魚群の探知/誘導機能を搭載する水中ロボットで釣りがさらに楽しくなる!

釣り人必見! 潜水ドローン「PowerRay」、日本上陸!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月16日、ロボットメーカーのPowerVision Groupが、潜水ドローン「PowerRay」を発表。同日より、同社の公式ホームページで予約受付を開始した。

通信ケーブルをつないだまま最大深度30mまで潜水できる「PowerRay」

4K画像をリアルタイムで転送する通信ケーブルをつないだまま、最大深度30mまで潜水できる「PowerRay」

「PowerRay」は、潜水して水中を撮影するためのドローン。本体前部に視野角95°の4Kカメラを搭載し、スマホで1080p映像を即時レビューしたり、写真(1200万画素)や動画(4K/30fps)を撮影できたりする。操作はスマホと接続した専用コントローラーを使用。また、下部に備え付けられた球体の魚群探知機「PowerSeeker」が、魚群分布や水中温度などの情報を取得。さらには、誘導灯を発光して魚を引きつけるなど、釣りにもってこいの機能が満載だ。本体のサイズは、約270(幅)×465(奥行)126(高さ)mmで、重量は約3.8kg。

価格は下記の通り。

エントリーモデル
「PowerRay」EXPLORER 168,000円(税別)
[同梱物]「PowerRay」/ベースステーション/トランスミッター/コントローラー/充電器/ACケーブル/通信ケーブル50m 
※動画の保存容量は32GB


ミドルモデル
「PowerRay」ANGLER 208,000円(税別)
[同梱物]「PowerRay」/ベースステーション/トランスミッター/コントローラー/充電器/ACケーブル/通信ケーブル50m/「PowerSeeker」/釣り餌投下機 
※動画の保存容量は32GB


ハイエンドモデル
「PowerRay」WIZARD 218,000円(税別)
[同梱物]「PowerRay」/ベースステーション/トランスミッター/コントローラー/充電器/ACケーブル/通信ケーブル70m/「PowerSeeker」/釣り餌投下機/スーツケース/VRゴーグル 
※動画の保存容量は64GB

中央上が「PowerRay」。本体下部に見える球体状のものが魚群探知機「PowerSeeker」だ。写真左がVRゴーグル、中央下がトランスミッター、右がコントローラー

コントローラーにタブレットやスマホを接続して、カメラの映像を見ながら操作ができる

コントローラーにタブレットやスマホを接続して、カメラの映像を見ながら操作ができる

発表会時には「PowerRay」がどのように潜行するのかを披露。その際に撮影した下記の動画から、「PowerRay」は前進/後進/上昇/下降ができ、細かな動きも得意なことがわかる。速度は高/中/低速の3モードがあり、1〜4時間連続潜行。最大前進速度は時速約7.2kmだ。

釣りやマリンスポーツに最適

「PowerRay」は、前述の魚群探知機「PowerSeeker」を搭載することで釣りをスマートに楽しむことができるドローンだが、さらにオプション機能として、本体前部に釣り餌投下機を設置することが可能。スマホで水中の映像を見ながら、餌を理想の場所に配置できるのだ。

「PowerSeeker」は取り外して単独での使用も可能

「PowerSeeker」は取り外して単独での使用も可能

釣り餌投下機は、ANGLERとWIZARDモデルに同梱される

釣り餌投下機は、ANGLERとWIZARDモデルに同梱される

釣り以外の楽しみ方もある。WIZARDモデルに同梱されるVRゴーグルを使えば、「PowerRay」が視野角95°の4Kカメラで撮影した映像をライブで鑑賞できる。地上にいながら臨場感たっぷりのダイビング映像が楽しめるというわけだ。ちなみに、VR映像で海の中を見ながらの斬新な釣りも可能だ。

同梱されるVRゴーグルは、カールツァイスの「VR ONE Plus」の特別エディションを採用。ちなみに「VR ONE Plus」は価格.com最安価格で14,580円(税込)だ

まとめ

水中で撮影できる4Kカメラや360°カメラは各メーカーから発売されているが、自分で潜って撮影しなくてはならないハードルの高さがあった。確かに「PowerRay」であれば、誰でも簡単に海中を遊泳する4K動画が撮影できそうだ。とはいえ、そのためだけに同機を買うという人は少ないだろう。やはり、趣味として本格的に釣りをするユーザーにこそ、価値のあるモデルと言える。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.15 更新
ページトップへ戻る