顔は「ハスラー」プラットフォームは「イグニス」

“デカいハスラー”「スズキ クロスビー」ってどんなクルマ?発売前に徹底解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年も年末に近づいてきたが、12月に入ってから発売される新型車もある。特に注目されるのが、スズキの新型モデル「クロスビー(XBEE)」だ。

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」/東京モーターショー2017にて撮影

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」/東京モーターショー2017にて撮影

>>すでに契約したユーザーも!スズキ「クロスビー」のクチコミを価格.comで見る

フロントマスクはスズキの軽自動車「ハスラー」に似ているが、クロスビーはコンパクトカーに位置付けられている。全長は3,760mm、全幅は1,670mm、全高は1,705mm。全長と全幅はトヨタ「ルーミー」「タンク」と同程度で、小回りのききがよい。

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」

そのいっぽう、全高は1,700mmを少し上回るから室内高にも余裕があり、後席の居住性も快適だ。子育て世代のユーザーから、大人4名が乗車して長距離を移動する用途まで、幅広いニーズに適する。

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のインパネ

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のインパネ

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のエアコンスイッチ

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のエアコンスイッチ

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のメーター

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」のメーター

インパネの周辺は機能的に仕上げられ、メーターは大径で見やすい。エアコンのスイッチも高い位置に配置されて操作性がよい。助手席の前側にはワイドなトレイが備わり、小物類の収納もしやすくデザインされている。このあたりは、利便性を追求する軽自動車づくりが得意なスズキらしい配慮だ。

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」の前後席シート

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」の前後席シート

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」の前席シート

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」の前席シート

前後席に座ると、頭上と足元の空間が広く確保されていることがわかる。特に、後席スペースは全長の割に余裕がある。このすぐれた空間効率は、フロントマスクの似通った軽自動車のハスラーに通じるところがある。それでもクロスビーは小型車だから、プラットフォームはスズキの「イグニス」や「ソリオ」と共通だ。ホイールベースは2,435mmだから、イグニスと等しい。したがって、直接のベースはイグニスと考えればよいだろう。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)にも余裕を持たせ、悪路の凹凸を乗り越えやすくした。

スズキ「クロスビー(XBEE)」のエンジンルーム

スズキ「クロスビー(XBEE)」のエンジンルーム

エンジンは、「スイフト」などに搭載している1リッター直列3気筒ターボに「マイルドハイブリッド」が組み合わされている。

スズキ「クロスビー(XBEE)」のHYBRIDロゴ

スズキ「クロスビー(XBEE)」のHYBRIDロゴ

マイルドハイブリッドとは、モーター機能付きの発電機である「ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)」が、減速時を中心とした発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動の支援(ハイブリッド機能)を行うもので、スズキの代表的な低燃費技術だ。エンジンの排気量は1リッターだが、ターボを装着するから、動力性能は1.5リッター並みに高められている。実用回転域の駆動力に余裕があるから、運転がしやすい。

そのいっぽうで、マイルドハイブリッドの効果により、燃費性能は1.2リッターエンジン車と同程度だから、効率が高い。

トランスミッションは、スイフトや「バレーノ」の1リッターターボと同じく6速ATが採用され、メリハリのある加減速が行えて速度の微調節もしやすい。車重は1トン以内に収まるから加速感も活発で、峠道などではスポーティーな走りを味わえる。

スズキ「クロスビー(XBEE)」4WDモデルに備わる各種スイッチ

スズキ「クロスビー(XBEE)」4WDモデルに備わる各種スイッチ

駆動方式は、前輪駆動の2WDと4WDを用意する。4WDには悪路で空転が生じた時、空転するホイールだけをブレーキングして駆動力の伝達を確保する「グリップコントロール」などの機能が備わる。これも、余裕のある最低地上高と同様、走破力を高める大切な要素だ。

グレードは「ハイブリッドMX」と、上級の「ハイブリッドMZ」の2グレードが設定される。ハイブリッドMXでもSUV感覚の外装パーツ、16インチアルミホイールなどを採用して、オプションではセーフティサポートパッケージも装着可能だ。

セーフティサポートパッケージには、デュアルセンサーブレーキサポートなどが含まれるだろう。単眼カメラと赤外線レーザーをセンサーに使った緊急自動ブレーキで、歩行者の検知も含めてすぐれた安全性能を発揮する。

上級の「ハイブリッドMZ」には、「ハイブリッドMX」の装備に加えて、サイド&カーテンエアバッグ、デュアルセンサーブレーキサポート、LEDヘッドランプ、LEDフロントフォグランプ、ファブリックシート生地の溌水加工などが加わる。カーナビやオーディオを除くと、フル装備になる。

価格は、スイフトの1リッターターボエンジンを搭載した「RSt」(170万4,240円/6速AT)を少し上まわる程度だろう。したがって、クロスビーの「ハイブリッドMX」が175万円前後になるのではと考えられる。少し高めではあるが、スライドドアを備えたソリオもターボを装着しない仕様が同程度の価格なので、妥当ともいえる。

つまり、ミニバン並みの広い室内、乗降性のすぐれたスライドドアなどが欲しいユーザーはソリオ、SUV風のボディスタイル、ターボを装着したエンジンによるパワフルな動力性能などが必要ならクロスビーという選び方になる。そして価格の割安感、すぐれた燃費といったベーシックな性能を重視するなら、150万円前後で購入可能なイグニスを推奨したい。

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」

スズキ「クロスビー(XBEE)ストリートアドベンチャー」

スズキのコンパクトカーは以前からスイフトが主力だが、ひと回りコンパクトなプラットフォームを使うクロスビー/イグニス/ソリオが出そろったことで、従来以上に選びやすくなった。

全長が4m以内に収まるコンパクトカーは、日本の道路環境にピッタリで、なおかつ燃費&環境性能もすぐれている。軽自動車からのグレードアップ、あるいはミニバンからのダウンサイジングなど、さまざまな用途に対応できる。

今、コンパクトカーを購入しようと考えているなら、12月に発売されるクロスビーをチェックしておいたほうがよいだろう。

>>ティザーサイトが公開されて話題のスズキ「クロスビー」のクチコミを価格.comで見る

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特別企画最新記事
特別企画記事一覧
2017.12.10 更新
ページトップへ戻る