ニュース

1台で2つのサウンドを楽しめる! ゼンハイザーの有線イヤホン入門機「IE 200」

ゼンハイザーから、有線イヤホン「IE」シリーズの新モデル「IE 200」が発表された。“Pro”を冠さないリスニング向けの有線イヤホンとしては、「IE 300」よりもさらに下の位置にラインアップされる最エントリーモデルだ。発売日は1月31日で、市場想定価格は23,760円前後となる。

ゼンハイザー「IE 200」。1月31日発売で、市場想定価格は23,760円前後

ゼンハイザー「IE 200」。1月31日発売で、市場想定価格は23,760円前後

近年はBluetooth接続のワイヤレスイヤホンの台頭もあり、市場でやや押され気味となっている有線イヤホン。とはいえ、構造的にワイヤレスイヤホンよりも音質的に優位であることから、いまだにオーディオファイルの間では根強い人気を誇っている。最近では、安価な製品を得意とする中国系のメーカーも増えてきているが、そんな市場環境においてもゼンハイザーの「IE」シリーズは、直近2年の間に「IE 300」「IE 900」「IE 600」を矢継ぎ早に投入し、大きな存在感を示している。

ゼンハイザーの有線イヤホンといえば、「TrueResponse(トゥルーレスポンス)トランスデューサー」と呼ばれる自社開発のダイナミック型ドライバー1発というドライバー構成を一貫して採用しているのが大きな特徴となっている。もちろん、今回発表された「IE 200」もこのDNAをしっかりと受け継いでおり、ノーコーティング、プレーン形状のポリマーブレンド振動板により、キレのあるレスポンスと明瞭なサウンドを実現したという。

ちなみに、過去に発売された「IE 300」「IE 600」「IE 900」にも同じ名前の「TrueResponseトランスデューサー」が採用されているが、厳密には各モデルで微妙に仕様が異なっている。今回の「IE 200」では、「IE 600」に近いものになっており、ニュートラルで中低域の安定感が高く、特にボーカルが聴きやすくなっているとのことだ。

自社開発の7mm径ダイナミック型ドライバー「TrueResponseトランスデューサー」を搭載

自社開発の7mm径ダイナミック型ドライバー「TrueResponseトランスデューサー」を搭載

また、「IE 200」では、「デュアルチューニングシステム」と呼ばれる特許出願中の音質チューニング機構が新たに搭載されたのも見逃せないポイントだろう。ノズル部分に小さなホールとスリットが設けられており、イヤーピースを浅く装着した際は通気性が上がることで空間の広がりを感じられる開放的なサウンドを、イヤーピースを深く装着した際はより低域が強調されたサウンドといった具合に、気分や好みに応じてイヤーピースの装着位置を変えるだけで2種類のサウンドを楽しめるというわけだ。

イヤーピースの装着位置を変えるだけで2種類のサウンドを楽しめる「デュアルチューニングシステム」を初搭載

イヤーピースの装着位置を変えるだけで2種類のサウンドを楽しめる「デュアルチューニングシステム」を初搭載

「IE 200」の特性を示したグラフ。白色の線がイヤーピースを深く装着したスタンダードポジション、灰色の線がイヤーピースを浅く装着したオープンポジションの状態だ

「IE 200」の特性を示したグラフ。白色の線がイヤーピースを深く装着したスタンダードポジション、灰色の線がイヤーピースを浅く装着したオープンポジションの状態だ

さらに、ノズルのトップに配置することで空気の乱れと歪みを抑制する「アコースティックフリース」には最新のフィルター技術を導入し、2-3kHz以上の振幅を抑えることで、滑らかな高域を実現。ハウジング内の空気の量と流れる向きをコントロールするバックボリューム機構についても、雑味をなくし、存在感のある中高域を再現できる「IE 600」と同じものを採用することで、よりボーカルがより近く感じられるサウンドに仕立てたという。

なお、ダイナミック型ドライバーの前方に配置し、耳に届く周波数帯域を整えるのに用いられる「レゾネーターチャンバー」については「IE 300」と同じシングルタイプ(「IE 600」はデュアル、「IE 900」はトリプル)だが、「IE 200」のレゾネーターチャンバーの搭載位置がイヤホン本体ではなくイヤーピース側へと移動している。イヤーピース側に移動したことで、「IE 300」よりも高域が刺さりにくくスムースになっているという。

ノズルのトップに配置した「アコースティックフリース」は新規設計のものが導入された。バックボリューム機構は「IE 600」と同じものが使われており、「レゾネーターチャンバー」はイヤーピース側に移動

ノズルのトップに配置した「アコースティックフリース」は新規設計のものが導入された。バックボリューム機構は「IE 600」と同じものが使われており、「レゾネーターチャンバー」はイヤーピース側に移動

ブラックカラーで統一されたイヤホン本体は、落ち着いたデザインでどんなスタイルにもフィットするプレミアム感のある仕上がり。付属ケーブルは、軽量でタッチノイズも少なく、耐久性にもすぐれているブレードケーブルを「IE」シリーズとして初めて採用している。なお、ケーブルコネクター部は、これまでの「IE」シリーズ同様、独自の「Fidelity Plus MMCX」規格となっている。このほか、イヤーピースはフォームタイプとシリコンタイプそれぞれ3サイズずつ付属。持ち運び用ポーチも同梱される。

イヤホン本体はブラックカラーで統一され、落ち着いた仕上がりに

イヤホン本体はブラックカラーで統一され、落ち着いた仕上がりに

付属ケーブルは、軽量でタッチノイズも少なく、耐久性にもすぐれているブレードケーブルを「IE」シリーズとして初めて採用した

付属ケーブルは、軽量でタッチノイズも少なく、耐久性にもすぐれているブレードケーブルを「IE」シリーズとして初めて採用した

「IE」シリーズの最エントリーモデルとして登場する「IE 200」。「IE」シリーズの伝統を手の届きやすい価格で実現するだけでなく、1台で2つのサウンドを楽しめるギミックを搭載するなど、音楽リスニングを楽しくする仕組みを新たに盛り込むことで、初めての有線イヤホンとしてはもちろん、高音質で思う存分楽しみたいという音楽好きのユーザーのサブ機としてもうってつけの1台と言えそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る