レビュー

幅広いシーンで大活躍間違いなし! コンパクトな超広角レンズ「LUMIX S 18mm F1.8」レビュー

「LUMIX S 18mm F1.8」は、Lマウントを採用する、パナソニックのフルサイズミラーレスシステム「LUMIX Sシリーズ」の超広角・単焦点レンズ。大口径ながらコンパクトな「F1.8単焦点レンズシリーズ」に属するモデルだ。同シリーズの特徴や、超広角レンズの使いこなし方を交えながら、本レンズの魅力をレビューしよう。

フルサイズ対応の超広角・単焦点レンズ「LUMIX S 18mm F1.8」(組み合わせているカメラは「LUMIX S5」)

フルサイズ対応の超広角・単焦点レンズ「LUMIX S 18mm F1.8」(組み合わせているカメラは「LUMIX S5」)

サイズやフィルター径だけでなく描写性能まで共通の「F1.8単焦点レンズシリーズ」

「F1.8単焦点レンズシリーズ」は、開放絞り値F1.8の大口径とコンパクトさを両立した単焦点レンズ群。今回紹介する「LUMIX S 18mm F1.8」は、同シリーズ5本目の製品だ。このレンズの追加によって、同シリーズは、超広角から中望遠まで18mm/24mm/35mm/50mm/85mmの各焦点距離をカバーする充実のラインアップとなった。

同シリーズがユニークなのは、共通の設計思想を基に開発されていること。開放F1.8で共通しているだけでなく、サイズやフィルター径、操作感、描写性能までもが統一されているのだ。

そのサイズは最大径が73.6mmで、全長が約82.0mm。18mm/24mm/35mm/50mm/85mm の5本ともまったく同じサイズである。

「F1.8単焦点レンズシリーズ」の5本のレンズを並べてみた(左から18mm/24mm/35mm/50mm/85mm)。サイズは73.6(最大径)×約82.0(全長)で共通

「F1.8単焦点レンズシリーズ」の5本のレンズを並べてみた(左から18mm/24mm/35mm/50mm/85mm)。サイズは73.6(最大径)×約82.0(全長)で共通

サイズがそろっていることのメリットは、レンズ交換時にリグなどの機材と干渉しにくく、扱いやすいことがあげられる。また、各レンズの重量が18mmは約340g、24mmは約310g、35mmは約295g、50mmは約300g、85mmは約355gと約60g程度の違いに収まっているので、ジンバルやドローンを使用する際に、レンズ交換時のバランス調整を最小限に抑えられるのもポイント(※同じ重さではないので微調整は必要)。「LUMIX Sシリーズ」は動画をメインで使用する人も多いため、こうした使い勝手に対する配慮はとてもありがたい。

加えて、「F1.8単焦点レンズシリーズ」は、フィルター径が67mmに統一されているのも使いやすい点だ。同じ効果のサイズ違いのフィルターやステップアップリングを用意する必要がなく、カメラバッグの中をすっきりとした状態にして撮影できるのがうれしい。

「LUMIX S 18mm F1.8」のフィルター径は「F1.8単焦点レンズシリーズ」共通の67mm。超広角レンズながら67mm径に抑えられている

「LUMIX S 18mm F1.8」のフィルター径は「F1.8単焦点レンズシリーズ」共通の67mm。超広角レンズながら67mm径に抑えられている

「F1.8単焦点レンズシリーズ」は操作性もそろっていて、フォーカスリングやAF/MFの切り替えスイッチの位置が共通化されている。一度操作に慣れてしまえば、どのレンズを使ってもブラインドでの操作が可能だ。

操作性はシンプルで、装備するスイッチ類はAF/MFの切り替えのみ

操作性はシンプルで、装備するスイッチ類はAF/MFの切り替えのみ

サイズやデザインが共有していることは、メリットがあるいっぽうで、撮影時にレンズを取り間違えやすいというデメリットもある。瞬時にどのレンズなのかを把握するためには、フードの形の違いを覚えておくとよいだろう。また、カメラバッグからレンズを取り出す際に判断しやすくするために、リアキャップなどに焦点距離を書いたシールを貼っておくのも手だ。

フードの形状はレンズによって異なっている。「LUMIX S 18mm F1.8」には花形フードが付属する

フードの形状はレンズによって異なっている。「LUMIX S 18mm F1.8」には花形フードが付属する

そして、「F1.8単焦点レンズシリーズ」の特徴として見逃せないのが、レンズの描写性能が統一されていること。どのレンズを使っても一貫した描写が得られるため、静止画で言えば組写真、動画で言えばカットごとのバラツキを最小限に抑えることができる。単焦点レンズを多用しながら撮影する人にとって、非常に使いやすいシステムと言えるだろう。

「LUMIX S 18mm F1.8」の描写を実写作例でチェック

ここからは、作例を交えながら「LUMIX S 18mm F1.8」の表現力の高さを紹介していきたい。本レンズは、12群13枚(非球面レンズ3枚、UEDレンズ1枚、EDレンズ3枚、UHRレンズ1枚)のレンズ構成を採用し、コンパクトながら周辺まで高い描写性能を発揮するように設計されている。今回は、カメラに「LUMIX S5」を使用して撮影を行った。

超広角18mmを生かすことでダイナミックな写真が撮れる

「LUMIX S 18mm F1.8」は焦点距離18mmという超広角で撮影できるレンズだ。そのワイドな画角を最大限に生かすことで、その場の広がりを表現したダイナミックな写真を撮ることができる。

以下の写真は、橋の上から海の広がりを切り取った1枚。写真の右側は太陽が沈んで空が赤く染まり、左側は夜の空へと変化している。夕焼けから夜に変わってゆく空のグラデーションをフレーミングすることができ、幻想的な表現の写真に仕上がった。

右側の赤みと左側の青みの両方を表現したいと思ったため、ホワイトバランスは晴天に設定し、微調整でマゼンタを少しプラスしている。また、色の深みを表現するために、フォトスタイルは「ヴィヴィッド」を選択したLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO320、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、8.2MB)

右側の赤みと左側の青みの両方を表現したいと思ったため、ホワイトバランスは晴天に設定し、微調整でマゼンタを少しプラスしている。また、色の深みを表現するために、フォトスタイルは「ヴィヴィッド」を選択した
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO320、WB:晴天、フォトスタイル:風景
撮影写真(6000×4000、8.2MB)

次の写真は、右側に橋の一部分をフレーミングし、船が通りすぎるのを待ってシャッターを切ったものになる。手前にあるものをフレーミングすると、一気に奥行き感が出るのが広角レンズの面白いところ。遠近感が強調され、橋の存在感を引き立てながら海の広がりを表現することができた。

空の青やピンク、街灯の緑のグラデーションを美しく表現できており、目で見るよりも幻想的な写真に仕上がったLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO500、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、8.0MB)

空の青やピンク、街灯の緑のグラデーションを美しく表現できており、目で見るよりも幻想的な写真に仕上がった
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO500、WB:晴天、フォトスタイル:風景
撮影写真(6000×4000、8.0MB)

続いて、上の写真で一部分をフレーミングした橋をメインに撮影してみた。焦点距離18mmでは目線の高さのアイレベルで撮影しても十分な広がりを表現できるが、地面スレスレのローポジションで撮影すると、さらに遠近が強調され、よりダイナミックな表現が得られる。超広角レンズは、構図や被写体との距離、撮影するアングルによって印象が大きく変わるため、同じ場所でもいろんなバリエーションの写真を撮影できるのが面白い。

アイレベルで撮影

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F3.5、1/60秒、ISO400、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、8.0MB)

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F3.5、1/60秒、ISO400、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影
写真(6000×4000、8.0MB)

ローポジションで撮影

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F3.5、1/60秒、ISO640、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、8.0MB)

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F3.5、1/60秒、ISO640、WB:晴天、フォトスタイル:風景
撮影写真(6000×4000、8.0MB)

横位置だけでなく縦位置でも撮影してみよう

超広角レンズは、横の構図で撮影するとその場の広がりを表現でき、縦の構図で撮影すると高さや奥行きが伝わりやすくなり、被写体の存在感を強調できる。広い範囲が写る分、余分なものが写ってしまうため超広角に対して苦手意識のある人も多いだろう。しかし、ちょっとしたアイディアで、同じ被写体でも印象の違った写真が撮れるのが超広角レンズのよいところ。より柔軟に被写体と向き合うことで、面白味のある写真を撮ることができるはずだ。

横位置で撮影

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO160、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、8.5MB)

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO160、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景
撮影写真(6000×4000、8.5MB)

縦位置で撮影

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO160、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景撮影写真(4000×6000、8.5MB)

LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO160、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景
撮影写真(4000×6000、8.5MB)

最短撮影距離18cmで近接撮影に強い

本レンズの最短撮影距離は18cmで、かなり被写体に近づいて撮影できるのも特徴。ここでは、近接で撮影した写真をいくつか掲載しよう。

以下の写真は、レンガに生えていた苔に近づいて撮影した1枚。焦点距離18mmという画角は、被写体に寄りながらも背景を広くフレーミングできるので、背景の空とビルをダイナミックに表現することができた。

最短撮影距離付近はボケやすいため、F2.5と少し絞って撮影を行った。苔のピントが合う範囲と背景のボケのバランスがよくなるように絞り値を決定しているLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/800秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:スタンダード撮影写真(6000×4000、5.7MB)

最短撮影距離付近はボケやすいため、F2.5と少し絞って撮影を行った。苔のピントが合う範囲と背景のボケのバランスがよくなるように絞り値を決定している
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/800秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:スタンダード
撮影写真(6000×4000、5.7MB)

超広角レンズは被写界深度が深く、ボケにくいとされているが、本レンズは絞り開放値がF1.8と小さく、被写体に近づくことで大きなボケを堪能することができる。以下の写真は、手前にある排水溝の金属にピントを合わせて、奥の建物の光を利用して丸ボケを作ってみたが、撮影してみて丸ボケの美しさに驚いた。絞り開放で撮っているが、口径食の影響が少なく、周辺まできれいな丸ボケになっているのがわかる。

開放F1.8で撮影しているが、被写界深度が深いため、背景の情報が伝わりやすいのがポイント。そのため、ピントを合わせた被写体だけでなく、ボケた部分のディテールが伝わりやすいLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO1000、WB:晴天、フォトスタイル:風景撮影写真(4000×6000、7.2MB)

開放F1.8で撮影しているが、被写界深度が深いため、背景の情報が伝わりやすいのがポイント。そのため、ピントを合わせた被写体だけでなく、ボケた部分のディテールが伝わりやすい
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/60秒、ISO1000、WB:晴天、フォトスタイル:風景
撮影写真(4000×6000、7.2MB)

こちらも絞り開放で撮影している。大きなボケだが背景の情報が伝わりやすいため、構図やタイミングを大切にしながら撮影したいLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/250秒、ISO100、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景撮影写真(6000×4000、5.3MB)

こちらも絞り開放で撮影している。大きなボケだが背景の情報が伝わりやすいため、構図やタイミングを大切にしながら撮影したい
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/250秒、ISO100、WB:色温度設定(10000K)、フォトスタイル:風景
撮影写真(6000×4000、5.3MB)

逆光耐性をチェック

本レンズの逆光耐性を見るために、太陽を隅にフレーミングして撮影してみた。逆光でもコントラストが低下することなく、ゴーストやフレアも見当たらない。右上の看板や手前の棒に反射した部分を見ても色収差がなく、素直に表現してくれている。

広がりと奥行きを表現したいと思い、手前に鉄格子をフレーミンングした。縦位置で切り取ることで、都会的な街並みと空の広がりの両方を表現できているLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.8、1/5000秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:スタンダード撮影写真(4000×6000、9.0MB)

広がりと奥行きを表現したいと思い、手前に鉄格子をフレーミンングした。縦位置で切り取ることで、都会的な街並みと空の広がりの両方を表現できている
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.8、1/5000秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:スタンダード
撮影写真(4000×6000、9.0MB)

開放F1.8の描写をチェック

絞り開放のF1.8でビル群を切り取って、その写りをチェックしてみたが、絞り開放でも画像中央から周辺までシャープに表現してくれた。開放から高画質な超広角レンズなので、星空撮影にも活躍してくれそうだ。

木にピントを合わせて撮影。枝のディテールを細かなところまで描写できているうえ、画像周辺の描写も安定しているLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/3200秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:ヴィヴィッド撮影写真(6000×4000、12.2MB)

木にピントを合わせて撮影。枝のディテールを細かなところまで描写できているうえ、画像周辺の描写も安定している
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F1.8、1/3200秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:ヴィヴィッド
撮影写真(6000×4000、12.2MB)

超広角×モノクロが楽しい

超広角レンズを持って街に出ると、無性にモノクロ写真が撮りたくなる。超広角レンズは広い範囲が写る分、余分なものまで写りやすいが、モノクロにすることで目立ちにくくなる。光と影を強調し、いつもと違った目線で街並みを表現できるため、私は、超広角スナップ時にモノクロを設定することが多い。

今回、「LUMIX S 18mm F1.8」でもモノクロで撮影している。せっかくなので、モノクロと超広角レンズの相性をご覧いただきたい。

ビルに当たる光と影が美しかったので、レンズを上に向けて撮影した。広い範囲が写ってしまう場合は主被写体だけでなく、手前にあるものをフレーミングすることで空間を生かしながら撮影できるLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/2000秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)撮影写真(6000×4000、13.8MB)

ビルに当たる光と影が美しかったので、レンズを上に向けて撮影した。広い範囲が写ってしまう場合は主被写体だけでなく、手前にあるものをフレーミングすることで空間を生かしながら撮影できる
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/2000秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)
撮影写真(6000×4000、13.8MB)

鳩がたくさん止まっていたため、飛ぶことを予測して空間を開けて構図を決定。タイミングよく鳩が飛んでくれたため、1匹の鳥を際立てながら撮影することができたLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/1300秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)撮影写真(6000×4000、14.6MB)

鳩がたくさん止まっていたため、飛ぶことを予測して空間を開けて構図を決定。タイミングよく鳩が飛んでくれたため、1匹の鳥を際立てながら撮影することができた
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/1300秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)
撮影写真(6000×4000、14.6MB)

超広角レンズでのスナップは空間をどう埋めるのか、どう生かすのかがポイントになる。岩と岩の間からレンズを出して、奥の空間を切り取った。手前にあるものをフレーミングすることで、奥行きにつながるLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F8、1/250秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)撮影写真(4000×6000、13.8MB)

超広角レンズでのスナップは空間をどう埋めるのか、どう生かすのかがポイントになる。岩と岩の間からレンズを出して、奥の空間を切り取った。手前にあるものをフレーミングすることで、奥行きにつながる
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F8、1/250秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)
撮影写真(4000×6000、13.8MB)

手前に生えていた葉っぱにぐっと近づいて撮影を行っている。近づけば近づくほど遠近感を強調できる。奥のビルよりも葉っぱのほうが大きく写るため、ダイナミックな写真に仕上がったLUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/1300秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)撮影写真(6000×4000、14.6MB)

手前に生えていた葉っぱにぐっと近づいて撮影を行っている。近づけば近づくほど遠近感を強調できる。奥のビルよりも葉っぱのほうが大きく写るため、ダイナミックな写真に仕上がった
LUMIX S5、LUMIX S 18mm F1.8、F2.5、1/1300秒、ISO100、WB:晴天、フォトスタイル:L.モノクロームD(粒状 強)
撮影写真(6000×4000、14.6MB)

まとめ コンパクトで高画質。トータルバランスにすぐれた超広角レンズ

今までと違った表現を求めてレンズを購入するなら、超広角レンズは外せない選択だ。その場を広く表現できたり、被写体との距離によって遠近感を強調できたりと、迫力のある写真を撮れるのが面白い。1本は持っておきたいレンズである。

数ある超広角レンズの中でも、今回紹介した「LUMIX S 18mm F1.8」は、開放F1.8の大口径ながらコンパクトで持ち運びやすく、描写力にもすぐれる製品だ。トータルバランスがよく、「初めての超広角レンズ」として、まさに“ぴったり”と言えるだろう。今回は、スナップ撮影での超広角レンズの楽しみ方をメインで紹介したが、高い描写力を持つ「LUMIX S 18mm F1.8」なら、風景や星空の撮影やなどさまざまなシーンで活躍してくれるはずだ。

コムロミホ

コムロミホ

文化服装学院でファッションを学び、ファッションの道へ。撮影現場でカメラに触れるうちにフォトグラファーを志すことを決意。アシスタントを経て、現在は広告や雑誌で活躍。街スナップをライフワークに旅を続けている。カメラに関する執筆や講師も行う。
また、YouTubeチャンネル「写真家夫婦上田家」「カメラのコムロ」でカメラや写真の情報を配信中。カメラや写真が好きな人が集まるアトリエ「MONO GRAPHY Camera & Art」をオープン。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る