レビュー
旧モデル愛用の筆者が驚いた!

ついに温度調節可能に! パナソニックの「衣類スチーマー」最新モデルを使ってみた

パナソニックの衣類スチーマーといえば、服を吊したままスチームでシワ伸ばしができて、さらに普通のアイロンとしてプレスもできる便利アイテム。私も古いモデルを愛用していますが、もうこの子のいない人生は考えられません。今回、そんな衣類スチーマーの最新モデル「NI-FS770」を使ってみたところ、かなり進化していて驚きました! その全貌は、上の動画をチェックしてみてください。

「NI-FS770」2021年5月1日発売予定

「NI-FS770」2021年5月1日発売予定

詳しくはぜひとも動画を見ていただきたいのですが、記事でもダイジェストをお届け。まずは最新モデルの特徴を大きく4つご紹介します。

【1】立ち上がりがめちゃくちゃ早い!

まず、電源を入れてから使えるようになるまでの時間がかなり短くなっています。そのタイムなんと19秒!

私物の2017年モデル(右)と同時にスイッチを入れてみると、5秒ほど早く最新モデルが使用可能に!

私物の2017年モデル(右)と同時にスイッチを入れてみると、5秒ほど早く最新モデルが使用可能に!

2017年モデルの時点でも、24秒という十分すぎるタイムだったのですが、最新モデルではさらに短くなっています。ほとんど待たずに使えるから、出かける直前に「何これシワシワじゃん!」と気付いても大丈夫です。

【2】使える時間が長い!

私の持っている2017年モデルは、スチーム噴出時間が約4分でした。この使用時間はモデルが新しくなるたびに伸びていき、最新モデルはなんと約10分! 水を入れるカップを比べると大きさが全然違っていて驚きますよ。

50ml(2017年)から115ml(2021年)にまで増えました。こんなに入れて大丈夫?と思うほどたっぷりと入れられます

50ml(2017年)から115ml(2021年)にまで増えました。こんなに入れて大丈夫?と思うほどたっぷりと入れられます

実はこの使用時間ですが、ひとつ前の2020年モデル(NI-FS760)からすでに10分になっています。ただ2021年モデルは、同じ大容量のまま本体が約40g軽くなっているのが特徴。2020年モデルでは745gだったのが、2021年モデルでは705gになっています。
ちなみに2017年モデルは700gなので、水を入れる量は65mlも増えているのに、重さはほとんど変わらないということになります。片手で持つアイテムなので、軽さを追求してくれているのは助かる!

【3】「瞬間4倍パワフルスチーム」搭載!

パナソニックの衣類スチーマーには、2018年モデルから、通常の3倍のスチーム量を噴射できる「瞬間3倍パワフルスチーム」という機能が付いています。これで頑固なシワ伸ばしや脱臭ができるモードなのですが、本機はそのスチーム量が3倍から4倍に増えました。

上が通常のパワフルスチーム、下が瞬間4倍パワフルスチームです

上が通常のパワフルスチーム、下が瞬間4倍パワフルスチームです

そもそも写真ではスチームがなかなか写らないのですが、それでも瞬間4倍パワフルスチームのほうはハッキリと見えるほど大量に噴出していることがわかります(動画だともっとわかりやすいですよ!)。

【4】温度調節3段階切り替え

普通のアイロンは温度を切り替えられますが、衣類スチーマーはこれまで一定の温度でしか使用できませんでした。しかし本機では、ついに温度が調節できるようになっています!

高温:約11 g/分のパワフルスチームが出ます中温:約9 g/分のノーマルスチームが出ます低温:スチームは出ません

高温:約11 g/分のパワフルスチームが出ます
中温:約9 g/分のノーマルスチームが出ます
低温:スチームは出ません

たとえば綿なら高温、ポリエステルなら中温、アクリルなら低温といったように、これ1台であらゆる服のシワ伸ばしができるようになりました。もはや普通のアイロンは必要なくなっちゃうのではないでしょうか?

笑っちゃうほどシワが取れる!

さてここからは実際に使ってみましょう。ズボラ人間(私)がぐちゃぐちゃのまま放置してしまったシワシワの服を用意しました。使い方はいつも通り、服をハンガーにかけた状態で、片方の手で端を引っ張りながらスチームを当てるだけ。

綿100%のシャツは高温モードでスチームがけ。10cmを3秒間で進むくらいのスピードが目安です

綿100%のシャツは高温モードでスチームがけ。10cmを3秒間で進むくらいのスピードが目安です

服を引っ張るほうの手はアイロンミトンを着けておくと安心

服を引っ張るほうの手はアイロンミトンを着けておくと安心

これは個人的なやり方なのですが、衣類スチーマーを持たないほうの手にアイロンミトンを着けて使っています。衣類スチーマーが手に近づいて来るとどうしても熱いですし、端のほうのシワを持ったまま伸ばすのって結構難しいんですよね。なので私はアイロンミトンを着けた状態で引っ張って、端のほうはミトンとスチーマーで挟むようなイメージでシワを伸ばすようにしています。

もちろん、端や細かい部分はプレスしてもOK

もちろん、端や細かい部分はプレスしてもOK

あっという間に見違えるほどキレイになりました!

あっという間に見違えるほどキレイになりました!

このようないわゆる畳みジワはもちろん、洗濯でシワシワになってしまった衣類もキレイになります。

レーヨン100%の生地なので中温モードで。温度調節できるのはやっぱりいいですね!

レーヨン100%の生地なので中温モードで。温度調節できるのはやっぱりいいですね!

スチームだけでここまで美しく!

スチームだけでここまで美しく!

昔のモデルでは、1着をシワ伸ばしした時点で給水が必要になっていましたが、最新モデルでは2着やってもまだ水がなくなっていませんでした。途中で水を入れるのってちょっと手間だったので、これはうれしいですね。
また、今までは1着終わった時点で結構腕が疲れてしまっていたのですが、最新モデルは重心が低く設計されているためか、あまり疲れなかったのも驚き!

かなりの進化を実感した!

今まで、古いモデルを使っていても特に不満はなかったのですが、やはり新モデルを使うとあらゆる点が進化していることを実感しますね。特に温度を調節できるのが便利で、買い換えたくなりました……! ただ、古いモデルももちろん現役で使える優秀さなので、最新モデル発売までに使いたかったり、なるべく安く衣類スチーマーを手に入れたかったりという場合は、2020年や2019年のモデルを選ぶというのも正直アリだと思いますよ。

衣類スチーマーは普通のアイロンほど場所をとらず、本当に手軽に使えるため、特にひとり暮らしにはピッタリの家電です。服をそのへんに放置して、いざ着るときにシワシワ!という現象が起きがちなズボラ人間(私)には欠かせないアイテムとなっています。
使ったことがない方には、シワがどんどん取れていくこの楽しさをぜひ味わってみてほしい! そして使ったことがある方には、最新モデルの進化に驚いてもらいたいです(私は驚きました)!

しえる(編集部)

しえる(編集部)

自称ポテチマスター。ポテトチップスを中心に、1日3袋のスナック菓子をたいらげるお菓子狂。お菓子関係のグッズやちょっと変わったアイテムをメインに紹介します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る