ついに読み出し3GB/秒の超高速時代に突入!

1万円台からでも選べる、超高速な「M.2 SSD」最新カタログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年から新製品が続々と投入されている「超高速SSD」。接続インターフェイスに「M.2」を採用するため、「M.2 SSD」とも呼ばれる製品だが、これらは今後主流になるといわれており、インテルやサムスンをはじめ、PLEXTORなどの周辺機器ブランドからもリリースされている。読み出し3GB/秒を備えるハイエンドモデルもあるいっぽうで、1万円前後で購入できるお手ごろなモデルもあるなど、バリエーションも豊富。これからパソコンを自作する方や、今使っているSerial ATA(SATA)接続のSSDからの買い替えを検討している方は要チェックの、最新M.2 SSD製品をピックアップして紹介する。

SATA SSDの3〜5倍の転送速度を実現するM.2 SSD

最新のSSDのトレンドは、低価格でかつ大容量な2.5インチモデルとより小型で高速なモデルに2分化しつつある。数年前は、120GBクラスの容量で、そこそこ速くて安いモデルに人気が集まっていたが、最近ではSSD自体の価格が下がり、売れ筋の容量は250GB〜500GBの大容量帯にシフトした。そのいっぽうで転送速度はほぼ横並びの状態になっていたが、2016年にSATA SSDに比較して3倍から5倍ほどの転送速度を実現したM.2 SSDが続々と登場し、注目を集めてきている。

この高速なM.2 SSDの多くは、メモリーモジュール並みの小さな基板「M.2」を採用するが、内部インターフェイスにはPCI Express(PCIe) 3.0 x4を使い、PCIe SSDを効率よく制御する仕組み「NVM Express(NVMe)」も併用することで、高速なデータ転送速度を実現している。2014年に登場した「Z97」「H97」などのインテル9シリーズ以降のチップセットを搭載するマザーボードなら、M.2 SSDをサポートしているので利用環境も整ってきている(AMD系マザーボードはFX990チップを搭載する製品など一部のモデルに限られる。また、一部のM.2 SSDではSATAインターフェイスを採用するモデルもある)。

なお、従来のSATA SSDから高速なM.2 SSDへの乗り換えは、SATA HDDからSSDに乗り換えたくらいの違いがある。システムドライブに高速なM.2 SSDを、データドライブに大容量なSATA SSDを使えば、高速かつ容量的にも十分なシステムが組めるだろう。本特集では、ユーザーにも大きな恩恵がある、高速なM.2 SSDの中から8製品をピックアップ。格安モデルからハイエンドモデルまでバリエーション豊かに取り上げてみた。

※本文中の価格は、2017年3月9日時点の価格.com最安価格(税込)となります。

サムスン「SSD 960 EVO」
読み出し3GB/秒オーバーのスタンダードモデル

表面の黒ラベルに銅箔層を加えることで放熱性を高めた「960 EVO」「960 PRO」

表面の黒ラベルに銅箔層を加えることで放熱性を高めた「960 EVO」「960 PRO」

サムスン「960 EVO」は、同社のM.2 SSDのスタンダードモデル。自社開発する新型の5コアコントローラーを搭載し、独自の3次元構造のフラッシュメモリー「V-NAND」を採用。そのフラッシュメモリーをTLCとして使うことで、安価ながら高速でかつ大容量を実現した。最大シーケンシャル転送速度は、読み出しが3,200MB/s、書き込みが1,900MB/秒。一番容量の小さい250GBモデルでも、読み出しは3,200MB/sで、書き込みは1,500MB/sを実現している。250GBモデルの価格.com最安価格は16,799円。容量ラインアップは、250GB、500GB、1TBの3モデル。10,000円台で買えるスタンダードモデルながら読み出し性能3GB/秒超えを実現しているのが大きな魅力だ。

●基本スペック
・容量:250GB/500GB/1TB
・コントローラー:サムスン製Polaris
・フラッシュメモリー:サムスン製 第3世代V-NAND(3bit TLC)
・最大読み出し速度(MB/s):3,200(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):1,500/1,800/1,900(容量順)
・総書き込み容量(TBW):100/200/400(容量順)

なお、ハイエンドモデルとなる「SSD 960 PRO」では、同じV-NANDを採用しつつ、高速かつ耐久性の高いMLCを採用している。容量ラインアップは、512GB、1TB、2TBの3モデルで、最大シーケンシャル転送速度は各モデル共通の読み出し3,500MB/秒、書き込み2,100MB/秒。M.2 SSDの中では断トツの性能と、M.2 SSDでは最大容量となる2TBモデルをラインアップしているのが特徴。一番容量の小さいモデルの512GBモデルの価格は49,780円。読み書き速度だけでなく高耐久なMLCもポイントで、クリエイティブで高負荷な作業を行うユーザーには適した製品と言える。

●基本スペック
・容量:512GB/1TB/2TB
・コントローラー:サムスン製Polaris
・フラッシュメモリー:サムスン製 第3世代V-NAND(2bit MLC)
・最大読み出し速度(MB/s):3,500(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):2,100(共通)
・総書き込み容量(TBW):400/800/1,200(容量順)

インテル「600p」
3D NANDのTLCチップ採用で高コスパを実現

ヒートシンクなしの「600p」

ヒートシンクなしの「600p」

フラッシュメモリーに大容量で低価格な3次元構造のTLC 3D NANDを採用し、Silicon Motion製のコントローラーを搭載した高コスパモデル。最大シーケンシャル転送速度は、読み出し1,800MB/秒、書き込み560MB/s。書き込み速度は他のモデルに比べてだいぶ控えめなものの、その分、価格は高性能な2.5インチSSDに匹敵するほど安い。容量の一番小さな128GBモデルの最大転送速度は、読み出し770MB/秒、書き込み450MB/秒で、価格.com最安価格は8,580円。容量ラインアップは、128GB、256GB、512GBの3モデル。とりあえずM.2 SSDを使ってみたいという人には、手に取りやすいモデルだ。

●基本スペック
・容量:128GB/256GB/512GB
・コントローラー:Silicon Motion製
・フラッシュメモリー:3D TLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):770/1,570/1,775(容量順)
・最大書き込み速度(MB/s):450/540/560(容量順)
・総書き込み容量(TBW):72(共通)

PLEXTOR「M8Pe」
東芝製MLCとMarvell製コントローラーを採用

ヒートシンクを装備する「M8Pe」

ヒートシンクを装備する「M8Pe」

価格.com上でも人気が高いPLEXTORブランドのSSD。耐久性の高い東芝製のMLC NANDを採用。コントローラーにはMarvell製の「88SS1093」を搭載する。最大シーケンシャル転送速度は、読み出し2,500MB/秒、書き込み1,400MB/sで、容量の一番小さな128GBモデルでも、読み出し1,600MB/s、書き込み500MB/sを実現している。放熱対策としてヒートシンクを標準で装備するのもうれしいところだ。一番容量の低い128GBモデルの価格.com最安価格は12,081円。容量ラインアップは、128GB、256GB、512GB、1TBの4モデル。なお、同製品ではヒートシンクなしのM.2の「M8PeG-06」のほか、PCI Express 3.0 x4コネクターを採用する拡張カード型の「M8PeY」もラインアップされている。

●基本スペック
・容量:128GB/256GB/512GB/1TB
・コントローラー:Marvell 88SS1093
・フラッシュメモリー:東芝 15nm Toggle MLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):1,600/2,000/2,300/2,500(容量順)
・最大書き込み速度(MB/s):500/900/1,300/1,400(容量順)
・総書き込み容量(TBW):非公開

Western Digital「WD Black PCIe SSD」
SanDiskブランドを傘下にしたWesternDigital初のPCIe SSD

ヒートシンクなしの「WD Black PCIe SSD」

ヒートシンクなしの「WD Black PCIe SSD」

2017年1月に発表されたばかりの、Western Digitalブランドでは初となる高速なM.2 SSD。同社では色でストレージのクラス分けをしているが、本製品はパフォーマンスを重視したデスクトップ向けの「WD Black」シリーズに位置付けられている。最大シーケンシャル転送速度は、読み出し2,050MB/s、書き込み800MB/s。搭載コントローラーとフラッシュメモリーは非公開。NVMe規格仕様を上回る電力/温度管理アルゴリズムを導入しているとのこと。容量ラインアップは、256GB、512GBの2モデル。256GBモデルの価格.com最安価格は15,500円。

●基本スペック
・容量:256GB/512GB
・コントローラー:非公開
・フラッシュメモリー:非公開
・最大読み出し速度(MB/s):2,050(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):700/800(容量順)
・総書き込み容量(TBW):80/160(容量順)

OCZ「RD400」
東芝グループの一員になったOCZのハイエンドモデル

ヒートシンクなしの「RD400」

ヒートシンクなしの「RD400」

東芝グループの一員となったOCZから初めて登場した高速なM.2 SSD。フラッシュメモリーにはもちろん東芝製のMLC NANDを採用。東芝製のハードに、OCZがSSDで培ったノウハウを元にチューニングを施すことで、最大シーケンシャル転送速度は、読み出し2,600MB/s、書き込み1,600MB/sを実現している。容量の一番小さなモデルとなる128GBモデルでも、読み出し2,200MB/s、書き込み620MB/sを実現しており、特に読み出し性能は高めだ。128GBモデルの価格.comの最安価格は16,480円。

●基本スペック
・容量:128GB/256GB/512GB/1TB
・コントローラー:非公開
・フラッシュメモリー:MLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):2,200/2,600/2,600/2,600(容量順)
・最大書き込み速度(MB/s):620/1,150/1,600/1,550(容量順)
・総書き込み容量(TBW):74/148/296/592(容量順)

なお、「RD400」はM.2単体パッケージとなるが、PCI Express x4接続の拡張スロット用の変換カードを同梱したモデル「RD400A」もラインアップされている。

PCI Express x4接続の拡張スロット用の変換カードを同梱した「RD400A」

PCI Express x4接続の拡張スロット用の変換カードを同梱した「RD400A」

Phison「PHM2」
実売1.5万円で読み込み2.7GB/秒、書き込み1.5GB/秒を実現! 発熱はやや注意?

ヒートシンクなしの「PHM2」シリーズ

ヒートシンクなしの「PHM2」シリーズ

低価格なSSDに搭載されるコントローラーでおなじみ、Phison(ファイソン)製の高コスパモデル。PCパーツショップのドスパラ系列で主に販売されており、同店によると、最大シーケンシャル転送速度は、読み出し2,750MB/s、書き込み1,500MB/sとのこと。搭載コントローラーは「Phison 5007」。容量ラインアップは、256GBと512GBの2モデルで、どちらも同じ読み書き速度となっている。256GBモデルの価格.com最安価格は15,460円。この価格で書き込みが1GB/秒を超えているのは本製品の大きな魅力だ。ただ、価格.comに寄せられた口コミをみると、発熱が大きいので放熱対策は欠かせないようだ。

●基本スペック
・容量:256GB/512GB
・コントローラー:Phison 5007
・フラッシュメモリー:MLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):2,750(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):1,500(共通)
・総書き込み容量(TBW):非公開

Patriot Memory「Hellfire M.2」
3年保証が付いたPhison製コントローラー採用モデル

ヒートシンクなしの「Hellfire M.2」

ヒートシンクなしの「Hellfire M.2」

メモリーモジュールやフラッシュメモリーなどを主に手がける台湾のPatriot Memory初の高速なM.2 SSD。前述のPhisonと同じコントローラー「Phison 5007」を搭載し、フラッシュメモリーにはMLC NANDを搭載。最大シーケンシャル転送速度は、読み出し2,700MB/s、書き込み1,500MB/sで、容量ラインアップは240GBと480GBの2モデル(転送速度は共通)。容量の一番小さな240GBモデルの実勢価格は18,000円(税込)。Phisonコントローラー搭載モデルの中では価格はやや高めだが、3年の保証期間が付いている。

●基本スペック
・容量:240GB/480GB
・コントローラー:Phison 5007
・フラッシュメモリー:MLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):2,700(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):1,500(共通)
・総書き込み容量(TBW):非公開

Apacer「Z280」
Phisonコントローラー搭載モデルの中でも安めの高コスパ

ヒートシンクなしの「Z280」

ヒートシンクなしの「Z280」

台湾のメモリーモジュールのサプライヤーとして知られるApacerの「Z280」は、コントローラーに「Phison 5007」、メモリーフラッシュにMLC NANDを搭載したモデル。M.2 SSDでは比較的珍しいコントローラーがむき出しになっているところは評価が分かれるところかもしれない。容量ラインアップは240GBと480GBの2モデル。最大シーケンシャル転送速度は、読み込みが各モデル共通の2,500MB/sだが、書き込みは240GB モデルが860MB/s、480GBモデルが1,350MB/sとそれぞれ異なる。240GBモデルの価格.com最安価格は14,141円。

●基本スペック
・容量:240GB/480GB
・コントローラー:Phison 5007
・フラッシュメモリー:MLC NAND
・最大読み出し速度(MB/s):2,500(共通)
・最大書き込み速度(MB/s):860/1,350(容量順)
・総書き込み容量(TBW):349/698(容量順)

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

製品 価格.com最安価格 備考
960 EVO M.2 MZ-V6E250B/IT 16,779 自社製コントローラーと独自のV-NAND TLCチップを採用(250GBモデル)
960 EVO M.2 MZ-V6E500B/IT 29,980 自社製コントローラーと独自のV-NAND TLCチップを採用(500GBモデル)
960 EVO M.2 MZ-V6E1T0B/IT 63,950 自社製コントローラーと独自のV-NAND TLCチップを採用(1TBモデル)
960 PRO M.2 MZ-V6P512B/IT 38,622 高速かつ高耐久な独自のV-NAND MLCチップを採用(512GBモデル)
960 PRO M.2 MZ-V6P1T0B/IT 73,438 高速かつ高耐久な独自のV-NAND MLCチップを採用(1TBモデル)
960 PRO M.2 MZ-V6P2T0B/IT 169,800 高速かつ高耐久な独自のV-NAND MLCチップを採用(2TBモデル)
600p Series SSDPEKKW128G7X1 8,568 TLC 3D NANDとSilicon Motion製コントローラーを採用(128GBモデル)
600p Series SSDPEKKW256G7X1 15,648 TLC 3D NANDとSilicon Motion製コントローラーを採用(256GBモデル)
600p Series SSDPEKKW512G7X1 26,659 TLC 3D NANDとSilicon Motion製コントローラーを採用(512GBモデル)
M8Pe PX-128M8PeG 12,081 東芝製MLCとMarvell製コントローラーを採用(128GBモデル)
M8Pe PX-256M8PeG 19,080 東芝製MLCとMarvell製コントローラーを採用(256GBモデル)
M8Pe PX-512M8PeG 32,750 東芝製MLCとMarvell製コントローラーを採用(512GBモデル)
M8Pe PX-1TM8PeG 46,116 東芝製MLCとMarvell製コントローラーを採用(1TBモデル)
WD Black PCIe WDS256G1X0C 15,500 「WD Black」に位置付けられたハイエンドモデル(256GBモデル)
WD Black PCIe WDS512G1X0C 31,680 「WD Black」に位置付けられたハイエンドモデル(512GBモデル)
RD400 RVD400-M22280-128G 14,980 OCZ初の高速なM.2 SSD(128GBモデル)
RD400 RVD400-M22280-256G 22,800 OCZ初の高速なM.2 SSD(256GBモデル)
RD400 RVD400-M22280-512G 39,980 OCZ初の高速なM.2 SSD(512GBモデル)
RD400 RVD400-M22280-1T 102,980 OCZ初の高速なM.2 SSD(1TBモデル)
RD400A RVD400-M22280-128G-A 18,980 PCIeカード変換アダプター同梱のOCZ初の高速なM.2 SSD(128GBモデル)
RD400A RVD400-M22280-256G-A 0 PCIeカード変換アダプター同梱のOCZ初の高速なM.2 SSD(256GBモデル)
RD400A RVD400-M22280-512G-A 42,980 PCIeカード変換アダプター同梱のOCZ初の高速なM.2 SSD(512GBモデル)
RD400A RVD400-M22280-1T-A 0 PCIeカード変換アダプター同梱のOCZ初の高速なM.2 SSD(1TBモデル)
PHM2-256GB (M.2 256GB) 0 書き込み1GB/超えのPhison製の高速なM.2 SSD(256GBモデル)
PHM2-512GB (M.2 512GB) 0 書き込み1GB/超えのPhison製の高速なM.2 SSD(512GBモデル)
HellFire M.2 PH240GPM280SSDR 15,980 Phison製コントローラー搭載のM.2 SSD(240GBモデル)
HellFire M.2 PH480GPM280SSDR 0 Phison製コントローラー搭載のM.2 SSD(480GBモデル)
Z280 AP240GZ280-1 14,141 Phison製コントローラー搭載の高コスパモデル(240GBモデル)
Z280 AP480GZ280-1 26,500 Phison製コントローラー搭載の高コスパモデル(480GBモデル)
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.4.28 更新
ページトップへ戻る