ニュース
大画面でも曲面でも四隅までくっきりとピントが合う

キヤノンの業務用4Kプロジェクターにレーザー光源モデルがついに登場!

キヤノンは2016年11月8日、業務用4Kプロジェクターの新モデル「4K600STZ」を2017年4月上旬より発売すると発表した。キヤノンの4Kプロジェクターで初めてレーザー光源を採用した高画質・高輝度モデルとなる。市場想定価格は7,980,000円。

レーザー光源を採用した業務用の4Kプロジェクター「4K600STZ」

レーザー光源を採用した業務用の4Kプロジェクター「4K600STZ」

「4K600STZ」は、4K解像度の一般的な4K DCI規格(4096×2160ドット)を超える、最大4096×2400ドットの高解像度が投写可能な業務用プロジェクター。同社のネイティブ4Kビジネスプロジェクターの最上位モデルに位置し、光源に寿命20,000時間の青色レーザーダイオードを採用したモデルとなっている。医療やCADのワイヤーフレーム、バーチャルショールームなどの用途を想定した製品だ。

投写デバイスには4K LCOSパネルを搭載。スクリーンに投写できる最大サイズは600インチ。短焦点ズームレンズを採用しており、120インチのスクリーンなら2.7mの距離から投写できる。輝度はズーム全域で6000lmと明るい。

映像は独自開発の高性能エンジンによって、4Kの非圧縮映像を秒間60フレームで滑らかに再現。暗いシーンでも明暗をきれいに再現できるダイナミックコントラストは10,000:1を実現し、さらに輝度レベルを広げて肉眼に近い階調表示ができるHDR表示にも対応した。4K/8K放送の色域規格である「BT.2020」の入力も可能だ。色域はsRGBカバー率99%。映像入力は、DVI-D(DL)×4、HDMI×2。

従来のWUXGAのパネルに比べて4倍以上の画素を持つ4K LCOSパネル。有効画素数は983万画素で、画素ピッチは髪の毛とほぼ同じ4μmとなっている

本体側面に搭載されたインターフェイス。映像入力としてDVI-D(DL)×4とHDMI×1のほか、有線LANやオーディオジャックなども装備されている

同クラスのレーザー光源採用4Kプロジェクターで最小最軽量

光学システムには、コントラストを維持しながら高輝度を実現するキヤノン独自の「AISYS(エイシス)」を採用。加えて集光率の高いレンズを内蔵した新開発の「レーザー光源システム」を組み合わせることにより、6000lmという高輝度な4Kレーザープロジェクターとしては、比較的コンパクトにできている。同じクラスのプロジェクターでは重量30kg超えが一般的だが、本製品は26kgと軽めになっており、天吊りが行えるほか本体を立てて縦長に表示させることもできるなど、設置の自由度が高いのもポイントだ。

こうした小型化はコンパクトな照明光学系部によるもので、キヤノンによると競合他社製品が短辺長辺いずれも100mmオーバーであるのに対し、本製品では短辺80mm、長辺90mmといずれも短いという。また照明光学系を小さくすることで発熱を抑えることにもつながっており、ヒートシンクなどの冷却部も小型化されているそうだ。なお、駆動時の騒音は、標準:37dB、静音1:32dB、静音2:29dBとなっている。

光をムダなく集めるレンズを使用した新開発の「レーザー光源システム」と、独自の照明光学系「AISYS」を組み合わせている

照明光学系は、競合製品に比べてコンパクトにまとめられており、本体重量も軽くなっている

照明光学系は、競合製品に比べてコンパクトにまとめられており、本体重量も軽くなっている

高画質の証、レッドラインが入った4K対応短焦点ワイドズームレンズ

搭載しているレンズにもこだわっている。同社のデジタルカメラ用レンズ「Lレンズ」を思わせる「レッドライン」が入った高画質の短焦点ズームレンズを採用し、光学系のみで画像を歪ませない工夫をしている。

レンズは投写比1.0―1.3の短焦点ズームレンズ。外径79mm研削非球面レンズを含む大口径非球面レンズを2枚使用するうえ、UDガラスも2枚追加。被写界深度はF2.6と深いため、凸凹のある壁面などにもクッキリと投写できる。また、ドーム型スクリーン使用時においても、スクリーン全面でピントが得られる周辺フォーカス機能を搭載。四隅のピントが甘くなりやすいドーム型でも、鮮明な映像を楽しむことができる。

Lレンズと同じレッドラインが入った短焦点ズームレンズ

Lレンズと同じレッドラインが入った短焦点ズームレンズ

そのほかの機能面も充実している。2K(フルHD)映像の4Kアップスケーリングのほか、Wi-Fiを内蔵しており、スマートフォンからの操作も可能。また、最大9台までの複数台制御にも対応しており、設定値を同じネットワーク上にある別の同機種に簡単に書き換えできるなど、業務用時には役立つ機能も用意されている。

ちなみに、光源にランプを採用した業務用4Kプロジェクターの現行モデル「4K500ST」の後継機「4K501ST」も同時に発表されている。新たにHDMI 2.0に対応したのが特徴。こちらは、11月15日発売予定で、市場想定価格は5,980,000円。

光源にランプを採用した業務用4Kプロジェクター「4K501ST」

光源にランプを採用した業務用4Kプロジェクター「4K501ST」

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

関連記事
ページトップへ戻る