ニュース
今年も注目製品目白押し

エントリー完全ワイヤレスに伝統のウッドモデルまで!オーディオテクニカ新製品を一挙レポート

ハウジングにメイプル材を使ったポータブルヘッドホン「ATH-WP900」

ATH-WP900は、高価なギターやバイオリンなどに使用されるメイプル材をハウジングに採用したポータブルヘッドホン。メイプル材を使用することにより、音の立ち上がりや明瞭さが向上するという。その内部には、高域特性にすぐれたDLCコーティング振動版採用の大口径53mmドライバーを搭載する。空気の流れをスムーズにするトップマウントPCB方式により、振動板の動きを正確にコントロールするほか、新たに設計された独自形状のバッフルにより、ひずみのないクリアな中低域再生を図るのも特徴。ポータブル型なのでスイーベル機構を備えており、折りたたんで持ち運ぶことができる。発売は10月11日で、市場想定価格は80,000円前後(税別)。

メイプルハウジングの美しさが映えるATH-WP900

メイプルハウジングの美しさが映えるATH-WP900

ヘッドパッドは低反発クッションを使用した立体縫製で、高い密閉性と装着性を狙った

ヘッドパッドは低反発クッションを使用した立体縫製で、高い密閉性と装着性を狙った

ケーブルは、左右の音の分離を高める両出し式の4.4mm5極バランスケーブルを付属(1.2mの3.5mmステレオミニケーブルも選択できる)

ネックバンド型のノイキャンヘッドホン「ATH-ANC400BT」

ATH-ANC400BTは、ノイズキャンセリング機能を搭載するネックバンド式のBluetoothイヤホン。左右それぞれのハウジングの前方と後方に2基の集音マイクを配置する設計で、2つのノイズキャンセリング方式を統合した独自の「Quiet Point ハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術」を採用するのが特徴だ。周囲の音がすぐに確認できる「クイックヒアスルー」機能にも対応している。内部には専用設計の口径12mmドライバーを搭載。BluetoothコーデックはaptX HDやAACをサポートする。また、USB Type-Cと3.5mmステレオミニの有線接続にも対応。1回の充電で最大約20時間連続使用できるのもうれしいポイントだ。発売は11月15日で、市場想定価格は27,000円前後(税別)。

オーディオテクニカが「業界最高クラスのノイズキャンセリングモデル」とうたうATH-ANC400BT

オーディオテクニカが「業界最高クラスのノイズキャンセリングモデル」とうたうATH-ANC400BT

装着したところ

装着したところ

スマートフォン専用アプリ「Connect」と連携させることで、ノイズキャンセリングモードを3種類から調整できる。飛行機マークの「Airplane」モードがもっとも強力

売れ筋のSOLID BASS完全ワイヤレスイヤホンのコラボレーション限定モデル「ATH-CKS5TW LTD」

SOLID BASSシリーズ初の完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKS5TW」。SOLID BASSシリーズらしい量感たっぷりの重低音と、イヤホン単体で最大約15時間再生という圧倒的なスナミナバッテリーで、7月の発売開始から価格.com上でも根強い人気を誇っている。そんな「ATH-CKS5TW」をベースモデルに、ペインター“baanai”とコラボレーションした限定モデルがATH-CKS5TW LTDだ。「ATH-CKS5TW」のプロモーションムービーで描かれたペインティング作品が、イヤホンハウジング部と専用充電ケースに大胆にデザインされており、耳元を個性的に演出してくれるはずだ。発売は11月15日で、市場想定価格は18,000円前後(税別)となっている。

イヤホンハウジング部と専用充電ケースにペインティング作品を大胆にあしらったATH-CKS5TW LTD

イヤホンハウジング部と専用充電ケースにペインティング作品を大胆にあしらったATH-CKS5TW LTD

ハウジング部のデザインがかっこいい

ハウジング部のデザインがかっこいい

音楽プレーヤー機能を内蔵したスポーツ向けBluetoothイヤホン「ATH-SPORT90BT」

スポーツイヤホンシリーズ「SONICSPORT」のラインアップに新たに加わったATH-SPORT90BTは、音楽プレーヤー機能を内蔵したケーブル一体型のBluetoothイヤホンだ。スマートフォンがなくてもスタンドアローンで音楽を再生して楽しめ、4種類のイヤーピースと4種類のイヤフィンで高い装着感も実現しており、ランニングなどの軽めのスポーツはもちろん、激しいワークアウトなどでの利用にも適している。なお、楽曲保存容量は4GB。mp3やWMAなど、幅広いファイルフォーマットに対応している。防水性能はIPX5相当。周囲の音が確認できる「ヒアスルー機能」も搭載する。バッテリー駆動時間は、音楽プレーヤーモードで最大約8時間、Bluetooth接続時で最大約5時間。カラーバリエーションは、ガンメタルブラックとゴールドネイビーの全2色だ。発売は10月11日で、市場想定価格は17,000円前後(税別)。

音楽プレーヤー機能を内蔵したATH-SPORT90BT

音楽プレーヤー機能を内蔵したATH-SPORT90BT

本体装着分も合わせ、イヤーピースとイヤフィンがそれぞれ4サイズずつ付属する

本体装着分も合わせ、イヤーピースとイヤフィンがそれぞれ4サイズずつ付属する

カラーバリエーションは、ガンメタルブラックとゴールドネイビーの2色をラインアップ

カラーバリエーションは、ガンメタルブラックとゴールドネイビーの2色をラインアップ

初めてのスポーツイヤホンにぴったり! 軽くて安価な「ATH-SPORT60BT」

先に紹介したATH-SPORT90BTをベースに、音楽プレーヤー機能を省きて、価格を抑えたエントリー向けのスポーツイヤホンがATH-SPORT60BT。機能を省いたことで、本体も軽量に仕上がっているのもポイントとなっている。シックなカラーリングを採用したATH-SPORT90BTに対し、こちらはエントリー向けということもあり、定番のブラックに加え、ピンクやホワイトといった明るいトーンのカラーバリエーションが用意される。発売は10月11日で、市場想定価格は7,000円前後(税別)だ。

ATH-SPORT60BT

ATH-SPORT60BT

カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、ホワイトの全3色

カラーバリエーションは、ブラック、ピンク、ホワイトの全3色

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る