イベントレポート
ニコンのF0.95レンズやソニーの135mm F1.8レンズなどが話題

「CP+2019」で見かけた注目の新製品【レンズ編】

カメラボディ編」に続いて、「CP+2019」取材レポートの「レンズ編」をお届けしよう。開発中のものを含めて、気になった新製品の中から特に注目度の高いものをいくつかピックアップして紹介する。

開放F0.95を実現する超話題レンズを手に取って試せた
ニコン「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」

今年のCP+でお目見えしたレンズの中で最も注目度が高いのは、ニコンの「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」だ。昨年8月、フルサイズミラーレス「Zシリーズ」がリリースされた際にあわせて開発発表が行われた製品で、ニコン史上最高となる開放F0.95という明るさを実現したMFレンズである。今回そのスペックがいくつか発表になっており、レンズ構成は10群17枚のダブルガウス型。高精度かつ自由度の高い研削非球面レンズを新たに使用するほか、ナノクリスタルコート以上の威力を発揮するアルネオコートも採用している。鏡筒のほぼすべての部品に金属を使用することで、レンズのガタつきを徹底的に抑えているという。

開放F0.95を実現するレンズとして話題のNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

開放F0.95を実現するレンズとして話題のNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコンのブースではこのレンズのタッチ&トライコーナーが用意されていた。超大口径のMFレンズということで三脚に固定した状態で操作できるようになっていて実際に試してみたが、標準域の画角のレンズながら数メートル程度距離のある被写体を撮る場合でもピント面が非常に薄く、背景が大きくボケるのはこれまでにない感覚だった。何枚か試しにシャッターを切ってみたが正確にピントを合わせるのは非常に難しかった。また、フォーカスリングの回転角が大きく、無限遠から最短撮影距離まででほぼ360度だったことも報告しておきたい。使用シーンを選ぶレンズではあるが、「Z マウントシステム」を象徴するレンズになるのは間違いない。現在開発中で発売は未定となっているが、正式な登場が楽しみなレンズだ。

横から見ると大きな単焦点レンズであることがわかるだろう。側面にはレンズFnボタンが備わっている

横から見ると大きな単焦点レンズであることがわかるだろう。側面にはレンズFnボタンが備わっている

絞り値や撮影距離を確認できる表示パネルも搭載している

絞り値や撮影距離を確認できる表示パネルも搭載している

最短撮影距離は0.45m程度。無限遠から最短撮影距離までは360度に近い回転角となっている

最短撮影距離は0.45m程度。無限遠から最短撮影距離までは360度に近い回転角となっている

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのカットモデルも展示されていた。レンズ構成は10群17枚のダブルガウス型

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのカットモデルも展示されていた。レンズ構成は10群17枚のダブルガウス型

4月登場のZマウントレンズがタッチ&トライコーナーに登場
ニコン「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」

ニコンはNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのほかに、NIKKOR Zレンズの新製品として、大口径・標準ズームレンズ「NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S」と、超広角ズームレンズ「NIKKOR Z 14-30mm f/4 S」を展示。いずれも4月発売予定だ。

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sは、2組のAF 用駆動ユニットの連携で2つのフォーカス群の位置をミクロン単位で厳密に制御する「マルチフォーカス方式」を採用し、近距離を含めて高い解像力を発揮するのが大きな特徴。さらに、Zマウントレンズとして初めてコントロールリングとあわせてフォーカスリングを搭載することと、絞り値・撮影距離などの撮影情報が確認できる情報パネルをNIKKORレンズで初めて採用するのも特徴となっている。メーカー希望小売価格は305,500円(税別)。

開放F2.8通しの標準ズームレンズNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S。マルチフォーカス方式など新しい技術を多く搭載する製品だ

NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sは、EDレンズ4枚、非球面レンズ4枚という贅沢なレンズ構成を採用しながらも、沈胴機構を採用するなどの工夫により重量約485gの小型・軽量化を実現。焦点距離14mm対応の超広角ズームレンズながらフィルターを装着できるのも特徴だ。メーカー希望小売価格は169,500円(税別)。

小型・軽量なのが魅力の広角ズームレンズNIKKOR Z 14-30mm f/4 S

小型・軽量なのが魅力の広角ズームレンズNIKKOR Z 14-30mm f/4 S

いずれもこれまでのFマウントレンズにはない特徴を持つ製品となっているが、タッチ&トライコーナーで実機に触った限りでは、特にNIKKOR Z 14-30mm f/4 Sが面白いレンズだと感じた。重要約485gの鏡筒は、APS-C用の広角ズームレンズではないかと思うくらい軽く、非常に軽快に撮影ができそうだと感じた。フィルターワークに対応しているのもポイント。Zシリーズユーザーなら持っておいて損のない1本ではないだろうか。

ニコンは2019年〜2020年に登場するZマウントレンズのモックも展示していた

ニコンは2019年〜2020年に登場するZマウントレンズのモックアップも展示していた

ニコンのブースでは、5月公開予定のファームウェアアップデートによってZシリーズに追加される予定の「瞳AF」の動作もチェックできた。AF-C連写に対応し、左目・右目はサブセレクターで切り替えることが可能。被写体が遠くにいる場合だと瞳の認識率が低いのが少し気になったが、開発中の現時点でも十分な性能を持っていると感じた

静粛・高速AFと美しいボケ味が特徴の大口径・望遠レンズ
ソニー「FE 135mm F1.8 GM」

ソニーは、先日発表したばかりのEマウント用単焦点・望遠レンズ「FE 135mm F1.8 GM」をいち早く展示。このレンズは、高性能な「Gマスター」ブランドの新モデルで、開放F1.8の大口径によるボケ描写を特徴とする。

Gマスターとしては9本目となるFE 135mm F1.8 GM

Gマスターとしては9本目となるFE 135mm F1.8 GM

Gマスターらしく、ボケのシミュレーション技術と大口径超高度非球面「XA(extreme aspherical)」レンズを採用し、高い解像力と美しいボケ味を両立している。加えて、2つのフォーカス群の双方にソニー独自の「XD(extreme dynamic)」リニアモーターを2基ずつ、計4基を搭載したフローティングフォーカス機構を採用し、静粛かつ高速なAFが可能となっている。ソニーのブースでは、このレンズを使ってポートレート撮影を試すことができたが、焦点距離135mmのレンズとしてはAFが非常に速く、またAF駆動の際に発生する振動が少ない。重量は950gとそれなりの重さはあるが、使用感にすぐれる望遠レンズだと感じた。大口径の望遠レンズらしく、とろけるようなボケ味も印象に残った。特にポートレートやブライダルの撮影で威力を発揮するレンズになりそうだ。4月19日の発売で、メーカー希望小売価格は235,000円(税別)となっている。

フォーカスホールドボタンを2つ搭載。フォーカスレンジリミッター、絞りリング、クリック切り換えスイッチも備わっている

2019年中頃登場予定の3本の重量サンプルを展示
タムロン「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD」「SP 35mm F/1.4 Di USD」「17-28mm F/2.8 Di III RXD」

タムロンのブースでは発売中の最新モデルを手に取って試すことができたが、参考出品として展示されていた開発中の3本も大きな注目を集めていた。フルサイズ一眼レフ対応のズームレンズ「35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD (Model A043)」と単焦点レンズ「SP 35mm F/1.4 Di USD (Model F045)」、フルサイズ対応のソニーEマウント用大口径・超広角ズームレンズ「17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)」の3本だ。いずれも2019年中頃の発売予定で価格は未定。

左から35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD、SP 35mm F/1.4 Di USD、17-28mm F/2.8 Di III RXD

左から35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD、SP 35mm F/1.4 Di USD、17-28mm F/2.8 Di III RXD

これら3本は、試写できる実機はなかったものの、重さを確認できる重量サンプルを手に取ることができた。なかでも特に興味深いと感じたのは35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD。カバーする焦点距離がユニークだが、これはポートレート撮影に最適化した設計を採用したため。ポートレート撮影の基本となる85mmで光学性能がピークになるように設計しており、広角は35mmまで、望遠は150mmまでとすることで、1本で全身からバストアップ、クローズアップまで対応できることをウリにしている。重量サンプルを持った感じはそれほど重くなく、軽量な望遠ズームレンズくらいの重さだと感じた。

タムロンのブースでは3本それぞれの重量サンプルが用意されており、重さを確認することができた

タムロンのブースでは3本それぞれの重量サンプルが用意されており、重さを確認することができた

その他注目の展示

キヤノンは、「RF70-200mm F2.8 L IS USM」や「RF15-35mm F2.8 L IS USM」など開発中の「RFレンズ」のモックアップを展示。正式な発表はまだ先のようで今回は実機を試すことはできなかった

オリンパスは、1.25倍テレコンバーター内蔵の望遠ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 150-400mm F4.5 TC1.25x IS PRO」(2020年発売予定)と、2倍のテレコンバーター「M.ZUIKO DIGITAL 2x Teleconverter MC-20」(2019年夏発売予定)のモックアップを展示

シグマのブースには、今後順次登場する予定の、「Artライン」レンズのLマウント版がケースの中に並んでいた。SAマウントもしくはEFマウントのシグマレンズをLマウントに装着できる「MC-21」(2019年春の発売予定)も展示していた

コシナのブースでは、4月の発売が決定した、Eマウント版の小型・軽量なF1.2レンズ「NOKTION 50mm F1.2 Aspherical」を手に取ることができた。カールツァイスやフォクトレンダーも含めて、Eマウントには標準域のレンズが数多く用意されているが、このレンズの追加によってさらに選択肢が増えることになる

KIPONは、キヤノンEFレンズをニコンZマウントミラーレスに装着できるAF対応マウントアダプター「CANIKON」を参考出品。キヤノンのAFレンズをニコンのカメラに付けてAFを利用できるのは世界初となる。発売日や価格などは未定とのこと

焦点工房は、ソニーEマウントレンズをニコンZマウントミラーレスに装着できるAF対応の「TECHART TZE-01」を展示。ブースでは「FE 55mm F1.8 ZA」を装着して試すことができたが、AFは十分な速度だと感じた。発売は2019年6月で、メーカー希望小売価格は25,000円(税別)。なお、展示品は真鍮製でゴールドだが実機はシルバーになるとのこと

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る