ニュース

最新技術満載! Noble Audio初のノイキャン搭載TWS「FALCON ANC」を聴く

最新技術満載! Noble Audio初のノイキャン搭載TWS「FALCON ANC」を聴く

Noble Audioブランド初となるアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「FALCON ANC」の発売がついに決定した。発売日は5月13日で、市場想定価格は19,800円前後。本日より予約受付が開始されている。発売に先駆けて製品を試す機会を得たので、実機の写真を交えながら特徴をレポートしていこう。

強力なノイキャンと音質の両立を実現。最新技術も盛りだくさん

「いつでもどこでもいい音が聴ける」というFALCONシリーズのコンセプトはそのままに、アクティブノイズキャンセリング機能搭載でもいい音を実現することを目標に開発したという「FALCON ANC」。

Noble Audio「FALCON ANC」

Noble Audio「FALCON ANC」

近年さまざまなタイプのノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンが登場してきているが、「FALCON ANC」では自然かつ強力なノイズキャンセリングを安定して利用できるようにするため、あえて外部の専用チップを搭載するのではなく、クアルコム社が開発したハイブリッド方式のアクティブノイズキャンセリング機能を採用。音の抑圧感が少なく、長時間の利用にも適しており、効果を3段階で調整できるもの大きなポイントとなっている。

また、アクティブノイズキャンセリング機能を搭載でもいい音を実現するために、“Wizard”ことジョン・モールトン氏による音質チューニングを実施したのも大きな特徴。アクティブノイズキャンセリング機能有効時はもちろん、ヒアスルー(外音取り込み)有効時、アクティブノイズキャンセリング機能無効時でも音の変化を極力抑えた繊細なチューニングに仕上げたそうだ。

アクティブノイズキャンセリング機能を高めるためには、高い密閉度で遮音性を高めることも重要になってくるが、「FALCON ANC」は付属のイヤーピースに伸縮性のあるウレタン製イヤーピース(S/M/Lサイズ)を採用するなど、この点にも手抜かりはない。フォーム系のイヤーピースで気になる高域の再現性についても、イヤーピース表面にコーティング加工を施すことで回避しているという。ちなみに、「FALCON ANC」の初回生産分には、Spinfit製の完全ワイヤレスイヤホン用シリコンイヤーピース「CP360-F」も同梱される。

高い密閉度を誇るウレタン製イヤーピースを標準で付属

高い密閉度を誇るウレタン製イヤーピースを標準で付属

初回生産分には、ウレタン製イヤーピースに加え、シリコンイヤーピース「CP360-F」も付属。フィット感をさらに高めるイヤーフィンも標準で付属する

初回生産分には、ウレタン製イヤーピースに加え、シリコンイヤーピース「CP360-F」も付属。フィット感をさらに高めるイヤーフィンも標準で付属する

ドライバーユニットについては、「FALCON」「FALCON 2」などで採用された口径6mmからさらに大型化した10mm口径の「Dual-Layered Titanium Driver」をチョイス。42kHzまでのワイドレンジ再生に対応した高性能ドライバーユニットにより、深く沈み込みながらレスポンスのよい低域、立体感のある中域、高い解像度を誇る高域をすぐれたバランスで実現できるという。

10mm口径の「Dual-Layered Titanium Driver」を採用。大口径化により、42kHzまでのワイドレンジ再生にも対応した

10mm口径の「Dual-Layered Titanium Driver」を採用。大口径化により、42kHzまでのワイドレンジ再生にも対応した

Bluetoothチップはクアルコムの最新世代SoC「QCC3056」を採用。クアルコムの最新オーディオプラットフォーム「Snapdragon Sound」にも対応しており、aptX Adaptive使用時の24bit/96kHz再生対応はもちろん、低遅延が要求されるコンテンツで自動的に遅延を抑えるaptX Adaptive Low Latencyモード、音声通話用の高音質コーデックaptX Voice、左右同時伝送技術のTrueWireless Mirroring、マルチペアリングやマルチポイント対応など、最新テクノロジーをしっかりとカバーしている。

イヤホン本体はヘッドセットのような縦長のデザインへと刷新し、これまでのFALCONシリーズに比べて圧迫感の少ない付け心地を実現。先端部分に指向性マイクを搭載し、通話性能も大幅に向上したという。また、最新のBluetoothチップ搭載に加え、内蔵アンテナの位置を変更することで、接続安定性についても大きく向上。装着状態を検知する赤外線センサー、IPX4の防水性能も備えている。なお、専用ケースはこれまでのFALCONシリーズと共通のデザインを採用し、ワイヤレス充電規格のQiにも対応している。バッテリー性能は、イヤホン本体で最大約8.5時間(音量60%/ANCオフ/SBC接続)、専用ケースではイヤホン4回分の充電が可能だ。

縦長のデザインを採用したイヤホン本体。ブルーにデザインされた部分にタッチセンサーを内蔵している

縦長のデザインを採用したイヤホン本体。ブルーにデザインされた部分にタッチセンサーを内蔵している

イヤホン本体はIPX4の防水にも対応

イヤホン本体はIPX4の防水にも対応

イヤホン内側には装着状態を検知する赤外線センサーも搭載されている

イヤホン内側には装着状態を検知する赤外線センサーも搭載されている

イヤホンは専用ケースに寝かせて収納する形。専用ケースは、ワイヤレス充電規格のQiにも対応している

イヤホンは専用ケースに寝かせて収納する形。専用ケースは、ワイヤレス充電規格のQiにも対応している

このほか、「FALCON ANC」では多彩な機能をスマートにコントロールできるように、専用アプリを刷新したのも大きな特徴だ。新しいアプリ「Noble FALCON ANC」では、ノイズキャンセリング機能のオン/オフはもちろん、3段階のノイズキャンセリング効果の切り替え、外音取り込みのオン/オフ、外音取り込み音量の調整、マスターゲイン調整、動作モード調整、イコライザー設定、赤外線センサーのオン/オフ、タッチセンサーの操作設定、ファームウェアのアップデートなど、多彩な機能を利用できるようになっている。

「FALCON ANC」専用に開発された新しいアプリ「Noble FALCON ANC」。多彩な機能をこのアプリから一元管理できる

「FALCON ANC」専用に開発された新しいアプリ「Noble FALCON ANC」。多彩な機能をこのアプリから一元管理できる

音質インプレッション

今回、短時間ながら「FALCON ANC」を試す機会を得たので、最後に音質インプレッションをお届けする。

まずは気になるノイズキャンセリング機能から。とても自然な効きで、特に低域のノイズ低減効果はなかなか優秀で、電車内の空調や換気扇のうなるような音、道路を走る車の走行音など、音楽リスニングにじゃまなノイズをサッとかき消してくれる。3段階のうち、最も強力な「強」にしても、ノイズキャンセリングイヤホン特有の詰まるような感覚も少ない。音楽再生中の音色の変化も、ノイズキャンセリング機能のオンとオフでの差が少なく、これなら常時オンにして利用しても問題なさそうだ。

ヒアスルー(外音取り込み)も音が自然に取り込まれるので、なかなか使い勝手がよい。イヤホン本体の形状の影響からか、風が強く吹き付けるような環境だと、多少風切り音が気になることがあるが、その際は取り込み音量を小さくすれば回避できるので、このあたりはうまく使いこなしていきたいところだ。

さて、肝心のサウンドについてだが、ドライバーユニットの刷新がかなり有効に効いているのだろう。「FALCON 2」と比べると、音の空間表現がかなり広く感じられる。静かで広い空間の中に個々の楽器の音色がグッと浮かび上がり、それらがダイレクトに届く感じがとにかく心地よい。ダイナミックで力強い中低域と自然に伸びきる高域、そしてそれらのつながりの滑らかさは余裕のある大口径なダイナミック型ドライバー1発だからこそできたところだろう。自然なバランスの音色と空間の広さを生かし、ゆったりとしたアコースティックな楽曲とはかなり相性がいいかもしれない。

ノイズキャンセリング機能搭載が当たり前になりつつある完全ワイヤレスイヤホンカテゴリー中ではかなり後発となった「FALCON ANC」だが、ノイズキャンセリング機能と音質のバランスのよさはさすがNoble Audioといったところ。最先端のテクノロジーを満載し、アプリもかなり多機能に仕上がっており、オーディオガジェットとしてもなかなか面白いデバイスなので、オーディオマニアからはもちろん、ガジェットマニアからも一目置かれるモデルになりそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る