ニュース
HDMI/USB入力に対応する据え置き型

あの「popIn Aladdin」のサービスが入ったコンパクトプロジェクターが登場

世界初のプロジェクター付きシーリングライトとして話題になった「popIn Aladdin」を開発したpopIn株式会社から、popIn Aladdinのサービスを内蔵したコンパクトなプロジェクター「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」が発表された。

累計3万台を売り上げている「popIn Aladdin」のサービスを、コンパクトな据え置き型で!

ちょうど1年前となる2018年11月に量産化を開始したpopIn Aladdinは、「プロジェクター」「スピーカー」「ネットワーク機能」「Android OS」を1台に搭載したスマートLED照明。普通の電気と同じように家庭のシーリングライトコンセントに取り付けて使用できる。

メイン機能は、さまざまなコンテンツを部屋の壁にプロジェクターで投影してくれるサービス。天気や最新ニュース記事、子ども向けのオリジナル映像コンテンツのほか、Android版のYouTubeやAbema TVなどのアプリをプリインストールしており、それらの映像を投影して音声付きで楽しむことができる。初めにクラウドファンディングで発表された当初から話題になっており、同社によるとこれまでに累計3万台を売り上げたという。

こちらが従来の「popIn Aladdin」。ネットワーク接続に対応し、Android OSを搭載しているので、YouTubeなどのコンテンツも再生できる。もちろん、普通のシーリングライトとしても使える

今回発表された新モデル「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」は、popIn Aladdinの映像機能およびサービスだけを切り出したと言えるプロジェクター。本体サイズ192(幅)×48(高さ)×193(奥行)mm、重量973gのコンパクトサイズで、ホワイト基調のミニマルなデザインが特徴だ。

いわば、「popIn Aladdinからシーリングライトが外れたモノ」なので、本来のpopIn Aladdinのアイデンティティーとは異なる製品だが、天井にシーリングコンセントがない家庭や、普通のプロジェクター機能とあわせてpopIn Aladdin のサービスを使いたいという人にちょうどいい。

Z6 Polar Meets popIn Aladdinの製造を手がけるのは「XGIMI」。同社の既存モデル「Z6 Polar」に、popIn Aladdinの機能が追加されたモデルとも言える

通常価格は59,800円(税込)で1,000台限定生産となる。なお、popInの直販サイトではすでに予約受付を開始しており、2019年11月30日までは特別価格49,800円(税込)で購入できるようになっている。商品発送は2019年12月中旬を予定。

内部には64bit 4コア/1.5GHzのCPUを搭載し、2GBのRAMと8GBのストレージを装備。投影方式は単版DLP式で、0.45型のDMDパネルを搭載する。基本機能は従来のpopIn Aladdinと同じだが、最大表示解像度は1280×1080のフルHDで、「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」のほうが高精細になった。輝度は最大700ルーメン。スピーカー内蔵型。

popIn Aladdinと同じアプリを内蔵する。IEEE 802.11a/b/g/n/acのWi-Fi規格に対応しており、2.4/5GHz帯の両方をサポート。従来のpopIn Aladdinと同じく、最初だけWi-Fi設定が必要となる。投影可能な画面サイズは40〜120インチで、本体から壁面までの距離1.27〜3.33mでの設置が推奨されている。駆動音は28dB

また、据え置き型ならではの仕様として、HDMIとUSBの2系統の入力ポートを装備しており、外部入力に対応している点があげられる。天井に取り付けるタイプのpopIn Aladdinでは、外部機器の接続には非対応だった。さらに、新しくオートフォーカス機能も搭載した。

背面にHDMとUSBのポートを装備。ゲーム機を接続して大画面ゲームをプレイしたり、USBメモリー内のコンテンツを再生するといったニーズに対応する。そのほか、ヘッドホン接続端子も1系統追加された。Bluetooth接続にも対応している

リモコンの側面に付いているつまみを「FOCUS」に合わせるだけで、簡単にピントを合わせられる「オートフォーカス」機能

popIn Aladdinと一緒に快適な睡眠をサポートする「コアラピロー」も

popIn株式会社では、もともと寝室に設置するプロジェクター付きシーリングライトとしてpopIn Aladdinをアピールしてきた。そこで、ユーザーの睡眠導入をサポートするアプリ「おやすみタイマー」の無償提供も開始。本アプリで設定した時間にアプリが起動し、popIn Aladdinでヒーリングミュージックを再生したり、絵本の読み聞かせを行ってくれる機能となる。

これに合わせて同社は、オーストラリア顧客満足度No.1のマットレス「コアラマットレス」を日本展開するKoala Sleep Japan株式会社と共同発表会を開催した。

Koala Sleep Japanでは、ユーカリを由来とする繊維素材「テンセル」を使用した「コアラマットレス」を主力製品としており、それを使用した新製品の枕「コアラピロー」を発表したばかり。枕に使われているゲル入りの低反発素材が、睡眠中に上がりがちな頭部や首元の体温を適度に調整してくれるというものだ。コアラマットレス&コアラピローにpopIn Aladdinの「おやすみ機能」を組み合わせれば、快適な睡眠環境が作れそう!

厳格な審査基準を持つ「Certi-PUR US」認定素材を使用した「コアラマットレス」と「コアラピロー」。新製品のコアラピローは、2019年12月4日発売で、価格は12,500円(税込)。筆者も実際に寝ころがってみたが、絶妙な高さと反発力の枕に振動が響きにくいマットレスの組み合わせで、かなり気持ちよかった

杉浦 みな子(編集部)

杉浦 みな子(編集部)

オーディオ&ビジュアル専門サイトの記者/編集を経て価格.comマガジンへ。私生活はJ-POP好きで朝ドラウォッチャー、愛読書は月刊ムーで時計はセイコー5……と、なかなか趣味が一貫しないミーハーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る