特別企画
ソニー純正のフルサイズ対応標準ズームレンズ2本の違いをチェック

ソニーの最高峰レンズ「FE 24-70mm F2.8 GM」とカールツァイスレンズ「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」を比較してみた

焦点距離24mmでの比較

焦点距離24mmでの比較作例のサムネイル。A:緑枠、B:青枠が等倍で切り出した部分。撮影設定は、ホワイトバランス:蛍光灯(白色)、Dレンジオプティマイザー/オートHDR:切、クリエイティブスタイル:スタンダードとなる

等倍切り出し(A) 注目ポイント:細かいところの解像力

ISO100、1/1.6秒

ISO100、1/1.6秒

ISO100、1.3秒

ISO100、1.3秒

ISO100、2.5秒

ISO100、2.5秒

ISO100、5秒

ISO100、5秒

ISO100、10秒

ISO100、10秒

等倍切り出し(B) 注目ポイント:周辺部の点光源の描写

ISO100、1/1.6秒

ISO100、1/1.6秒

ISO100、1.3秒

ISO100、1.3秒

ISO100、2.5秒

ISO100、2.5秒

ISO100、5秒

ISO100、5秒

ISO100、10秒

ISO100、10秒

FE 24-70mm F2.8 GMの撮影写真
絞り値F2(7952×5304、25.2MB)
絞り値F4(7952×5304、25.8MB)
絞り値F5.6(7952×5304、25.6MB)
絞り値F8(7952×5304、24.5MB)
絞り値F11(7952×5304、24.1MB)

Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSの撮影写真
絞り値F4(7952×5304、25.2MB)
絞り値F5.6(7952×5304、25.5MB)
絞り値F8(7952×5304、24.4MB)
絞り値F11(7952×5304、23.8MB)

夜景を広角端24mmで撮った作例になるが、FE 24-70mm F2.8 GMは細かいところの解像力が高い。絞り開放F2.8からシャープでエッジの立った描写で、高性能なレンズであることを感じさせる。いっぽうのVario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSも健闘しており、開放F4でも十分にコントラストが高く、抜けのよい写りだ。中央部ではディテールの再現性も高い。実勢価格9万円の標準ズームレンズとしては申し分のない写りだと思う。また、この作例ではわかりにくいが、レンズ補正機能を「オート」にしておけば開放でも周辺光量落ちはあまり目立たない。

ただし、細かいところを比較すると、周辺部の描写に差が出ていることがわかる。等倍切り出し(B)を見ると、FE 24-70mm F2.8 GMは開放でも点が点として写っており、色収差やコマ収差がかなり抑えられている。Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSは、色収差はよく抑えられているもののコマ収差がわずかに出ているほか、少し流れるような描写になってしまっている。絞りを絞っても周辺の描写がそれほど改善されないのも気になるところだ。周辺部の描写の差は、両レンズの違いを語るうえでポイントになると思う。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る