イベントレポート

“泡”が気持ちいい!パナソニックのバスルーム機能「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」を初体験

パナソニックが展開するシステムバス「Lクラス」シリーズに搭載されている、“泡”で身体を刺激したり、温めたりする機能「リゾートバブル」と「酸素美泡湯(さんそびほうゆ)」を体験してきました。システムバスなので家の新築やリフォームのタイミングでないと導入を検討する機会はないかもしれませんが、「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック東京汐留」に用意された宿泊プラン「WELL-BEING」(期間:2021年9月6日〜2022年3月31日)で、この2つの機能を体験することができます。1回入浴するだけでも効果は実感できるので、興味がある人は宿泊してみてはいかがでしょうか?
※「WELL-BEING」宿泊プランの詳細については記事末で紹介!

大きな泡で身体を刺激!「リゾートバブル」を体験

「WELL-BEING」宿泊プランには2種類の宿泊プランが用意されていますが、今回は、「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」の両方の機能が体験できる部屋を利用させてもらいました。部屋の中も気になりますが、さっそくバスルームへGo!

筆者は、「リゾートバブル」機能や「酸素美泡湯」機能を搭載した浴槽を見たことがなかったので、どんなものかとワクワクしながらバスルームの扉を開けましたが、そこにあったのは普通の浴槽

筆者は、「リゾートバブル」機能や「酸素美泡湯」機能を搭載した浴槽を見たことがなかったので、どんなものかとワクワクしながらバスルームの扉を開けましたが、そこにあったのは普通の浴槽

しかし、浴槽の中をのぞいてみると、底に10個の円形の金属が装備されていました。さらによく見てみると円形の中央に穴が! どうやら、「リゾートバブル」機能をオンにすると、この穴から泡が出てくるようです

しかし、浴槽の中をのぞいてみると、底に10個の円形の金属が装備されていました。さらによく見てみると円形の中央に穴が! どうやら、「リゾートバブル」機能をオンにすると、この穴から泡が出てくるようです

そして、浴槽側面にも見慣れない装置が! こちらは「酸素美泡湯」機能の泡が出てくるところなのだそう

そして、浴槽側面にも見慣れない装置が! こちらは「酸素美泡湯」機能の泡が出てくるところなのだそう

使い方は、浴槽にお湯を張って機能をオンにするだけ

使い方は、浴槽にお湯を張って機能をオンにするだけ

浴槽近くにあるボタンを押すと、それぞれの機能がオンになります

浴槽近くにあるボタンを押すと、それぞれの機能がオンになります

さっそく、「リゾートバブル」機能を体験してみましょう。「リゾートバブル」は2020年2月にリニューアルされた「Lクラス」シリーズから搭載された機能で、浴槽底面に設置された噴出口から大きな泡が断続的に吹き出し、全身を刺激します。この刺激が心地よさを与えてくれるほか、泡が身体に次々と当たることで、通常の入浴に比べて短時間で身体が温まる効果も得られるとのこと。

普通のお湯で入浴した時と、「リゾートバブル」機能をオンにして入浴した際の湯上がり後の皮膚表面温度の比較。上半身の温まり具合も違いますが、脚も「リゾートバブル」入浴のほうが温まっていることがわかります

普通のお湯で入浴した時と、「リゾートバブル」機能をオンにして入浴した際の湯上がり後の皮膚表面温度の比較。上半身の温まり具合も違いますが、脚も「リゾートバブル」入浴のほうが温まっていることがわかります

「リゾートバブル」機能をオンにすると、下の動画のように浴槽底面の噴出口から泡がボコボコと出てきました。思ったよりも大きな音がするので、ちょっとびっくりしましたが、ともかく入ってみよう!と湯船に浸かると、あら、不思議。入浴前に気になっていた音はまったく気にならなくなり、泡の心地よさにすぐさまリラックス。

泡の噴出口は浴槽底にしか装備されていないので、ふくらはぎや太もも、腰に当たるくらいかな……と想像していましたが、背中や肩、首にも泡が当たります。パナソニックによると、浴槽に頭を預けた姿勢になると、泡が背中を伝って首の付け根や肩にも届くように設定しているとのこと。泡の刺激は強すぎず、弱すぎずで、15分入浴していましたが、ずっと心地いいままで入浴終了となりました。

10個の噴出口それぞれから、直径37mmもの大きな泡が毎分約450個吹き出します。下の動画は実際にその様子を撮影したもの

10個の噴出口それぞれから、直径37mmもの大きな泡が毎分約450個吹き出します。下の動画は実際にその様子を撮影したもの

噴出口は10個なので10か所にしか泡が当たらないように思われるかもしれませんが、たくさんの泡が吹き出るからか、湯船に浸かっている部分の身体全体で泡の刺激を感じることができます。その刺激が、ちょうどいい強さとリズムで最高に気持ちいい

噴出口は10個なので10か所にしか泡が当たらないように思われるかもしれませんが、たくさんの泡が吹き出るからか、湯船に浸かっている部分の身体全体で泡の刺激を感じることができます。その刺激が、ちょうどいい強さとリズムで最高に気持ちいい

酸素を含んだミクロの泡で包み込む「酸素美泡湯」を体験

続いて、「酸素美泡湯」を体験します。「酸素美泡湯」は、酸素を含んだ約18μmの小さな泡を浴槽に大量発生させるという機能。先に試した「リゾートバブル」よりも小さな泡が出るようなものかな……と思っていたら、機能をオンにしてびっくり! 大量のマイクロバブルにより、お湯が白くなりました(下の動画参照)。

入浴剤を入れていないのにお湯が真っ白になって、テンションが超アップ! この間もミクロの泡は出続けています

入浴剤を入れていないのにお湯が真っ白になって、テンションが超アップ! この間もミクロの泡は出続けています

湯船から手を出してみると、手の平に大量の泡が。「リゾートバブル」ほどの泡の刺激は感じませんが、湯船が泡で満たされ、身体が泡で包まれるような状態になっているようです。しかも、なんだかお湯もやわらかくなったような気が……

湯船から手を出してみると、手の平に大量の泡が。「リゾートバブル」ほどの泡の刺激は感じませんが、湯船が泡で満たされ、身体が泡で包まれるような状態になっているようです。しかも、なんだかお湯もやわらかくなったような気が……

ミクロの泡をたっぷり含んだお湯に浸かることで、身体の奥から温められ、湯冷めしにくくなるといいます。さらに、皮膚に潤いを与えるモイスチャー効果も期待でき、湯上がり後のお肌のしっとり感が長続きするとのこと。この効果を知らずに入浴しましたが、確かに、筆者の肌も、自宅のお風呂に入ったあととは違う肌触りになった印象。その日はずっと、しっとり&スベスベな状態が続いたように感じました。

入浴後の角質水分量の変化を比較した検証。普通の入浴よりも「酸素美泡湯」機能をオンにしたほうが高い水分量を保持できています

入浴後の角質水分量の変化を比較した検証。普通の入浴よりも「酸素美泡湯」機能をオンにしたほうが高い水分量を保持できています

湯あがり後の皮膚温度も、「酸素美泡湯」入浴がもっとも湯冷めしにくい結果に。しかも、低めの湯温であってもその効果が得られるようです

湯あがり後の皮膚温度も、「酸素美泡湯」入浴がもっとも湯冷めしにくい結果に。しかも、低めの湯温であってもその効果が得られるようです

さらに、「酸素美泡湯」は高い洗浄力も発揮するのだとか。下の動画は、パナソニックが行った普通のお湯と「酸素美泡湯」との汚れ落ちの比較です。ファンデーション、マスカラ(ウォータープルーフ)、口紅、アイライナー(ウォータープルーフ)、水性マーカー、油性マジックといった6種類の汚れを腕に付けて、普通のお湯と「酸素美泡湯」にそれぞれ10分間入浴後、汚れを指でこすって落ちるかを検証。動画を見てもらえばわかりますが、普通のお湯は指でこすると汚れが広がっていくのに対し、「酸素美泡湯」は薄く広がったあとにキレイに汚れが落ちました。すべてがスルッと落ちるというより、ウォータープルーフの汚れは若干落ちにくかったり(でも、最終的には落ちた)するのがリアル。「酸素美泡湯」に浸かるだけで、身体や浴槽の汚れも落ちやすくなりそうですね。

入浴を終えて

「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」の入浴をそれぞれ15分間ずつ、トータル30分入浴して帰路についた筆者。取材ということもあり、かなり低めの湯温で入浴しましたが、温泉に入ったあとのように身体の芯からポカポカ。特に、ふくらはぎがポカポカする感じは、あまり体感したことがなかったのでびっくりしました。血行がよくなっているのでしょうか。歩き出すとさらに温かくなるので、外気温が10℃強の中、コートを脱いで半袖になったほどです。そして、会社に戻り、ちょっと落ち着いたらものすごい眠気が襲ってきました。そのまま眠りにつけたら、とてもいい質の睡眠ができそう……。

「リゾートバブル」や「酸素美泡湯」を体験したホテルの部屋にあったベッドで、入浴後、そのまま眠れたらどんなにぐっすり眠れただろうな……

「リゾートバブル」や「酸素美泡湯」を体験したホテルの部屋にあったベッドで、入浴後、そのまま眠れたらどんなにぐっすり眠れただろうな……

また、その日の夜、ジムに行ったのですが、インストラクターに「今日は身体の動きがいいですね」と言われました。その週は多忙で自宅でストレッチがまったくできず、本来であればコンディションはかなり悪いはず(もともと身体が硬いので、毎日ストレッチをやるように指導されている)。にもかかわらず、身体の動きがよかったのは「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」で入浴したおかげなのかもしれません。時間が経っても身体が温かいだけでなく、お肌もしっとり。さらに、「リゾートバブル」の泡の刺激で、身体の疲れもスッキリした感も得られ、こういう機能の付いたお風呂が家に欲しいと切実に感じバス体験でした。

「WELL-BEING」宿泊プラン

冒頭でお伝えした「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック東京汐留」の「WELL-BEING」宿泊プラン(期間:2021年9月6日〜2022年3月31日)は、「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」の両方の機能が体験できる部屋と、「酸素美泡湯」とマッサージチェア「リアルプロ(EP-MA101)」が体験できる部屋の2種類が用意されています。どちらもスイートルームで、1泊素泊まりと1泊朝食付きのプランが選択可能。加えて、利用人数(1室1名または2名)でも料金は異なります。詳しくは、ホテルのサイトでご確認ください。

ちなみに、2種類の宿泊プランの部屋には身体をケアできるパナソニック製品が用意されています。宿泊プランにより製品ラインアップは異なりますが、乾かすだけでヘアケアができるヘアドライヤー「ナノケア(EH-NA0E)」と、温スチームでうるおいを与え、冷ミストで引き締めるフェイススチーマー「スチーマー ナノケア(EH-SA0B)」はどちらの部屋にも完備。筆者が今回体験した「リゾートバブル」と「酸素美泡湯」の両方の機能が体験できる宿泊プランでは、エアバッグでマッサージする「レッグリフレ(EW-RA99)」や「骨盤おしりリフレ(EW-RA79)」も使用することができます。

ヘアドライヤー「ナノケア(EH-NA0E)」。高浸透「ナノイー」とミネラルを含む風により、キューティクルの密着性がアップ。ヘアカラーした髪の毛のダメージや退色も抑制できます

ヘアドライヤー「ナノケア(EH-NA0E)」。高浸透「ナノイー」とミネラルを含む風により、キューティクルの密着性がアップ。ヘアカラーした髪の毛のダメージや退色も抑制できます

フェイススチーマー「スチーマー ナノケア(EH-SA0B)」は、化粧水を微細ミスト化する機能を搭載しているのが特徴。化粧水を手で塗るよりも、角質層への保湿成分の浸透が約15%もアップするのだそう。ナノサイズの温スチームと化粧水ミストでしっかりうるおわせるだけでなく、急速冷却して引き締める冷ミスト機能も備えられています

フェイススチーマー「スチーマー ナノケア(EH-SA0B)」は、化粧水を微細ミスト化する機能を搭載しているのが特徴。化粧水を手で塗るよりも、角質層への保湿成分の浸透が約15%もアップするのだそう。ナノサイズの温スチームと化粧水ミストでしっかりうるおわせるだけでなく、急速冷却して引き締める冷ミスト機能も備えられています

<関連記事>化粧水を"ミスト"で噴射! パナソニック「スチーマー ナノケア EH-SA0B」の使い心地は?

お尻まわりから太ももまでを空気圧でマッサージするエアーマッサージャー「コードレス 骨盤おしりリフレ(EW-RA79)」。コードレス仕様になった最新モデルなので、使い勝手もいい! 座った姿勢、横になった姿勢で使えるので、ホテルでくつろぎながらマッサージしてみては?

お尻まわりから太ももまでを空気圧でマッサージするエアーマッサージャー「コードレス 骨盤おしりリフレ(EW-RA79)」。コードレス仕様になった最新モデルなので、使い勝手もいい! 座った姿勢、横になった姿勢で使えるので、ホテルでくつろぎながらマッサージしてみては?

<関連記事>自宅でお尻まわりをマッサージ!コードレスで使える「骨盤おしりリフレ」が気持ちいい

足先から太ももまで脚全体をマッサージするエアーマッサージャー「レッグリフレ(EW-RA99)」。2021年11月に発売された新モデル(EW-RA190)ではありませんが、「EW-RA99」は「ひざ巻き」と「太もも巻き」とマッサージのスタイルが変えられるので、疲れに合わせて試してみて!

足先から太ももまで脚全体をマッサージするエアーマッサージャー「レッグリフレ(EW-RA99)」。2021年11月に発売された新モデル(EW-RA190)ではありませんが、「EW-RA99」は「ひざ巻き」と「太もも巻き」とマッサージのスタイルが変えられるので、疲れに合わせて試してみて!

<関連記事>2021年11月に発売された「レッグリフレ」の新モデルは着脱が圧倒的にラクになりました。詳細はこちらからチェック!

なお、「WELL-BEING」宿泊プランは2022年3月31日で終了となりますが、そのあとも、パナソニックのシステムバス「Lクラス」シリーズを導入した部屋では「リゾートバブル」や「酸素美泡湯」を使える予定になっているとのこと。詳細はまだ決まっていませんが、「ザ ロイヤルパークホテル アイコニック東京汐留」では継続して「Lクラス」シリーズの入浴体験ができるようです。

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
住宅設備・リフォームのその他のタグ
ページトップへ戻る