高速AF&高速連写、高機能な4K動画撮影が可能な姉妹モデル

ソニーの人気ミラーレス「α6500」「α6300」比較レビュー【手ブレ補正・画質編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のAF・連写のレビューに引き続き、ソニーの高性能ミラーレス「α6500」と「α6300」の比較レビューをお届けする。α6500の注目機能であるボディ内手ブレ補正の効果と、両モデルの画質の違いを検証した。あわせて両モデルの操作性の違いについてもレポートする。

左がα6500、右がα6300。α6500はボディ内手ブレ補正を搭載しながらもα6300と変わらないサイズのコンパクトボディとなっている

α6500のボディ内手ブレ補正の効果はどのくらい?

α6500とα6300の大きな違いとなるのが、α6500にはボディ内手ブレ補正が搭載されていることだ。α6500は、角度ブレ(Pitch/Yaw)、シフトブレ(X/Y)、回転ブレ(Roll)の5軸補正に対応する手ブレ補正を内蔵し、装着するあらゆるレンズで手ブレを抑えた撮影が可能。Aマウント用レンズなど手ブレ補正非搭載レンズの場合は、ボディ側で5軸補正が行われる(※一部レンズは3軸補正)。手ブレ補正搭載レンズと組み合わせる場合は、ボディ側でシフトブレと回転ブレの3軸、レンズ側で角度ブレの2軸に分けて5軸補正を行う仕組みだ。その補正効果は最高でシャッタースピード5段分相当で、非常に高性能な手ブレ補正となっている。

α6500は、レンズ側の手ブレ補正搭載・非搭載にかかわらず5軸補正が可能。いっぽうのα6300は、手ブレ補正搭載レンズを使用したときのみレンズ側での2軸補正が行える。性能と使い勝手の両方でα6500のボディ内手ブレ補正が上回るのは明らかだが、手ブレ補正搭載レンズを用いて、α6500の5軸補正(ボディ+レンズ)とα6300の2軸補正(レンズ)で補正効果にどのくらい差が出るのかを検証してみた。

検証は、レンズの焦点距離16mm(35mm判換算24mm)、70mm(同105mm)、300mm(同450mm)で行った。撮影は、両足で立ってリラックスした状態で体を静止して行い、カメラは胸の前あたりでホールドしている。1段ずつシャッタースピードを遅くしながら、α6500、α6300、α6300(手ブレ補正オフ)で10枚撮影。これを3回続けて(各シャッタースピードで計30枚の写真を撮って)、ピクセル等倍でチェックして手ブレが気にならない成功写真の枚数をカウントし、成功写真の割合を算出した。使用したレンズは、16mmが「Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS」、70mmと300mmが「FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS」。被写体までの距離は16mmと70mmでは3m程度、300mmでは5m程度とした。比較的近い被写体距離での検証となっている。

以下が検証の結果となる。


全体的にα6500の5軸補正(ボディ+レンズ)のほうが結果がよく、広角の16mmでは約3段分の補正効果となる1/3秒での成功率が高くなった。望遠側ではそれほどの違いはないが、70mmでも300mmでもα6500のほうが2〜4段分程度のところでの効果が少し高くなった。

ただ、今回の検証では、α6500において5段分相当という高い補正効果は出なかった。作例撮影を通しても、α6500のボディ+レンズでの5軸補正と、α6300のレンズ側での2軸補正に大きな差を感じることはなく、性能向上はあるものの、実際の撮影で結果に違いをもたらすほどのものではないというのが正直なところだ。ボディ内の5軸手ブレ補正というとオリンパスの「OM-D E-M1 Mark II」が驚異的な補正効果を実現しているが、α6500は、APS-Cサイズの大きな撮像素子を搭載していることもあってか、そこまでの性能ではないようだ。

あわせて、Aマウント用レンズ使用時の手ブレ補正についても検証を行ったので結果を掲載しておこう。Aマウント用レンズは手ブレ補正非搭載となり、α6500ではボディ側での5軸補正となる。検証は、マウントアダプター「LA-EA3」を使ってAマウント用レンズ「70-300mm F4.5-5.6 G SSM II」を使用して焦点距離300mmで行った。結果は、Eマウント用レンズの同じ焦点距離と比べたときとほぼ同じか若干上回る成功率となった。


こうした検証の結果を踏まえると、α6500のボディ内手ブレ補正は、5軸補正による性能向上よりも、手ブレ補正非搭載のレンズでも手ブレを抑えて撮れるのが、α6300にはない使い勝手での大きなポイントになると言えよう。カールツァイスブランドの単焦点レンズなど手ブレ補正機能を持たないEマウント用レンズ、ならびにAマウント用レンズで作品作りを行いたい方にとっては、ボディ内手ブレ補正によって手ブレを防げるのは、特に暗いところでの手持ち撮影において魅力を感じるはず。手ブレ補正の焦点距離を手動で設定することもできるので、マウントアダプターを使って他マウント用レンズを装着する場合にも最適な手ブレ補正効果が得られるのもうれしいところだ。

純正のマウントアダプター LA-EA3を使ってAマウント用レンズの70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIをα6500に装着したイメージ。α6500はボディ内手ブレ補正によってAマウント用レンズでも手ブレを抑えて撮ることができる

手ブレ補正の焦点距離を手動で設定することも可能

手ブレ補正の焦点距離を手動で設定することも可能

焦点距離16mm(35mm判換算24mm)、シャッタースピード1/6秒で手持ち撮影した作例。手ブレを抑えて撮ることができた
α6500、16mm、1/6秒、F5、ISO2500、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:ビビッド、画質モード:JPEGエクストラファイン、Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
撮影写真(6000×4000、14.5MB)

日没前に焦点距離300mm(35mm判換算450mm)、シャッタースピード1/25秒で手持ち撮影。およそ4.5段分程度の補正効果がないと手ブレを抑えられない設定だが、10枚ほど撮って1枚手ブレのない写真になった
α6500、300mm、1/25秒、F8、ISO100、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:ビビッド、画質モード:JPEGエクストラファイン、FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G
撮影写真(6000×4000、13.0MB)

Aマウント用レンズ70-300mm F4.5-5.6 G SSM IIを使用。焦点距離300mm(35mm判換算450mm)でクラゲを大きく撮っている。シャッタースピードが1/40秒なのでわずかに被写体ブレはあるものの手ブレは補正できている
α6500、300mm、1/40秒、F5.6、ISO6400、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:ビビッド、画質モード:JPEGエクストラファイン、70-300mm F4.5-5.6 G SSM II
撮影写真(6000×4000、11.7MB)

α6500は、静止画だけでなく動画撮影時にも5軸の手ブレ補正が有効。4K/24pに設定して、広角での歩き撮り(焦点距離16mm)、50mmでの手持ち撮影、300mmでの手持ち撮影で、α6500の5軸補正(ボディ+レンズ)とα6300の2軸補正(レンズ)の効果をチェックしてみたが、両モデルにあまり違いはなかった。結果は以下の動画を見ていただきたい。広角での歩き撮りでα6500のほうがわずかに手ブレが小さく感じるものの、大幅な性能向上を実感できるものではないと思う。

なお、手ブレ補正とは関係のないところだが、広角での歩き撮りの動画を見るとローリングシャッターによる歪みについても大きな改善はないようで、α6500、α6300ともにカメラを動かすと歪みが目立つ。両モデルとも、三脚を使ってゆっくりパンするような撮り方であれば許容範囲だが、手持ちでカメラをすばやく動かしながらの撮影だとクオリティ面で少々厳しいところがあると思う。

※E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを装着したα6500とα6300をプレートに取り付けてXAVC S 4K/24p/100Mbps、16mm、プログラムオート、感度:オート、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:スタンダードの設定で撮影。左にα6500、右にα6300の撮影動画を並べた。

画面左(α6500)の撮影動画
画面右(α6300)の撮影動画

※E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを装着したα6500とα6300をプレートに取り付けてXAVC S 4K/24p/100Mbps、50mm、シャッタースピード優先、1/50秒、感度:オート、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:スタンダードの設定で撮影。左にα6500、右にα6300の撮影動画を並べた。風切り音が強いため音声はオフにしている。

画面左(α6500)の撮影動画
画面右(α6300)の撮影動画

※FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS を装着したα6500を使ってXAVC S 4K/24p/100Mbps、300mm、プログラムオート、感度:オート、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:スタンダードの設定で撮影。300mmの検証ではα6500とα6300の同時撮影を行っていないため個別動画の掲載となる。

※α6500と同じ設定にしてα6300で撮影した動画。300mmの検証ではα6500とα6300の同時撮影を行っていないため個別動画の掲載となる。

あわせて、広角での歩き撮りについてはα6500の5軸補正(ボディ+レンズ)と補正オフ(α6300を使用)でも撮り比べたので参考に動画を掲載しておこう。

※E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSを装着したα6500(手ブレ補正オン)とα6300(手ブレ補正オフ)をプレートに取り付けてXAVC S 4K/24p/100Mbps、16mm、プログラムオート、ホワイトバランス:オート、Dレンジオプティマイザー:オート、クリエイティブスタイル:スタンダードで撮影したもの。左にα6500、右にα6300の撮影動画を並べた。プログラムオートで撮ったこともあり、若干フリッカーが発生している。

画面左(α6500手ブレ補正オン)の撮影動画
画面右(α6300手ブレ補正オフ)の撮影動画

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
レビュー最新記事
レビュー記事一覧
2017.8.18 更新
ページトップへ戻る