レビュー
超望遠性能と小型・軽量を両立した「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」

富士フイルムXシリーズで超望遠を手軽に楽しむならコレ! 最新の超望遠ズームレンズをレビュー

「フジノンレンズ XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」(以下、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR)は、2021年3月18日に発売になった、富士フイルム純正の超望遠ズームレンズ。APS-Cサイズの撮像素子を採用するミラーレスカメラ「Xシリーズ」用の交換レンズ「XFレンズ」の新製品で、超望遠性能と小型・軽量を両立したのが特徴です。今回、ボディ内手ブレ補正搭載のAPS-Cミラーレスとしてはクラス最軽量級となる「FUJIFILM X-S10(以下、X-S10)」にこのレンズを装着して、「小型・軽量で高画質な超望遠システム」を試してみました。

X-S10にXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを装着したイメージ。超望遠撮影を手軽に楽しめる組み合わせです

X-S10にXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを装着したイメージ。超望遠撮影を手軽に楽しめる組み合わせです

充実した性能を持つ小型・軽量設計の超望遠ズーム。テレコン装着にも対応

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRの特徴を紹介する前に、まず、Xマウント用の望遠ズームレンズのラインアップを整理しておきたいと思います。XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRが登場する前は、以下の4本のラインアップでした。

XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II
キットレンズとしても展開されている普及タイプの望遠ズームレンズ。焦点距離50〜230mm(35mm判換算76〜350mm相当)に対応。テレコンバーター非対応。価格.com最安価格38,000円程度。

XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS
写りのよさで定評のあるコンパクトな望遠ズームレンズ。焦点距離55〜200mm(35mm判換算84〜305mm相当)に対応。テレコンバーター非対応。価格.com最安価格66,000円程度。

XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR
開放F2.8通しの明るさを持つ「レッドバッジ」シリーズの望遠ズームレンズ。焦点距離50〜140mm(35mm判換算76〜213mm相当)に対応。テレコンバーター対応。価格.com最安価格153,000円程度。

XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
焦点距離100〜400mm(35mm判換算152〜609mm相当)に対応する、「レッドバッジ」シリーズの超望遠ズームレンズ。テレコンバーター対応。価格.com最安価格195,000円程度。

※価格.com最安価格は2021年4月9日現在

これら4本はそれぞれ特徴が異なっていますが、超望遠性能に注目すると、35mm判換算で焦点距離400mm相当を超える超望遠域に対応するのは、XFズームレンズの最高峰「レッドバッジ」シリーズの2本(※XF50-140mmF2.8 R LM OIS WRはテレコンバーターの使用で35mm判換算最大427mmに対応)。性能を求めるならレッドバッジシリーズは理想的ですが、Xマウント用レンズとしては高額な部類で、サイズ感も大きくなっています。「XC50-230mmF4.5-6.7 OIS IIとXF55-200mmF3.5-4.8 R LM OISは小型・軽量で手軽なのが魅力だが、超望遠性能を求めるならもうひと伸びほしい」「レッドバッジシリーズの2本は高性能で超望遠域にも対応可能だが高額で大きい」ということで、より手軽に超望遠撮影を楽しめるレンズが抜けている状況でした。

今回紹介するXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは、その穴を埋める存在となる新製品。最大の特徴は、70〜300mm(35mm判換算で107〜457mm相当)の幅広い焦点距離をカバーし、かつ補正効果5.5段分の手ブレ補正機能を搭載しながらも、約75(最大径)×132.5(長さ)mmで約580gという小型・軽量な鏡筒を実現したこと。クラス最小・最軽量というわけではありませんが、35mm判換算で焦点距離400mmを超える画角に対応するものとしては比較的全長が短く、持ち運びやすい超望遠ズームレンズとなっています。

XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRの主な特徴
・焦点距離70〜300mm(35mm判換算107〜457mm相当)をカバーする、Xマウント用の超望遠ズームレンズ
・絞り開放値:広角端F4、望遠端F5.6
・12群17枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚)のレンズ構成
・最短撮影距離:83cm(ズーム全域)、最大撮影倍率0.33倍(35mm判換算0.5倍相当)
・テレコンバーター「XF1.4X TC WR」「XF2X TC WR」に対応
・補正効果5.5段分の手ブレ補正機能
・リニアモーター駆動による高速・静音なAF
・フィルター径:67mm
・防塵・防滴・-10℃耐低温構造
・75(最大径)×132.5(長さ)mm/580gの小型・軽量設計
・価格.com最安価格97,000円程度(2021年4月9日現在)

富士フイルムの純正レンズはどの製品も光学性能にすぐれるのが特徴ですが、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRもその特徴をしっかりと押さえており、非球面レンズ1枚、EDレンズ2枚を含む12群17枚のレンズ構成を採用。最短撮影距離がズーム全域で83cmと短いのも特徴で、望遠端での最大撮影倍率は0.33倍(35mm判換算0.5倍相当)に達します。

さらに、テレコンバーター「XF1.4X TC WR」「XF2X TC WR」に対応しており、2倍のXF2X TC WRを装着した場合は、最大で焦点距離600mm(35mm判換算で914mm相当)の超望遠撮影が可能になるのも見逃せません。XF2X TC WR装着時は、最大撮影倍率が0.66倍(35mm判換算等倍相当)に向上し、迫力あるマクロ写真の撮影が可能です。

このほか、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRはリニアモーター駆動による高速・静音なAFや、防塵・防滴・-10℃耐低温構造も実現しています。こうした充実した性能を備えながら価格は抑えられており、価格.com最安価格(2021年4月12日時点)は96,000円程度。純正の超望遠ズームレンズとしては、比較的手に入れやすい製品となっています。

鏡筒左手側に各種スイッチを装備。ズームロックスイッチのほか、撮影距離範囲の切り替えスイッチ(FULL/5m〜∞)、絞りモードスイッチが備わっています。10か所にシーリングを施すことで防塵・防滴・-10℃耐低温構造も実現

鏡筒左手側に各種スイッチを装備。ズームロックスイッチのほか、撮影距離範囲の切り替えスイッチ(FULL/5m〜∞)、絞りモードスイッチが備わっています。10か所にシーリングを施すことで防塵・防滴・-10℃耐低温構造も実現

ズームは繰り出し式で、望遠端時には全長が約205.5mmまで伸びます。口径は比較的小さく、フィルター径は67mm

ズームは繰り出し式で、望遠端時には全長が約205.5mmまで伸びます。口径は比較的小さく、フィルター径は67mm

専用のフードが付属します

専用のフードが付属します

2倍のテレコンバーター XF2X TC WRを装着したイメージ

2倍のテレコンバーター XF2X TC WRを装着したイメージ

実写作例

※以下に掲載する作例は、X-S10にXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを組み合わせて撮影しています。すべてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)です。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F6.4、1/100秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、13.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F6.4、1/100秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F6.4、1/200秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、10.8MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F6.4、1/200秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、10.8MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO6400、F5.6、1/500秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、15.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO6400、F5.6、1/500秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、15.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/160秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG撮影写真(6240×4160、11.3MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/160秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG
撮影写真(6240×4160、11.3MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/160秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG撮影写真(4160×6240、10.6MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/160秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG
撮影写真(4160×6240、10.6MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG撮影写真(6240×4160、10.2MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:強、JPEG
撮影写真(6240×4160、10.2MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F8、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:弱、JPEG撮影写真(6240×4160、13.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F8、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、カラークローム・エフェクト:弱、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、185mm(35mm判換算282mm相当)、ISO160、F11、1/15秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、17.5MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、185mm(35mm判換算282mm相当)、ISO160、F11、1/15秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、17.5MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、70mm(35mm判換算107mm相当)、ISO160、F16、1/680秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、13.5MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、70mm(35mm判換算107mm相当)、ISO160、F16、1/680秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.5MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、70mm(35mm判換算107mm相当)、ISO160、F8、1/750秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、12.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、70mm(35mm判換算107mm相当)、ISO160、F8、1/750秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、12.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、199mm(35mm判換算303mm相当)、ISO800、F8、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、ハイライトトーン:+1.5、シャドウトーン:+2、JPEG撮影写真(6240×4160、16.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、199mm(35mm判換算303mm相当)、ISO800、F8、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、ハイライトトーン:+1.5、シャドウトーン:+2、JPEG
撮影写真(6240×4160、16.7MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/400秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、ハイライトトーン:+3、JPEG撮影写真(6240×4160、13.4MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO160、F5.6、1/400秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、ハイライトトーン:+3、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.4MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F8、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ハイライトトーン:+1.5、シャドウトーン:+2、JPEG撮影写真(6240×4160、13.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、300mm(35mm判換算457mm相当)、ISO400、F8、1/1250秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ハイライトトーン:+1.5、シャドウトーン:+2、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.1MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、テレコンバーター XF2X TC WR使用、600mm(35mm判換算914mm相当)、ISO160、F11、1/150秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、JPEG撮影写真(6240×4160、9.8MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、テレコンバーター XF2X TC WR使用、600mm(35mm判換算914mm相当)、ISO160、F11、1/150秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、JPEG
撮影写真(6240×4160、9.8MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、テレコンバーター XF2X TC WR使用、600mm(35mm判換算914mm相当)、ISO500、F11、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、JPEG撮影写真(6240×4160、10.0MB)

X-S10、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR、テレコンバーター XF2X TC WR使用、600mm(35mm判換算914mm相当)、ISO500、F11、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、JPEG
撮影写真(6240×4160、10.0MB)

今回、X-S10にXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRを装着して使ってみましたが、とても軽快に撮影を楽しむことができました。この組み合わせの総重量は約1045gで、超望遠システムとしては軽量。首からカメラをぶら下げて移動しても、それほど大きな負担は感じませんでした。

期待以上だったのは画質で、超望遠域を含めてズーム全域で解像感が高いうえ、コントラストも十分。近接でも解像力が高く、レンズ性能の高さを感じました。富士フイルムの純正レンズはどの製品も写りがいいのが魅力ですが、XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRも、とてもよく写るレンズに仕上がっています。さすがに絞り開放だと周辺部の解像力や光量が落ちますが、開放付近でもクリアで発色のよい描写が得られます。価格.com最安価格96,000円程度(2021年4月12日時点)の超望遠ズームレンズとしては、これ以上ないと言ってもいいくらいの高画質が楽しめると思います。

また、X-S10で試した限り、AFは十分な速度・精度で、動作音も小さく抑えられていました。素早く動く被写体にピントを合わせ続けるのはさすがに厳しい印象ですが、飛行機の離着陸を遠くから狙うような撮影であれば、ストレスなくAF撮影が行えると思います。

まとめ トータルバランスにすぐれた“ちょうどいい”超望遠ズームレンズ

焦点距離300mm(35mm判換算457mm相当)の超望遠対応ながら全長約132.5mm/重量約580gの小型・軽量設計。ズーム全域でシャープかつ高コントラストで抜けのよい画質。テレコンバーター対応で最大600mm(35mm判換算914mm相当)での超望遠撮影が可能。リニアモーター駆動や防塵・防滴・-10℃耐低温構造など普及タイプよりもワンランク上の性能。価格.com最安価格97,000円程度(2021年4月9日現在)という価格。こうした特徴を持つXF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WRは、サイズ、画質、価格のトータルバランスにすぐれた、“ちょうどいい”超望遠ズームレンズと言えるでしょう。超望遠撮影をより手軽に、かつ高画質に楽しみたい人にとって選びやすい製品となっています。絞り開放値が少し暗いので、動きを止めて撮りたいスポーツの撮影では使いにくい場合があるかもしれませんが、風景や動物、飛行機・鉄道などの撮影で本領を発揮すると思います。

小型軽量なのでXシリーズのどのカメラにもマッチしますが、特に使いやすいのは、コンパクトなボディに比較的しっかりとしたグリップを持つX-S10になるでしょう。X-S10との組み合わせは、カメラ側の5軸手ブレ補正とレンズ側の手ブレ補正の協調制御によって、シフトブレの影響が出やすい近接撮影時などに、より強力に手ブレを補正できるのも押さえておきたい点です。今回試した限りでは、被写体までの距離にもよりますが、望遠側の近接撮影で1/100秒を切るような遅いシャッタースピードでも手ブレの影響のないシャープな写真を撮ることができました。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る