ニュース
手軽に楽しめる折りたたみ機構を備えた小型軽量ドローン

憧れの空撮がグッと身近に! DJIが軽量199gのドローン「Mavic Mini」を発表

民生用ドローンで世界最大のシェアを持つ“空の絶対王者”ことDJIが、新型のドローン「Mavic Mini(マヴィック・ミニ)」を2019年10月31日に発表しました。このお披露目イベントが東京で行われたので、イベントの様子とあわせて「Mavic Mni」の詳細をレポートします。

なお、「Mavic Mini」はすでにDJIの公式ストアなどで購入が可能。公式ストアの販売価格は標準モデルの「Mavic Mini」が46,200円(税込)、「Mavic Mini Fly More コンボ」が59,400円(税込)、デコレーション用の「Mavic Mini DIY クリエイティブキット」が1,430円(税込)です。

航空法が定める「小型無人機」を1g下回る重量の「Mavic Mini」

航空法が定める「小型無人機」を1g下回る重量の「Mavic Mini」

「Mavic Mini」日本発表イベントレポート

DJIのティザーサイトやツイッターには「“誰もが、空へ。さあ、その時へ。」と書かれていたことからも推測できるように、今回発表された「Mavic Mini」はエントリーユーザー向けの製品です。

メディア関係者らが集まった発表会場

メディア関係者らが集まった発表会場

ガチプロ向けの製品ではないので、会場の雰囲気も親しみやすいカジュアルな印象でした

ガチプロ向けの製品ではないので、会場の雰囲気も親しみやすいカジュアルな印象でした

会場で配布された「安全にフライトを楽しむために」と書かれた資料には、航空法などの関連法規を守りドローンを飛行させるための情報がわかりやすくまとまっていました。DJIがドローンを安全に使ってもらうために、細かいところにも気を配っていることがうかがえます

なお、DJIが公開しているドローンの安全利用に関する情報は、以下のページからご覧いただけます。

Flysafe|DJI

「Mavic Mini」のお披露目の瞬間。海外モデルが249gなのに対して、日本モデルは199g。実物を見るとその小ささに改めて驚かされます

バッテリーの最長飛行可能時間はメーカー公称で約18分とのこと。日本モデルはバッテリーの重量を減らして199gに収めるようにしており、海外モデルより飛行可能時間が短くなっています

専用アプリからワンタップでプリセットの飛行&撮影モードを呼び出せる機能は「Mavic Mini」でも使用可能

専用アプリからワンタップでプリセットの飛行&撮影モードを呼び出せる機能は「Mavic Mini」でも使用可能

DJI公式の「Mavic Mini」紹介動画

会場で公開された「Mavic Mini」の公式プロモーション動画はYouTube でも見られます。

DJI「Mavic Mini」フォトレビュー

会場には複数のデモ機が並び、取材陣の注目を集めていました。手に取った人たちの感想は、やはり「軽いっ!」というものがほとんど。メカっぽいフォルムから想像されるよりも軽く、持ち上げると拍子抜けするほどの重さしか感じません。たとえるなら、6インチクラスのスマートフォンよりも少し重い程度という感じです。

DJI「Mavic Mini」の展示コーナー

DJI「Mavic Mini」の展示コーナー

ベーシックキットともいえる「Mavic Mini」は46,200円(税込)

ベーシックキットともいえる「Mavic Mini」は46,200円(税込)

バッテリーチャージャー、セミハードケース、プロペラガードなどがセットになった「Mavic Mini Fly More コンボ」は59,400円(税込)

デコレーション用の「Mavic Mini DIY クリエイティブキット」は1,430円(税込)です。もちろんドローン本体は含まれません

「Mavic Mini」は、折りたたんだ状態だとポケットにすっぽり入ってしまうほどのサイズ

「Mavic Mini」は、折りたたんだ状態だとポケットにすっぽり入ってしまうほどのサイズ

折りたたむと完全に手乗りサイズです。「Phantom」シリーズのような中型のドローンを旅行に持ち出すにはそれなりに気合が入りますが、「Mavic Mini」ならとりあえずカバンに入れておくか、と思えるくらいのコンパクトさです

展開時の「Mavic Mini」。サイズや重量こそ違えど、デザインテイストは兄弟モデルの「Mavic Pro」シリーズとよく似ています

上位モデルとは異なり、センサーが搭載されているのは底面のみ。前方、後方、左右、上方などの障害物を検知して回避することはできません

カメラを載せるジンバルは上位モデルと同じ3軸。デモ映像では安定したブレのない動画が撮れていましたが、軽量になればなるほど風の影響は受けやすくなるため、屋外での飛行させた際にどうなるかは実際に試してみないとわからないところ

コントローラーはほかの「Mavic」シリーズと共通の仕様のため、同シリーズのユーザーであれば違和感なく使いこなせるはず。なお、アプリは「DJI Fly」が新しく用意されており、ほかのDJI製ドローンとは違うアプリを使うことになります

日本仕様DJI「Mavic Mini」の主なスペック

日本の航空法では「200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く」機体が「無人航空機」とされ、多くのドローンは無人航空機の範疇に含まれます。しかし、その重量の下を気合い(?)で潜り抜けてきたのがDJI「Mavic Mini」です。

収納時のサイズ: 140(縦)× 82(横)×57(厚さ) mm
展開時のサイズ: 245(縦)× 290(横)× 55(厚さ) mm
本体重量:199g
上昇速度:4m/秒(スポーツモード時)
飛行速度:13m/秒(スポーツモード時)
操作可能距離:最長約2km
飛行時間:約15分
カメラ:1,200万画素1/2.3インチCMOS、35mm版換算24mm/f2.8レンズ
動画:2.7K(2720×1530、25/30fps)、フルHD(1920×1080、 25/30/50/60fps)

※上記スペックはすべてメーカー公称値
 ※日本モデルと海外モデルでは一部仕様が異なります

なお、航空法が定める「小型無人機」ではないからと言って、どこでも自由に飛ばせるというわけではないので注意が必要です。一例として「小型無人機等飛行禁止法」が飛行禁止するエリアでの飛行はドローンの重量に関わらず飛行をさせてはいけませんし、他人の私有地上空を飛ばす場合も無許可だとトラブルに発展する可能性があるなど、注意すべきことは少なくありません。

【参考】
小型無人機等飛行禁止法

無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール

DJI「Mavic Mini」発表会の感想

わずか数年前まではマニアックなジャンルだったドローンですが、昨今ではSNS動画のブームもありユーザーの裾野を広げつつあるように思えます。少なくとも、各メーカーはVloggerやインスタグラマーを主要なターゲットにしつつあることは間違いないでしょう。

そんなトレンドを受けて登場した「Mavic Mini」は気軽に持ち運べて、手軽に使えるドローンとしてちょうどいいバランスを実現している製品です。

YouTubeなどで動画を公開している筆者としては、「4K 24fpsやフルHDのハイフレームレート撮影(スローモーション)がないのは残念だなぁ」と思いますが、お財布にやさしい価格とあわせて考えると「これが2019年時点の限界なのだろうな」というようにも感じます。

というわけで、上位モデルを使用するヘビーユーザーの方々は、「Mavic Mini」だと物足りないかもしれませんが、これからドローンを始めようと思っている方や、手軽に使えるモデルが欲しかった方は、真っ先にチェックするべきドローンです。

Mr.TATE(Masahira TATE)

Mr.TATE(Masahira TATE)

世界50カ国以上を旅したバックパッカー。週間アスキー編集部などを経て、AppBankに入社。「バイヤーたてさん」として仕入れとYouTubeを活用したコンテンツコマースに取り組み、上場時は広報として企業PRを担当。現在はフリーランスで活動中。

関連記事
価格.comマガジン タイムセール
ラジコン・ロボットのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る