明るさも音質も機能もアップ!

さらに実用的になったソニーのLED電球スピーカーを1週間使ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーが2015年5月に発売したLED電球スピーカー「LSPX-100E26J」。製品登場時は、あのソニーが白モノ家電を出したという話題性と、照明器具の電球を差し替えるだけでスマートフォンなどの音楽を楽しめるソニーらしいチャレンジングな製品ということで、大きな注目を集めた。それから1年が経過し、LSPX-100E26Jの後継モデルとなる「LSPX-103E26」が5月21日に発売された。新モデルでは、照明機器としての性能と音響機器としての性能の両方をブラッシュアップし、ますます便利な製品となっている。さっそく試用することができたので、新モデルの進化点を中心にレビューしていこう。

明るさアップと192色から選べるカラー調色機能追加で照明機器としての基本性能が大幅アップ!

ソニーの「Life Space UX」は、生活空間そのものを使い、映像や音楽の新しい楽しみ方を提案するというコンセプトの製品群で、これまでにグラスサウンドスピーカー「LSPX-S1」をはじめ、ポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」や4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」などが発売されている。LED電球にBluetoothスピーカー機能を融合したLED電球スピーカーも、そんなLife Space UXの製品群のひとつ。今回取り上げるLSPX-103E26は、LED電球スピーカーとしては2世代目に当たる製品で、照明機器としての性能と音響機器の性能の両面で大きく基本性能進化を遂げている。

ソニー「LSPX-100E26J」。LED電球スピーカーとしては2世代目に当たる製品だ

ソニー「LSPX-100E26J」。LED電球スピーカーとしては2世代目に当たる製品だ

まずは照明機器としての進化についてだが、LSPX-103E26では大きく2つの点で進化を遂げている。まずひとつ目が明るさの大幅アップだ。ソニーのLED電球スピーカーは、LED電球の前面部にスピーカーユニットが配置されており、スピーカーユニットを囲むように「光学レンズグローブ」と呼ばれる独自の光学レンズが配置されている。この光学レンズグローブで内部のLEDから発生する光を拡散させているのだが、従来モデルのLSPX-100E26Jでは、この光学レンズグローブに透明な素材が使われていた。

新モデルのLSPX-103E26では、この光学レンズグローブに乳白色拡散素材を新たに採用するとともに、光学設計を見直すことで、明るさを示す全光束が従来比1.4倍となる500ルーメンにまで向上した。従来モデルのLSPX-100E26Jでも全光束360ルーメンを実現しており、寝室のベッドサイドなどの落ち着いた雰囲気の場面で使う分には問題ない明るさだったが、ソニーが提案するようなリビングやキッチンの照明を置き換えて使えるかというと、照明としての明るさが足りない感じがあったのだが、これなら積極的に置き換えられそうだ。

左が従来モデルのLSPX-100E26J、右が新モデルのLSPX-103E26だ。光を拡散させる光学レンズグローブが大きく異なる

従来モデルのLSPX-100E26Jと、新モデルのLSPX-103E26の明るさを比較した写真だ。いずれも明るさを最大にした状態だが、明らかに新モデルのほうが明るく、光の広がりもムラがない

2つ目の進化点は、照明のカラーを変えられる調色機能の追加。通常のLED電球と同等サイズというコンパクトな筺体ながら、ベースとなるホワイトとRGBのLEDを交互に配置し、192色のカラー変更にも対応できるようになったのだ。カラー変更は付属のコントローラーから行えるほか、アプリ側から変更することも可能となっている。調色機能利用中は、明るさを変更できる調光機能は残念ながら利用できないが、シーンや気分に合わせて照明の色を変えられるのは非常に面白い。ホラー映画を見るときに青白い光に変えてみるなど、刺激的な使い方がいろいろできそうだ。

内部にホワイトとRGBのLEDを交互に配置し、淡い色から濃い色まで、192色のカラー変更に対応した

内部にホワイトとRGBのLEDを交互に配置し、淡い色から濃い色まで、192色のカラー変更に対応した

LED電球スピーカーに付属するリモコン。音楽の再生や停止、スピーカー音量の調整などが行えるほか、真ん中に配置されているダイアルボタンを使い、電球の明るさやカラーをコントロールすることもできる

リモコン背面にはNFCが搭載されており、NFC対応のスマートフォンをかざすだけでペアリングできる

リモコン背面にはNFCが搭載されており、NFC対応のスマートフォンをかざすだけでペアリングできる

スマートフォンからの操作は、ソニーのオーディオ機器を操作できるアプル「SongPal」の拡張機能として提供される。メニュータブには、COLLARというメニューが新たに加わり、調色機能のコントロールにも対応した

コンパクトサイズそのままにスピーカーボックスの容量を増加! ステレオモードやダブルモードも楽しい

LSPX-103E26は音響機器としての性能も進化している。特に音質については、スピーカーの振動板を最適化し、高音域の再現性を高めたほか、スピーカーボックスの容量を増やすことで、音の広がりを向上させているという。あれだけのコンパクトなサイズを保ったまま、明るさアップに調色機能を追加した上、スピーカーボックスの容量まで増やすとは驚きだ。

直径40mmのスピーカーユニットは、振動板の厚みを最適化させ、音の再現性を高めている

直径40mmのスピーカーユニットは、振動板の厚みを最適化させ、音の再現性を高めている

LEDの配置などを見直すことで、コンパクトな筺体はそのままに、スピーカーボックスの容量を増やしている

LEDの配置などを見直すことで、コンパクトな筺体はそのままに、スピーカーボックスの容量を増やしている

LSPX-103E26自体はモノラルスピーカーだが、LSPX-103E26を2台そろえて連携させることができる「Speaker Add機能」を新搭載したのも進化点のひとつだ。同じ製品を2つ用意するため、利用するには若干ハードルが高いが、2台のLSPX-103E26をそれぞれ左右チャンネルに分けてステレオ再生を楽しめる「ステレオモード」と、2台で同じ音を再生する「ダブルモード」の2種類の面白い機能を楽しめる。

気になる音質についてだが、従来モデルよりも音の抜けが良くなっている印象を受けた。特に低域については、スピーカーボックスの容量を増やした影響か、LSPX-103E26を聴いた後にLSPX-100E26Jを聴くと、LSPX-100E26Jはベールが1枚被ったこもった音に聞こえてしまうのだ。中高域が主張していた従来モデルのLSPX-100E26Jに比べると、全体的に重心が下がってバランスが整った感じだ。とはいえ、これはあくまでLSPX-103E26とLSPX-100E26Jの間の話。同価格帯のBluetoothスピーカーに比べると、若干物足りなさを感じるのも事実。ただ、Life Space UX のコンセンプトにある空間に溶け込んで使うLED電球スピーカーの利用用途を考えれば、十分役割は果たしてくれそうだ。

なお、今回はLSPX-103E26を2台用意してステレオモードも試してみた。こちらは設置場所と視聴する人の場所との関係にもよるが、ステレオを一番感じるポイントを見つけられるとかなり面白い。特に天井からステレオで音が降ってくる感覚はこれまで経験がなかったので、聴いてみてかなり新鮮だった。このほか、LED電球スピーカーを取り付けるフードの素材で音色だいぶ異なるのも面白かった。購入した際は、いろいろなものに取り付けて試してみるのも面白いかもしれない。

LED電球スピーカーを取り付けるフードの素材で音色だいぶ異なるので、いろいろ試してみると面白い

LED電球スピーカーを取り付けるフードの素材で音色だいぶ異なるので、いろいろ試してみると面白い

新機能の音楽連動モードが楽しい! Androidはウェイクアップタイマー機能も

LSPX-103E26は、スマートフォンのアプリを使うことで、さまざまな機能を利用できるのもポイントだ。なかでも、調色機能を活用した「音楽連動モード」が面白い。「Warm」「Cold」「Vivid」「Pastel」の4種類のプリセットモードや、自分好みにカスタマイズできる「カスタムモード」が用意されており、音楽のリズムや音量にあわせて、LED電球スピーカーの照明のカラーが次々に変わっていく。電球から音が出るだけでもかなりインパクトがあるのに、そのから再生される音に合わせて色が変わるなんて、一気に注目を集めること間違いなし。大人数のパーティとかは絶対に盛り上がれそうだ。

音楽連動モードでは、自分好みにカスタマイズできるカスタムモードも用意。表示するカラーの範囲を指定できるほか、何を基準にしてカラーを変化させるかといったことまで指定できる

アプリ側の機能としては、ベッドサイドで利用するのに便利な「スリープタイマー機能」も進化した。これまでは、タイマーの設定時間が60分の1種類固定だったが、新たに5分刻みで5〜180分の間で設定できるようになり、なかなか寝付けない日はタイマーを長めにセットするといった使い方ができるようになった。

5分刻みで5〜180分の間で設定できるようになったタイマー機能

5分刻みで5〜180分の間で設定できるようになったタイマー機能

このほか、あらかじめ設定した時間に照明を点灯して音楽を再生してくれる「ウェイクアップタイマー機能」も新たに追加。こちらは、現在のところAndroid端末のみでしか利用できないとのことで、iPhoneユーザーが利用できないのが残念だ。

目覚ましの代わりに、光と音で寝起きをサポートしてくれるウェイクアップタイマー機能。個人的には結構使えそうな機能だったのに、消費電力の関係でiPhoneで利用できないのは残念

まとめ

ソニーのLED電球スピーカーは、一般的な電球とほぼ同じサイズのコンパクトなボディを実現し、電球のフードカバーのサイズを気にせずに既存の電球を置き換えられるのがメリットだ。しかも、LSPX-103E26は従来モデルよりも明るさがアップしたことで、キッチンやリビングなど、生活空間の中で比較的明るい場所にある電球と入れ替えたときにも、違和感なく使えるようになった。スピーカーとしての音も、従来モデルより改善し、より自然に聴こえるようになり、生活空間を生かした音楽体験というLife Space UXのコンセプトにしっかり応えている。調色機能や音楽連動モード、ステレオモードなどもなかなかインパクトがあって面白かった。

価格については24,000円前後(税別)とアナウンスされており、他社製のLED電球スピーカーと比べるとかなり高価だ。しかし、LSPX-103E26でしかできないことがかなりあるので、本体のサイズ感や機能性に魅力を感じているのであれば、導入するのもアリだと思う。ベッドサイドやキッチンで手軽に音楽を楽しみたいけど、Bluetoothスピーカーを置く場所がどうしてもない、シンプルな部屋を邪魔するように置きたくないといったとき、LSPX-103E26は有力な選択肢になるはずだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る