交換レンズ図鑑
交換レンズ図鑑

世界初のLEDライト内蔵マクロレンズ! キヤノン「EF-M28mm F3.5 マクロ IS STM」実写レビュー

実写作例

※以下に掲載する作例は、EOS M3/EOS M10とEF-M28mm F3.5 マクロ IS STMを組み合わせて撮影したRAW形式のデータをJPEG形式に変換したもの(Digital Photo Professional 4.4.30でRAW現像)になります。「デジタルレンズオプティマイザ」を適用した以外は、撮影設定のまま現像しています。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行なっていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

スーパーマクロモードの最短撮影距離付近で手持ち撮影したもの。内蔵のLEDライトも活用している。絞り開放で撮ったが、ピント位置(雄しべの先端)では花粉の1粒1粒まで描写できている
EOS M3、ISO200、F3.5、1/60秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:使用(両側・強)、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、11.6MB)

花の茎の産毛を逆光でマクロ撮影。絞り開放なので被写界深度は浅いがピントの合った産毛はシャープに写っている。こちらも手持ちで撮影している
EOS M3、ISO200、F3.5、1/80秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、12.0MB)

ピント位置(花びらの先端)に注目。花粉などのディテールが描写できている
EOS M3、ISO100、F3.5、1/100秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、13.8MB)

エントリーモデル「EOS M10」を使って砂糖菓子を撮影。LEDライトを使うことで表面の細かな凹凸の質感が出た
EOS M10、ISO100、F4.5、1/100秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:スタンダード、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:使用(両側・強)、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(5184×3456、9.77MB)

F6.3まで絞って最短撮影距離付近で腕時計の文字盤を撮ったもの。標準域の画角なので被写体に近づいても周りを広く撮影することができる
EOS M3、ISO400、F6.3、1/60秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:スタンダード、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、15.6MB)

花が映り込む水滴をスーパーマクロモードで撮影した1枚
EOS M3、ISO100、F18、5秒、ホワイトバランス:太陽光、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、12.3MB)

光を反射する素材の上に水滴を作り、ライティングを工夫して撮影した1枚
EOS M3、ISO100、F8、3.2秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、13.9MB)

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMは標準域の画角なのでスナップにも最適。STMを採用しており、オートフォーカスも十分に速い
EOS M3、ISO800、F4.5、1/40秒、ホワイトバランス:くもり、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、14.2MB)

玉ボケを狙って撮った1枚。被写体に近づけばもう少し大きなボケが得られたが、全体のバランスを見て少し離れた距離で撮影した
EOS M3、ISO800、F4.5、1/15秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:オート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、13.5MB)

EF-M28mm F3.5 マクロ IS STMは、ポートレート用としても活用できる。キヤノンのデジタルカメラらしく肌色がキレイに再現されている
EOS M3、ISO200、F3.5、1/250秒、ホワイトバランス:オート、ピクチャースタイル:ポートレート、高感度撮影時のノイズ低減:標準、オートライティングオプティマイザ:標準、周辺光量補正:する、内蔵LEDライト:未使用、RAW(デジタルレンズオプティマイザ:50)
撮影写真(6000×4000、16.8MB)

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る