レビュー
AQUA「コトン」とはまったく異なるハンディタイプの洗濯ツール

なぞるだけで汚れが落ちるシャープ「超音波ウォッシャー UW-A1」の実力がすごすぎ!

衣類の汚れは基本的に洗濯機でキレイにしますが、汚れが激しい場合は予洗いをしますよね。しかし、手やブラシで揉んだり擦っても汚れはなかなか落ちず。手荒れや衣類の傷みも気になります。そんな問題を解決してくれる洗濯ツールがシャープから誕生しました。“真空の泡が弾けるパワー”で汚れを落とすのだそう。「超音波ウォッシャー UW-A1」(以下、UW-A1)の仕組みと、筆者が自宅で試した汚れ落ちの実力をお伝えします。

超音波ウォッシャー「UW-A1」にはゴールド系、ピンク系、シルバー系の3色が用意されています

汚れを落とす仕組みとは?

比較的狭域の汚れを落とすハンディタイプの洗濯ツールというとAQUA「COTON(コトン)」がありますが、UW-A1はまったく別物。衣類を叩くことで汚れを押し出しだすコトンと違い、UW-A1は超音波を利用して汚れを弾き飛ばします。水に浸した衣類に毎秒38,000回の超音波振動を加えることで超微細な真空の泡が発生→真空の泡が破裂→そのパワーで、汚れが剥がれるのだそう。

サイズは40(幅)×168(高さ)×40(奥行)mmとなっており、500mlのペットボトルよりもコンパクト。コトンと比べてみると、若干UW-A1のほうが小さい

<関連記事>超音波ウォッシャーとコトン、どちらを買う? 洗浄力をガチで比較してみました!

フタを取ると現れる「ホーン」と称される金属を衣類に当てて、汚れを落とします。つまり、この金属から超音波振動が発生しているわけですね

コードレス仕様のため、充電が必須。付属のスタンドに立てた状態でも充電できます。バッテリー残量ゼロの状態から約5時間で満充電となり、約30分連続運転可能。充電しながらの使用はできません

汚れのある部分を水に浸し、電源ONにしたUW-A1のホーンを当て、なぞるように動かします。油分が多い汚れには、液体洗剤を軽く塗布するといいそう

ホーンから発せられる超音波振動で水が揺れ、繊維のすき間に真空の泡が発生。真空の泡は普通の泡に比べて弾けるエネルギーが大きいため、その衝撃で汚れが落ちます

説明会で行われた実演を下の動画でご覧ください。1日着用したワイシャツの袖口に付いた汚れが、みるみると落ちていきます。見ているだけで気持ちいい!

黒い汚れは、腕時計をしていたことによるもの。がんこな汚れなので何往復かしましたが、襟首の皮脂汚れは1分程度で落とせる性能にしているそう

会場には、UW-A1を使って汚れを落とした衣類などが展示されていました。水洗いできる布製のものに対応するので、かばんやぬいぐるもキレイに! 化繊のダウンジャケットについたファンデーションも落とせたそうです。

襟首についた皮脂汚れも、すっきり落せます

襟首についた皮脂汚れも、すっきり落せます

ダウンジャケットの襟の部分には、ファンデーションがつきやすいもの。そんな汚れは、UW-A1でキレイにしよう(向かって右側が洗浄後)

あまり意識していないかもしれませんが、長く使っていると布製のかばんは黒ずんでしまいます。UW-A1でかばん本来の色合いに戻りました

ぬいぐるみについた手垢も、簡単に落とせます

ぬいぐるみについた手垢も、簡単に落とせます

しょうゆや焼肉のたれ、赤ワインなどの飲食中の汚れもUW-A1で洗浄可能。また、右側のTシャツにあるカレーやボールペン、ファンデーション、口紅といった油分の多い汚れは液体洗剤を少しつけることで落ちやすくなります

ヤラセはなし? 実際に汚れを落としてみた

説明会での実演で感動はしたものの、「汚れ落ちがいいものを集めたのでは?」と疑り深い筆者。自分で実際に試して、汚れを落とすチカラを確かめてみました。ちなみに、酸化して黄ばんでしまった皮脂や汚れてから長期間経った汚れは落とせないそうです。

まずは、シャツについたファンデーションで挑戦! 洗剤を汚れのある部分に軽く塗り、UW-A1で落としてみました。

ファンデーションがまったく見えないレベルまでキレイになりました。ホーンを押さえつけたり擦りつけることもなく汚れが消えていくのは、不思議な感覚です。どんどん白くなっていくのが楽しくて、もっと洗浄したい気分! UW-A1の重量は200g程度なので、手が疲れることもありません

続いては、幼児が触ったり噛んだりして汚れまくったぬいぐるみと枕を洗浄してみます。

白い部分は黄ばみ、ボディも黒ずんでいる印象。かれこれ半年は洗っていないそう

白い部分は黄ばみ、ボディも黒ずんでいる印象。かれこれ半年は洗っていないそう

耳の黄ばみが取れて真っ白になりました

耳の黄ばみが取れて真っ白になりました

手足の黄色っぽい汚れも落ちきった様子。擦ったり揉んだりしていないので、繊維が伸びないのもいいですね

手足の黄色っぽい汚れも落ちきった様子。擦ったり揉んだりしていないので、繊維が伸びないのもいいですね

背中の黒ずみも落ち、キレイなブルーに! 洗浄の所要時間はトータル2分もかかっていません

背中の黒ずみも落ち、キレイなブルーに! 洗浄の所要時間はトータル2分もかかっていません

枕にもぬいぐるみと同じような黄色いシミがあったので、落としてみることに。白い部分も黒ずんでいたので、軽くUW-A1でなぞってみました

下の写真にある枕は濡れた状態のため、茶色の色が違って見えますが、白さに歴然の差が。もちろん、黄色いシミも見事に除去されました

女性なら“あるある”のファンデーション汚れも落としてみましょう。化粧してキャップをかぶると、キャプ内にファンデーションがつくんですよね。拭いても落ちないので困っていましたが……

洗剤を一緒に利用しましたが、UW-A1を使うとファンデーションが浮かび上がるように剥がれ落ちました。30秒もかからずに落とせたので、これはありがたい

そのほか、サニタリールームのない場所や出先でもUW-A1を利用できるように用意されているパフについても紹介しておきます。バッテリー駆動なので電源は問題ありませんが、水がないと使えません。その問題を解決するのがパフ。パフケースに水を入れて持ち運ぶことにより、水をためる場所のない所でもUW-A1で汚れを落とすことができます。

パフとフタ付きのケースが付属。パフをセットした状態で水を入れて携帯します

汚れた面をパフに当てて洗浄スタート

汚れた面をパフに当てて洗浄スタート

下の動画のようにパフの水を衣類が吸収し、汚れが超音波で落とされていきます。衣類についた汚れをパフに移すことでキレイにするようですね。とても手軽ですし、さほど運転音も気にならないのでカフェなどでも利用できそうですが、水しぶきが出てしまうため周囲に少量の水が飛び散ってしまいました。しょうゆの汚れだったので洗剤は使いませんでしたが、パフを利用して洗浄する際はまわりに少し配慮したほうがいいかも。

汚れが移ったパフは、水洗いすればキレイになります

汚れが移ったパフは、水洗いすればキレイになります

<関連記事>超音波ウォッシャーとコトン、洗浄力をガチで比較してみた!

【関連リンク】
《2018年》おすすめのドラム式洗濯乾燥機、縦型洗濯機7選! 本当の狙い目はこれ

中村 真由美(編集部)

中村 真由美(編集部)

モノ雑誌のシロモノ家電の編集者として6年間従事した後、価格.comマガジンで同ジャンルを主に担当。アウトドアからオタク系まで意外と幅広くイケちゃいマス。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る