レビュー
ただのコンパクトなエントリー機ではなかった!

キヤノン「EOS Kiss M」で世界遺産を撮影&100万円超のレンズでレース撮影に挑む

EOS Kiss Mをレース取材でフル活用してみる

タイ・ブリーラムのチャン・サーキットで開催された、SUPER GT第4戦でEOS Kiss Mを使ってみました

タイ・ブリーラムのチャン・サーキットで開催された、SUPER GT第4戦でEOS Kiss Mを使ってみました

実は、筆者は観光が目的でタイに行ったわけではありません。本業のモータースポーツジャーナリストとして、バンコクから400kmほど東にある、ブリーラムで開催された「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 4 Chang SUPER GT RACE」の取材のために、タイへと渡ったのです。

SUPER GTでEOS Kiss Mを試すと、果たしてどうなるのでしょうか

SUPER GTでEOS Kiss Mを試すと、果たしてどうなるのでしょうか

その取材現場でも、EOS Kiss Mを使ってみました。ここでは、前半で紹介した旅行スナップとは違った、EOS Kiss Mの新機能と魅力について触れてみたいと思います。

報道陣が、ポールポジションを決めた武藤英紀選手へと群がります。そんな場面では、バリアングル液晶が活躍します

SUPER GT第4戦では、MOTUL MUGEN NSX-GTがオーバーオールのポールポジションを獲得しました。そのポールポジションを決めた武藤英紀選手がピットへと戻ってくると、報道陣が我先にと集まってきます。そこで活躍したのが、「バリアングル液晶」です。

バリアングル液晶を使って思いきり手を上に伸ばし、集まってきた報道陣の頭越しにフレーミングします。そして液晶画面でタッチシャッターを切ると、武藤選手へ正確にフォーカスしています。

そして、EF-M15-45 IS STM レンズはワイド端から少しだけテレ寄りの18mmとして撮影していますが、絞りがほぼ開放に近いf4ともなればかなり背景もボケて、被写体の武藤選手がくっきりと浮かび上がっています。

EOS Kiss Mの「瞳AF」は、ヘルメットバイザーやフロントガラスの上からでも道上選手の瞳を捕らえました

EOS Kiss Mの「瞳AF」は、ヘルメットバイザーやフロントガラスの上からでも道上選手の瞳を捕らえました

撮影モデルは、左からModulo Smileの安藤麻貴さん、Modulo Prettyのはるまさんと生田ちむさんです

撮影モデルは、左からModulo Smileの安藤麻貴さん、Modulo Prettyのはるまさんと生田ちむさんです

撮影モデルは、SACHSタイのキャンペーンガールです

撮影モデルは、SACHSタイのキャンペーンガールです
撮影したオリジナル写真(4000×6000 pixel、6.83MB)を見る

人物描写においても、EOS Kiss Mはすぐれていると言えるでしょう。肌の発色や明暗のバランスなどは、上級の一眼レフに引けをとることはありません。また、「瞳AF」などの機能により、正確に顔にピントが合うことも、人物写真を撮るのにすぐれている点です。EOS Kiss Mは、元々のコンセプトが「家族のための一眼カメラ」というKissブランドですから、人物描写にすぐれているのは当然とも言えます。

EOS Kiss Mに「EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM」レンズを装着して撮影

EOS Kiss Mに「EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM」レンズを装着して撮影

EOS Kiss Mに「EF-M15-45 IS STM」レンズを装着して撮影

EOS Kiss Mに「EF-M15-45 IS STM」レンズを装着して撮影

また、EF-M15-45 IS STMというレンズがどれだけゆがみが少ないかの比較として、マウントアダプターを使ってEF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMでも撮影してみました。浴衣の写真がEF-S、ピットのレーシングカーの写真がEF-Mを付けての撮影結果となります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る