このうち、「定額プラン」では8GB、15GB、30GB、40GB、50GBのコースを新設。「使った分だけ安心プラン」も「15GB」までと、「20GBまで」の料金帯が追加されている。

また、従来からの特徴だった「AppStore」など、一部の通信については無料だったサービスが拡張され、「LINE」や「ポケモンGO」、「Twitter」、「Facebook」「Instagram」などの通信については料金がかからずに利用できる(無料になるサービスは、料金プランによって異なる)。

また、使い切らなかったデータ容量の繰り越しも翌月まで可能になったほか、通信容量のチャージも500円/512MBで可能になるなど、従来のFREETELでは行えなかったサービスの対応も進んでいる。

価格.comで「FREETEL」をチェックする

セキュリティやサポートのオプションサービスがスタート
UQコミュニケーションズ「UQ mobile」

auのLTEネットワークを専門に扱っている「UQ mobile」。この半年で、基本サービスには変更がないが、月額350円のサポートサービス「UQあんしんサポート」や、子どものSNS利用をチェックするセキュリティサービス「filii」(月額300円)がスタートしている。また、コンテンツサービスとして音楽聴き放題の「レコチョク Best」と「KK BOX」(いずれも月額908円)の2コンテンツを選べるようになった。

価格.comで「UQ mobile」をチェックする

月間25GBで2,880円の新料金プランを追加
U-NEXT「U-mobile」

「U-mobile」では、通信容量25GBの大容量プラン「U-mobile MAX 25GB」が新たに追加されている。音声通話付きの場合、月額料金が2,880円となっており、ライバルと比較してもかなり割安な料金だ。
また、音声通話用のアプリ「U-CALL MAX」もユーザー向けに配布が開始されている。これを使うと、通常20円/30秒の通話料が、半額の10円/30秒で利用できるようになる。さらに、オプションサービスとして月額基本料500円で、1回3分までの通話が1日最大50回までかけ放題になる「3分50回かけ放題オプション」も用意されている。

また、IIJとの協業による通信容量無制限の使い放題プラン「U-mobile PREMIUM」も用意された。こちらは、音声通話付きで月額2,980円という価格設定になっている。なお、いずれもサービスもNTTドコモのネットワークを利用している。

価格.comで「U-mobile」をチェックする

口座振替や月々の支払いに楽天スーパーポイントを利用可能
楽天「楽天モバイル」

楽天モバイルでは、この半年でさまざまなサービスの見直しが行われている。最大の注目ポイントは、毎月の料金支払いだ。従来は、クレジットカード、楽天銀行デビットカード、スルガ銀行デビットカードのいずれかに限られていたが、2016年12月請求分より口座振替にも対応。これによって、クレジットカードを持っていないユーザーでも利用できるようになった。なお、口座振替には100円の事務手数料が発生するほか、端末の購入代金には利用できない。

もうひとつ、毎月の料金の支払いに、楽天スーパーポイントが利用可能となったのも大きなポイント。利用できるポイントには期間限定ポイントも含まれているほか、保有するポイントの一部または全額を柔軟に指定できるので、手元のポイントを効率よく使うことができるだろう。

なお、新しい料金プランとして、月間20GB(月額4,750円)と30GB(月額6,150円)の大容量プランも追加された。

価格.comで「楽天モバイル」をチェックする

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.12.16 更新
ページトップへ戻る