アクセサリーメーカーが使ったスマホ第2弾

Androidスマホに生まれ変わった「NuAns NEO[Reloaded]」 おサイフケータイにも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

トリニティは2017年2月20日、新型スマートフォン(スマホ)「NuAns NEO[Reloaded](ニュアンス・ネオ・リローデッド)」を5月に発売すると発表した。前モデルの「NuAns NEO」は、基本ソフト(OS)に「Windows 10 Mobile」を採用していたが、新モデルは「Android 7.1」を採用する。キャリアから端末を発売していないメーカーとしては初めて「おサイフケータイ」をサポートするのも特徴だ。直販価格は46,111円(税別)。

Androidスマホとして生まれ変わったNuAns NEO[Reloaded]

Androidスマホとして生まれ変わったNuAns NEO[Reloaded]

NuAns NEO購入希望者の95%がAndroidを希望

NuAns NEO[Reloaded]は、スマホ用のケースなどを手がけるアクセサリーメーカーであるトリニティが開発・販売するスマホの第2弾モデル。本体サイズやデザインは前モデルと同じだが、OSをWindows 10 MobileからAndroid 7.1に変えるなど、中身が大きく変わっている。OSの変更について同社の星川哲視社長は、「NuAns NEOを購入したい人の95%がAndroidを希望していた」と説明。Androidのほうが利用できるアプリが多いのもOSを変更した理由のようだ。Androidを採用する上でこだわったのが、アップデートとセキュリティパッチをしっかりと提供すること。カスタマイズを施していないAndroidを採用することで、アフターサービスがしやすいように配慮した。

「おサイフケータイ」に対応したのも大きな特徴だ。同社によると、キャリアから端末を発売していないメーカーとしては初めての搭載になるという。各事業者と交渉中ということで対応サービスは公表されなかったが、「Suica」など主要なサービスでは利用できるようだ。

おサイフケータイに対応

おサイフケータイに対応

ディスプレイは、シャープ製の狭額縁ディスプレイを採用することで、筐体サイズを変えることなく、5.0型から5.2型にサイズアップ。解像度も720×1280から1080×1920に上がっている。カバーガラスはAGC旭硝子製の「Dragontrail Pro」を使用。前モデルにはなかった指紋認証センサーも本体前面に搭載し、安全性と使い勝手の向上を図った。LTEの対応バンドは1/3/4/5/7/8/9/12/17/18/19/26/28(カテゴリー4、下り最大150Mbps)。国内大手3キャリアの主要バンドをカバーする。auのVoLTEにも対応しており、前モデルから大きく進化している。

基本スペックも強化されている。CPUには2GHzで駆動するオクタコアの「Snapdragon 625(MSM8953)」を採用。メモリーは2GBから3GBへ、ストレージ容量は16GBから32GBへアップしている。バッテリーは3450mAhで、急速充電機能「Quick Charge 3.0」に対応。IP54準拠の防塵・防滴仕様なのも大きな進化点だ。

カメラはソニー製のセンサーを搭載。メインカメラは、F2.0の1300万画素で数値は前モデルと同じだが、像面位相差AFで高速なオートフォーカスを実現しているという。フロントカメラはF2.4の800万画素。24mmの広角レンズを搭載しており、複数人でのセルフィーに適したカメラとなっている。

シャープ製の5.2型液晶ディスプレイ(1080×1920)を搭載

シャープ製の5.2型液晶ディスプレイ(1080×1920)を搭載

外部インターフェイスとスピーカーの穴は底面に一列に配置。凹凸のある加工に変わっている

外部インターフェイスとスピーカーの穴は底面に一列に配置。凹凸のある加工に変わっている

外観をカスタマイズできる「COREコンセプト」を継承

本体デザインは、スマホの機能を集約した核となるハードウエアと、好みの外装(カバー)を組み合わせられる「COREコンセプト」を継承する。カバーは、上下で色や素材を組み合わせられる「TWOTONE」と、手帳のようなスタイルの「FLIP」の2つを用意。TWOTONEには、本物の石を使った「ストーン」やホールド感の高い「パンチングウルトラスエード」、柔らかい質感の「コルク」、デニム地の「児島デニム」などを新たに追加した。

なお、前モデルのNuAns NEOは29,800円(税込)に値下げして継続販売する。スタイリッシュなWindows 10スマホとしてこちらも注目だ。

新しいTWOTONEのストーン(上)とコルク(下)

新しいTWOTONEのストーン(上)とコルク(下)

カバーは前モデルと同じものが使える

カバーは前モデルと同じものが使える

TWOTONE

TWOTONE

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

製品 価格.com最安価格 備考
NuAns NEO Reloaded NA-CORE2-JP SIMフリー 49,800 Androidスマホに生まれ変わったNuAns NEO
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る