ニュース
完全ワイヤレスイヤホンの音質もここまできたか!

Noble Audio完全ワイヤレスフラッグシップモデル「FALCON PRO」をさっそく聴いてみた

昨年発売した初代「FALCON」、そして今年10月末に発売した「FALCON 2」と、一貫して音質に注力した完全ワイヤレスイヤホンの開発を行っているNoble Audio。そんな同社が、“Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン史上最高音質”といううたい文句とともにこの冬投入する新製品が「FALCON PRO」だ。さっそく実機を試す機会を得たので、今回は速攻レビューをお届けしよう。

「FALCON 2」の上位モデルに当たる製品で、発売は12月18日。市場想定価格は26,900円前後(税別)

「FALCON 2」の上位モデルに当たる製品で、発売は12月18日。市場想定価格は26,900円前後(税別)

同社完全ワイヤレスイヤホン初のハイブリッドドライバー構成を採用。「FALCON 2」と似ているデザインだが差分は多いと

「FALCON PRO」の最大の特徴が、同社の完全ワイヤレスイヤホンとしては初めて2BA+1DDのハイブリッドドライバー構成を採用したことだ。高域用に米Knowles製最新世代BAドライバー「SRDD」を、中低域用に6mm径チタンコーティング振動版「Tri-layered Titanium-coated Driver (T.L.T. Driver)」を採用することで、圧倒的なワイドレンジを実現。チューニングはもちろん、“Wizard”ことジョン・モールトン氏が担当している。

それぞれのドライバーユニットは、アナログ方式のクロスオーバーネットワークで接続。BAドライバーは音導管での信号ロスや反射効果を最小限度に抑えるためにノズル先端付近に、DDドライバーはBAドライバーよりも後方の位置に配置するなど、ドライバーユニットの配置でも音質面が追求されている。

同社の完全ワイヤレスイヤホンとしては初めて2BA+1DDのハイブリッドドライバー構成を採用

同社の完全ワイヤレスイヤホンとしては初めて2BA+1DDのハイブリッドドライバー構成を採用

シェルについては、これまでの同社製完全ワイヤレスイヤホン同様、耳に直接触れる部分にIEMライクな独特の造型を採用しつつ、新たな形状へとリニューアル。本体の大きさは「FALCON 2」と同等だが、指向性の高いBAドライバーを搭載したこともあり、ノズルの長さがやや短くなり、先端が大口径化されている。

「FALCON PRO」のイヤホン本体

「FALCON PRO」のイヤホン本体

左が「FALCON 2」、右が「FALCON PRO」。ノズル部分が若干短くなっていることがわかる

左が「FALCON 2」、右が「FALCON PRO」。ノズル部分が若干短くなっていることがわかる

また、ノズル先端部のメッシュフィルターも「FALCON PRO」では新しくなっており、「FALCON 2」に採用されているフィルターと比べて空気の透過率が高く、音響的な悪影響を抑制。大口径化したノズルに合わせてイヤーチップも改良されており、新設計ホーン形状と新素材により、装着感も向上しているという。ちなみに、ノイズ先端のフィルターの透過率が向上したこと、水濡れに非常に弱いBAドライバーを搭載したことなどから、「FALCON PRO」の防水性能は、「FALCON 2」のIPX7相当からIPX5相当へと引き下げられている。

ノズル先端が大口径化し、メッシュフィルターも新型のものに変更された

ノズル先端が大口径化し、メッシュフィルターも新型のものに変更された

ノズルの大口径化に合わせ、イヤーチップも変更されている

ノズルの大口径化に合わせ、イヤーチップも変更されている

イヤホン本体の操作系については、タッチセンサーだとイヤホンを取り出す際の誤動作が非常に多いこともあり、「FALCON PRO」ではタップセンサーを新たに採用。タップの回数によって、楽曲の再生/停止やボリューム調整、音声アシスタントの起動、外音取り込み(ヒアスルー)機能などをコントロール可能だ。

イヤホン本体の操作系は物理ボタンからタップセンサーへと変更

イヤホン本体の操作系は物理ボタンからタップセンサーへと変更

「FALCON PRO」のSoCは「FALCON 2」と同じクアルコムの「QCC3040」を採用しており、左右のイヤホンへそれぞれデータを伝送する「TrueWireless Mirroring」や、aptX Adaptiveコーデックも利用可能。アンテナ部に第2世代「High Precision Connect Technology 2」を採用し、接続性がアップした点も「FALCON 2」と共通だ。

専用ケースの外観についても「FALCON 2」と同じで、違いはフタにプリントされた製品名くらい。内側はイヤホン形状に合わせ、イヤホン収納部分の形状が若干変更になったほか、イヤホン本体のリセットを実行できるリセットボタンが新たに用意された。充電端子はUSB Type-Cで、ワイヤレス充電にも対応する。

専用ケース。左が「FALCON 2」で、右が「FALCON PRO」だ

専用ケース。左が「FALCON 2」で、右が「FALCON PRO」だ

「FALCON PRO」の専用ケース内側には、新たにリセットボタンが用意された

「FALCON PRO」の専用ケース内側には、新たにリセットボタンが用意された

バッテリー駆動時間は、イヤホン単体が最大約10時間(音量70%時)。専用ケースとの併用では、最大約50時間使用できるということだ。

「FALCON PRO」を聴いてみた

今回、発売に先駆けて「FALCON PRO」を試聴することができたので、Astell&Kern「KANN ALPHA」とaptX接続し、音質をチェックしてみた。なお、試聴に際し、「FALCON PRO」は50時間程度のエージングを実施している。

2BA+1DDのハイブリッド構成を採用したおかげだろうか、1DDの「FALCON 2」に比べると低域から高域までかなり余裕があるようで、低域の圧倒的な空気感、解像度が高く、クリアで気持ちいい感じにヌケる高域などは「FALCON 2」以上だ。音場も広く、「FALCON 2」よりも一歩引いて聴いているようなイメージ。分離感も良好で、各パートの音がしっかりと把握できるのに、一体感のあるサウンドにしっかりまとまっているあたりは、ハイエンドイヤホンを多数手がけてきたジョン・モールトン氏によるチューニングの妙なのだろう。パワフルながら繊細なサウンドもカバーでき、完全ワイヤレスイヤホンの音質もここまできたか!と思わせるサウンドだった。

装着感についても、ノズル形状が若干短くなったことで、「FALCON 2」に比べると耳の奥に差し込むような感覚が若干和らいだように感じた。また、イヤーチップの密着度が以前よりも向上しているようで、IEMライクの独特な形状も相まって、装着したときの安定感は以前よりも増していた。昨今、鉄道線路への完全ワイヤレスイヤホンの落下などが問題になっているが、これだけ安定した装着感であれば、屋外に持ち出しても安心して使用できそうだ。

26,900円前後(税別)と、完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり高価な製品となっているが、そのサウンドはいままでの完全ワイヤレスイヤホンとは一線を画すものになっている。ワイヤレスイヤホンでも有線イヤホンのような高音質なサウンドで楽しみたいという人は、ぜひそのサウンドを体験してみてほしい。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る