自分好みのエスプレッソを自宅で気軽に淹れられる「デロンギ デディカ」

淹れて描いて飲んできた! デロンギから横幅15cmのエスプレッソマシン「デディカ」登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月16日は「エスプレッソ」の日。1906年に開催されたミラノ万博で“初めてカフェ エスプレッソ(Caffe Espresso)と表記されたコーヒーがふるまわれた日”ということから制定されたのだそう。

このエスプレッソの日にちなみ、エスプレッソマシンを始めとするコーヒーマシンにおいて世界的トップシェアを誇るデロンギ(日本法人/デロンギ・ジャパン)が、手動式エスプレッソメーカー「デロンギ デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー(EC680)」(以下、デディカ)の発売を記念した「バリスタになってみました! 体験会」を開催。日頃からエスプレッソ派の筆者。同社公認のバリスタが直接指導してくれるという願ってもないこのイベントに、鼻息荒めで参加してきた。そのようすをレポート!

4月15日発売の「デディカ」。カラーはシルバー、ブラック、レッドの3色。メーカー希望小売価格は47,800円(税別)。幅15cmとコンパクトながら業務用マシンと同じポンプ式を採用し、抽出時9気圧(ポンプ圧15気圧)を実現。スチームでミルクを泡立てるフロッサーも搭載する。右端は全自動ハイエンドモデル「プリマドンナXS 全自動エスプレッソマシン ETAM36365」(現行品)

講師は、デロンギ・ジャパン公認デモンストレーターで日本バリスタ協会の公認インストラクターでもあるフリーランスバリスタ 阿部圭介さん

1人1台デディカを占有して「バリスタになってみました!」を体験。目の前にすると本当にスリム。それでいて、好みの味を反映できるプログラムモードや、使用する水(硬度)の選択も可能だからスゴい。消費電力は1,300W、水タンク容量は1L

ところで、そもそも「エスプレッソ」とは何ぞやという方も多いはず。エスプレッソはイタリア語で「急行(鉄道)」も意味することから、“速さ”がポイントとなっていることが伺える。もともとは、ポンプの圧力で一気にコーヒーエキスを抽出するイタリア発祥の抽出方法を指すのだそう。日本では、そういったコーヒードリンクそのものがエスプレッソとして認知はされてはいるが、まだドリップコーヒーが一般的。それゆえ、“淹れ方”もいまひとつよくわからない。コーヒーの本当に美味しい部分だけを抽出した飲み物だというエスプレッソに初心者がどこまで近づけるか、さっそくプロのバリスタに教えていただこう!

初心者が手軽に実践できる“美味しいエスプレッソの淹れ方”

コーヒー粉に高い圧力をかけて短時間で抽出するエスプレッソは、使用する道具やコーヒー粉もそのほかのコーヒーのものとは異なり、淹れ方にも少々知識と慣れが必要だ。こういった作業をすべて最適な加減で行ってくれる全自動エスプレッソマシンもあるが、かなり高価でサイズも大きい。今回使用する「デディカ」は、手動式エスプレッソメーカー。かける圧力など抽出にかかわる作業はおまかせだが、コーヒー粉をギュギュッと詰める作業は自分で行うタイプだ。手動式といっても全てを手で行うわけではないので、ご安心を。

ハンドル付きのフィルターホルダーにセットしたフィルターに、自分でコーヒー粉をギュギュッと詰める作業が必要なのが「手動式エスプレッソメーカー」

カプセル式のエスプレッソマシンを愛用する筆者。手動エスプレッソメーカーを使っていない理由として「粉を“ギュギュッ”と詰める加減がわからないし、抽出後に“ガンガンガン”とぶつけて粉を取る作業が面倒……」と告げたところ、「そういった工程も楽しむのがエスプレッソの味わいなんです。粉の詰め方で味も見た目も変化するんですよ。今から淹れてみますので、手順を見ていてくださいね」と阿部バリスタ。まず最初に、約30mlを抽出する“基本のエスプレッソ”を実演。使用するコーヒー粉の挽き具合やタンピングのコツ、そして、美味しく淹れることができたエスプレッソのたたずまいも説明してくれた。

先に正解をお見せしてしまうが、これが阿部バリスタが淹れた“美味しく淹れることができたエスプレッソ”。上部のクリーム状の泡が「クレマ」だ。このくらいの厚みが◎だそう

なるほど「クレマ」というものは少なくても多すぎでもいけないのだそうだが、コーヒー粉もエスプレッソメーカーも同じなのに、詰め方加減でこんなに違いが出るとは知らなかった。ちなみにクレマとは、エスプレッソの表面にできるムース状の細かい泡の層のこと。エスプレッソのアロマ(香り)を閉じ込めるという役割を果たしているのだという。最適な条件で抽出できたエスプレッソには、かき混ぜても消えない泡のサイズの整ったキメの細かいクレマができるのだそう。

「クレマは香りを閉じ込めるだけでなく、フワッとしたやわらかさでコーヒーの苦味を抑えてくれる重要な存在。このクレマの出来具合でエスプレッソが美味しく抽出できたかどうかわかります」と阿部バリスタ

使用するコーヒ粉は、短時間で抽出するためドリップ式よりも細かいパウダー状の極細挽きにするのが基本。そのため、手挽きはあまりおすすめできないそう。お店で購入する場合は「エスプレッソ用」でOK

約7gのコーヒー粉をフィルターに入れ、手でトントントンと叩いて平らにする

約7gのコーヒー粉をフィルターに入れ、手でトントントンと叩いて平らにする

ほぼ平らになったら、付属の「タンパー」でコーヒー粉の上部を押さえ均一に詰めていくタンピングという作業を行う。ギュウギュウと押し固める必要はないが、詰めなさ過ぎてもダメだそう

粉を詰めたフィルターをデディカ本体にセットしたら、あとは前面上部の抽出ボタン(1杯用)を押すだけ。あっという間にいい香りのエスプレッソが抽出されてきた。1杯分抽出すれば自動で停止

阿部バリスタの実演はあっという間に完了。手順自体はすごく簡単で拍子抜けするほどだったが、できたエスプレッソは本当にいい香りで美味しそう。ヘーゼルナッツ色のクリームのようなクレマがしっかりとできていた。

というわけで、さっそく筆者も挑戦。まずは、配られたコーヒー粉をフィルターに詰めてトントントン……と、最初の作業でさっそくこぼしてしまったが、手順自体は一度聞けば迷うことなく進めることができるほどシンプル。ただ、このタンピングの加減がどうでるだろうか。淹れてからのお楽しみだ。

タンピングの加減はまだつかめていないので、適当に……。とりあえず、上から軽く押さえる感じに

タンピングの加減はまだつかめていないので、適当に……。とりあえず、上から軽く押さえる感じに

フィルターをセットしたら、1杯分のスイッチをオン。ちなみに、デロンギのエスプレッソマシンはすべて2杯同時抽出が可能だ(中央の2カップマークが2杯用)

抽出したエスプレッソを比較。同じマシン&同じ粉で入れたのに、人によってこんなに違いが。右が筆者が淹れたものだが、ほかの参加者が淹れた左に比べていいクレマができていない……

ややクレマが少なく、上手く抽出できたエスプレッソに比べて若干見劣りするものになってしまったが、自分で淹れたためかデディカの性能のおかげか、かなり満足いく美味しさ。このクレマの少なさについて、阿部バリスタいわく「タンピングの力がちょっと弱い」とのこと。よし、次はもうちょっと強くタンピングしてもっといいクレマを出すぞ!

抽出後のコーヒー粉。コレを捨てて洗うのがちょっと面倒……(阿部バリスタに呆れられそうなので言わなかったが)

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2017.5.19 更新
ページトップへ戻る