ニュース
FPVゴーグル「DJI GOGGLES V2」も登場

DJIが新型ドローン「DJI FPV」を発表。時速140kmの高速飛行を実現

DJIは2021年3月2日に新型ドローン「DJI FPV」を発表しました。最高時速140kmの高速飛行を可能にし、付属するFPVゴーグル「DJI GOGGLES V2」を使用することで鳥のような飛行体験を実現すると言います。

公式サイトの販売価格は154,000円(税込)

公式サイトの販売価格は154,000円(税込)

組み立て不要&モジュラー式でパーツの交換が簡単に

「DJI FPV」は、同社の小型ドローン「Mavic mini」のような折りたたみ機構ではなく、固定アームを搭載。ジンバルなどの各種パーツは、モジュラー式になっており、故障時でも簡単に交換できるようになっています。

羽根3枚のプロペラを4基搭載し、機体の前方には1軸ジンバルにマウントされた、1200万画素、2.3インチCMOSセンサーを搭載するカメラを備えます。カメラは広角150°で、機体前方から広大な景色を収めることが可能。最大4K/60pの撮影に対応するほか、電子手ブレ補正に加え、EIS(電子式映像ブレ補正)と複雑なアルゴリズムを組み合わせた「RockSteady」に対応します。

機体底面には前方の障害物を検知するビジョンセンサー、ToFに加え、地面を照らすためのLEDを搭載。また、アーム部分にもLEDが搭載されており、色や光り方などがカスタマイズ可能です。

基本スペックは、最大速度が時速140km、最大上昇速度が秒速15m、最大下降速度が秒速10m(Sモード時)。従来の「Mavic」シリーズと比較して、約3倍の飛行性能を備えるとのことです。バッテリーは2000mAhで、約20分の飛行が可能になっています。

「DJI FPV」には「DJI FPV リモートコントローラー2」が付属。左右のスティックによる直感的な操作ができるほか、緊急停止ボタン、SNMモード切替ボタン、ジンバルの上下調整、録画ボタン、ジンバルの方向切替ボタン(上/中/下段)、クルーズコントロール(速度維持)を搭載。後述のFPVゴーグル「DJI GOGGLES V2」の使用を前提としているため、「DJI FPV リモートコントローラー2」にスマートフォンを装着してカメラからの映像をリアルタイムで確認することはできません。

また、手を傾けるだけで機体を操作できる「モーションコントローラー」もオプション品として発売されます。

「DJI FPV」のカメラからの映像を受信して映し出す新型FPVゴーグル「DJI GOGGLES V2」は、伝送システム「DJI O3(OcuSync 3.0)」に対応し、最大伝送距離が6km、最大ビットレートが50Mbps、レイテンシーが28m/s。最大144Hz駆動、2インチのディスプレイを備え、バッテリー駆動時間は最大110分となっています。

ユーザーの熟練度に応じた3つのフライトモードを搭載

「DJI FPV」には、ユーザーの熟練度に応じて使い分けられる3つのフライトモードが搭載されており、「DJI FPV リモートコントローラー2」のボタンで切り替え可能です。「Nモード」は、ホバリングするほかのDJI製ドローンと同一の機体制御が行え、最高飛行速度は時速54km。障害物検知機能も搭載されています。これより、ひとつ難度が高いのが「Sモード」。Nモードの機体制御をある程度残しつつ高速飛行を可能にするモードで、最高飛行速度は時速97kmです。

そして、「DJI FPV」の目玉となるのが完全マニュアル操作の「Mモード」です。最高飛行速度は時速140kmで、使いこなすには高い操作スキルが求められます。しかし、操作スティックを倒しすぎたときに機体が反転するのを防ぐ、姿勢制御機能が搭載されています。
どの飛行モードでも、「クルーズコントロール」という機能が利用でき、これを起動すると現在の飛行速度を維持してくれます。そのため、ユーザーは上下左右の操作にのみ集中することが可能です。

また、「DJI FPV リモートコントローラー2」の緊急停止ボタンを押すと、数秒以内に機体が停止し、その場でホバリングを行います。

FPVの操作に慣れていないユーザー向けには、「DJI Virtual Flight」という機能が提供されます。これは、「DJI GOGGLES V2」と「DJI FPV リモートコントローラー2」を使い、実際の飛行前に仮想空間で練習できる機能です。

スマートフォン向けには「DJI Fly」というアプリが提供され、「DJI GOGGLES V2」と有線で接続することで「DJI FPV」からのライブ映像を表示するほか、撮影した動画の編集を行うことも可能です。

ただし、「DJI FPV」と「DJI GOGGLES V2」を使用する飛行については、航空法の「承認が必要となる飛行の方法」にある「目視外飛行」に当たるため、国土交通局へ承認申請を行い航空局長の承認を得る必要があります。実際に使用する際は、必ず事前に承認申請を行ってから利用してください。

なお、「DJI FPV」本体、「DJI GOGGLES V2」、「DJI FPV リモートコントローラー2」、その他アクセサリー類が付属する「DJI FPVコンボ」は2021年3月2日に発売。公式サイトでの販売価格は、154,000円(税込)です。

「DJI FPVコンボ」

「DJI FPVコンボ」

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ラジコン・ロボットのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る