プロ目線でガチ検証! 洗濯家・中村祐一の「これ、使ってみたい!」

サンコー「ミニ洗濯機」を洗濯王子がまじめに使ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは! 洗濯家の中村祐一です。今回は、サンコーから発売されている「ミニ洗濯機 MNWSMAN2」(以下、MNWSMAN2)を使ってみました。洗濯機に入れる前の下洗い用、汚れたものの別洗い用、逆に汚したくないものの別洗い用などに利用できそうなコンパクトサイズの簡易洗濯機です。

通常の洗濯機と比べると、子どものようでかわいい洗濯機

まずは、本体をチェックしましょう。「MNWSMAN2」は、縦型洗濯機をそのまま小さくしたようなフォルムの本体に、付属品として、脱水用のかごとふた、給水ホースが同梱されています。なお、全自動洗濯機ではないため、洗いからすすぎ、脱水へのモードの切り替えや、給水・排水作業はすべて手動で行う必要があります。

本体サイズは、275(幅)×540(高さ)×300(奥行)mmで、重さは4.9kg。電源コードの長さは1.4mです

本体サイズは、275(幅)×540(高さ)×300(奥行)mmで、重さは4.9kg。電源コードの長さは1.4mです

洗濯容量8kgの縦型洗濯機と比べると、こんな感じのサイズ感。こうして並べると、子どものようでかわいいですね

付属品のすすぎや脱水時に使用するかごとふたと、給水ホース。ホースの長さは38cmです

付属品のすすぎや脱水時に使用するかごとふたと、給水ホース。ホースの長さは38cmです

内側には、一般的な縦型洗濯機同様、ちゃんとパルセーターが付いています

内側には、一般的な縦型洗濯機同様、ちゃんとパルセーターが付いています

本体横にある排水ホースを下に下げると、排水される仕組みです

本体横にある排水ホースを下に下げると、排水される仕組みです

操作部はシンプルなダイヤル式で、回転時間は15分まで自由に設定できます。モードを「洗い」に設定すると、一定時間で回転方向が交互に切り替わり、「すすぎ」にすると、一方向の回転だけになります。

昔の洗濯機のようなダイヤル式の操作部

昔の洗濯機のようなダイヤル式の操作部

入れられる水の量については、洗濯槽側面に「H」と「L」という表記があるものの、本体、取扱説明書にも表示がないため、不明(笑)。

中村調べでは、水は「H」で約16L、「L」で約13L程度入るようでした

洗える量と、すすぎ・脱水できる量が違うのがネック

まずは、「MNWSMAN2」が回転する様子を動画でご覧ください。上が「洗い」モード、下が「すすぎ(脱水)」モードの動画です。動画では、撮影のために本体のふたを開けて運転させています。

洗浄する時の回転は、申し分ありません。脱水については、簡易脱水ということになっており、「ある程度」絞れるといった感じです。と言っても、脱水後は水がボタボタ垂れるということはなく、通常皆さんがイメージする洗濯機の少しゆるめの脱水という具合ですね。通常の衣類についてはそれほど気にならないかもしれませんが、厚手のものや、スニーカーなどを洗った場合には、少し脱水が足りず、乾きにくくなるだろうと思われます。

ただ、洗濯容量は2kgなのですが、簡易脱水をする場合は洗濯槽に専用のかごを付ける必要があるため、容量が1kgになってしまいます。そのため、大きいもの、厚いものに関してはこの中に収まりきらず、脱水ができないということも考えられるでしょう。また、かごはいったん洗濯物を取り出した後に取り付けなければならないので、濡れた洗濯物の一時置き場にも少し困るかもしれません。

すすぎ、脱水は専用のかごを使用するため、容量が洗い時の半分に

すすぎ、脱水は専用のかごを使用するため、容量が洗い時の半分に

汚れに汚れたマットを洗ってみました

事務所の入口に玄関マット代わりにおいてあるマットを洗ってみることに。粉末洗剤で洗い10分、すすぎ2回、脱水3分で洗ってみた結果、完全ではないものの、まぁまぁきれいになりました。こういった汚れモノの下洗いには使えますね。

洗濯前。下足で頻繁に乗るため、かなり汚れています

洗濯前。下足で頻繁に乗るため、かなり汚れています

洗濯後。目立つ汚れがおおよそきれいになりました

洗濯後。目立つ汚れがおおよそきれいになりました

汚れたマット類、作業着、ドロだらけのユニフォームなど、下洗いや別洗いなどにはうってつけではないでしょうか? ただ、やはり2kgまでしか洗えないので、衣類に厚みがあったり、枚数が多くなると1度に洗えない(うまく回らない)ということがあり得ます。ユニフォームはそれほど厚くない物が多いので、1セットいけると思いますが、作業着は上下別々のほうがよさそうですし、ツナギの作業着などは、うまく回転しない可能性もあるので、そこは注意が必要でしょう。

子供服を個別に洗うには最適かも

息子(2歳)の1日分の服を洗濯してみました。これぐらいの量だと、「MNWSMAN2」でちょうどよく洗濯できて、さながら子供服専用機のようです。しっかり汚れている子供服はもちろん、逆に、ほかの洗濯物と一緒にしたくない赤ちゃんの服の専用機として使うというのもいいかもしれませんね。

2歳児の1日分の服。トレーナー、ロンパース、ヒートテック上下、ズボン、靴下。これをまとめて洗うのに「MNWSMAN2」はちょうどいいです

まとめ

「MNWSMAN2」は、完全な洗濯機の小さい版とまでは行かないまでも、下洗いを中心に、自宅洗濯機のサブ機として使える洗濯機と言えそうです。脱水が簡易脱水なのと、洗濯容量2kgということで細々とした洗濯物や下洗いが頻繁に出るという場合には、購入を検討してみてもいいかもしれません。サイズも最小限にコンパクトにまとまっているので、その点でも比較的導入しやすいのではないでしょうか。

実は僕はこれまでに、キングジム「プチランドリー スウォッシュ LA5」(以下、スウォッシュ)、「マイウェーブダブル2.2」(以下、Myウェーブダブル)という小さな洗濯機を使用したことがあり、今回の「MNWSMAN2」は、その両者のちょうど中間のような機種だと感じました。「スウォッシュ」は、脱水機能のない洗濯機として、バケツで手洗いする代わりになるような洗濯機。いっぽう「Myウェーブダブル」は、容量の小さい二層式洗濯機で、脱水までしっかりできる完全な洗濯機。そして、この「MNWSMAN2」は、洗いはしっかりできて、簡易的な脱水付き。オフィスなどの限られた水場で、布巾やタオルなどの小さなモノの手洗いの代わりとするなら「スウォッシュ」。1台で完全な洗濯機としても、メイン洗濯機のサブ機としても使える「Myウェーブダブル」。サブ機として導入したいけれど、置いておくスペースに限りがある、メイン洗濯機に入れる前の下洗い、別洗い用の簡単な洗濯機が一台あればという場合は「MNWSMAN2」。というような住み分けです。

左が「Myウェーブタブル」、右が「MNWSMAN2」。「MNWSMAN2」はかなり省スペースですね

左が「Myウェーブタブル」、右が「MNWSMAN2」。「MNWSMAN2」はかなり省スペースですね

脱水など機能をある程度制限しているために、使いにくさもあるのは否めませんが、付ける機能と落とす機能を選択したことで、いくつかあるミニ洗濯機の中で、絶妙にポジショニングしてきた面白い洗濯機でした!

中村祐一

中村祐一

国家資格のクリーニング師で、洗濯アドバイザー。“洗濯王子”の愛称で呼ばれ、テレビや雑誌などの各種メディアでも活躍中。自身のホームページでも、洗濯に関する相談などを受け付けている。

製品 価格.com最安価格 備考
ミニ洗濯機 MNWSMAN2 6,791 高さ54cmでコンパクトサイズのミニ洗濯機
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.4.27 更新
ページトップへ戻る