バイク野郎 増谷茂樹の二輪魂
バイク野郎 増谷茂樹の二輪魂

空冷エンジンの魅力を最新技術で再現した、ホンダ「CB1100 RS」の鼓動感にシビれる!

昔からのバイクファンなら、ホンダの「CB」という名前に思い入れがある人も少なくないはず。その名を冠したマシンは現行モデルにも複数存在するが、今回フォーカスするのは大排気量の空冷4気筒エンジンを搭載した「CB1100 RS」だ。存在感のある空冷エンジン好きにはたまらないCB1100 RSの魅力を、試乗して探ってみた。

「CB1100 RS」にも搭載される空冷エンジンの魅力

「CB」という名称は、長年、ホンダのバイクの車種に使われているが、その名を一躍世界に広めたのは1969年に発売された「CB750 FOUR」。国産初となる空冷の750cc 4気筒エンジンを搭載したCB750 FOURは、今でも圧倒的な人気を誇り、CBの代名詞的な存在となっている。その後、CBシリーズは高性能な水冷エンジンも採用し、現行モデルには水冷エンジンと空冷エンジンのラインアップが揃っているものの、やはり、CB750 FOURのイメージは強く、大排気量の空冷4気筒エンジンこそがCBであるという人も多い。

当時としては世界最高峰の性能を誇り、大きなインパクトを残した「CB750FOUR」(1969年発売)

当時としては世界最高峰の性能を誇り、大きなインパクトを残した「CB750FOUR」(1969年発売)

そんな名機、CB750 FOURにも搭載されていた空冷エンジンは性能的には水冷エンジンに劣るものの、バイク乗りを惹きつける魅力がある。なんと言っても、見た目が美しいのだ。エンジン内に循環する水をラジエーターで冷やす水冷エンジンと異なり、エンジン表面に刻まれたフィンで空気中に熱を逃す空冷エンジンは、造形が複雑で男心をくすぐるものがある。そして、エンジンが発する“鼓動感”もたまらない。内部で起きている爆発がダイレクトに乗り手に伝わる構造にくわえ、ピストンやシリンダーなど金属同士のクリアランス(すき間)が広く取られていることにより、内部で金属の塊が動いている感覚もたっぷり味わえる。バイクは自動車よりも感覚に訴えかける乗り物である面が強いため、こうした部分に心を奪われるユーザーは多いのだ。

「CB750FOUR」の空冷4気筒エンジンは、性能だけでなく造形的にもファンが多い。この時代のホンダ製エンジンは「エンジンに表情がある」と言われていた

ただ、国産メーカーの大排気量空冷エンジンは、今や絶滅寸前。空冷エンジンの場合、排気ガスをクリーンにするために燃料を薄くすると冷却不足になるため、年々厳しくなる排気ガス規制をクリアしていくのは非常に困難なのだ。特に2017年から導入された「ユーロ4」と呼ばれる規制は今まででもっとも厳しい内容となっており、実際に多くの空冷エンジンモデルが姿を消した。そんな中、「CB1100」シリーズはエンジン内部を潤滑させるオイルを積極的に冷却にも活用することで、排気ガス規制に対応。具体的には、熱を発する燃焼室まわりに冷却用のオイルを流すジャケットを設置し、そのオイルを空気に当てて冷やす大型のオイルクーラーを装備することで熱を効果的に逃がせるようにした。さらに、オイルポンプも潤滑用と冷却系統用をそれぞれ用意することで、安定した潤滑と冷却を実現。こうした機構を採用することにより、厳しい規制の中でも大排気量の空冷エンジンを販売し続けることが可能となったのだ。

「CB1100」のエンジン前面にはエンジン内の熱をより効率的に冷やすために、大型のオイルクーラーを搭載

「CB1100」のエンジン前面にはエンジン内の熱をより効率的に冷やすために、大型のオイルクーラーを搭載

「CB」ならではのデザインと最新技術が融合した「CB1100 RS」

このようなさまざまな想いを受けた空冷エンジンを搭載する、「CB1100」シリーズの最新モデルが「CB1100 RS」だ。車体を見ると、まず目に飛び込んでくるのはエンジン。空冷であることを主張するフィンは2mmの薄さに仕上げられ、2本のカムシャフトを支持する部分もデザイン性を重視して、近年のエンジンとしてはめずらしいカムシャフト同士の間隔を広めた設計となっている。エンジンの性能を高めるためにはカムシャフトの間隔を狭くしたほうが効率はいいのだが、あえて見た目の美しさに重きを置いたこだわりがたまらない。

とはいえ、デザインを優先し、バイクの基本性能がいまいちというわけではない。「CB1100」シリーズの中でも今回紹介するCB1100 RSは走りの性能を高めたモデルで、最新のスーパースポーツなどと同じ17インチホイールを採用するとともに、太めのタイヤを装着することでグリップやコーナリングのよさを追求している。サスペンションやブレーキもハイスペックなものを装備し、古きよき空冷エンジンの雰囲気を残しながら性能面のブラッシュアップにも妥協がない。

1,140ccの大排気量空冷4気筒エンジンは最高出力90PS/7,500rpm、最大トルク91Nm/5,500rpmを発揮。大柄な車体を加速させるのに十分なスペックだ

「CB1100」シリーズの顔とも呼べる空冷エンジンは、薄く仕上げられたフィンが美しい。この薄さを実現するのはかなり難しいとのこと

マフラーはシルバーのメッキ仕上げとされ、左右2本に分割されたデザインを採用。これも1本にまとめたほうが性能や重量的には有利だが、見た目の雰囲気を重視した結果だ

トラディショナルな丸型ライトの下には大きめのホーンを2つ並べ、過去の「CB」シリーズをイメージさせるルックスとしている

コックピットもトラディショナルな雰囲気だが、液晶も採用され視認できる情報は多い

コックピットもトラディショナルな雰囲気だが、液晶も採用され視認できる情報は多い

テールカウルが装備されず、リアフェンダーが見えるデザインも「CB750 FOUR」(1969年発売)を彷彿させる

テールカウルが装備されず、リアフェンダーが見えるデザインも「CB750 FOUR」(1969年発売)を彷彿させる

タンクの造形も開発陣のこだわりが感じられる部分。鉄板同士を貼り合わせる際に生じるリブのないスムーズな形状に仕上げられている

走行性能を重視した「CB1100 RS」は、前後輪ともコーナリングに有利な17インチホイールを装備。フロントブレーキはレースなどでも採用されるラジアルマウントと呼ばれる剛性の高い形式となっている。フロントフォークも標準モデルより太い44mm径

フロントとバランスを取るためのリアサスペンションは、ショーワ製のリザーバータンク付きを採用。17インチのリアホイールをしっかりと支える

ミッションは6速。クラッチ操作をラクにするアシスト・スリッパークラッチを搭載しているので変速しやすい

ミッションは6速。クラッチ操作をラクにするアシスト・スリッパークラッチを搭載しているので変速しやすい

試乗で実感! 圧倒的なエンジンの存在感がたまらない

いよいよ、CB1100 RSの試乗へと移る。バイクにまたがる前にハンドルを持って押してみると、重量262kgの車体は予想以上に重い。近年のバイクとしてはかなり重量級であるだけでなく、太いタイヤのグリップのよさが押し歩きでは抵抗として感じられるようだ。大型バイクに慣れていないと、操れるのか少し不安になるかもしれない。ただ、またがると足つき性は悪くないので、重さでバランスがくずれる不安はなくなる。

車体サイズは2,180(全長)×800(全幅)×1,100(全高)mm。シート高は785mmで、身長175cmの筆者はギリギリ両足のかかとが付かないくらいだが、片足で車体を支えることも簡単にできた

エンジンをかけると大きな力を秘めた金属の塊が目覚めたような迫力のある音が「グォン」と響き、全身に伝わってくる(下の動画参照)。走り出してもエンジンの存在感は圧倒的。最大トルク91Nmのかなり太いエンジンは低回転のトルクも太く、3,000回転以下でも「デロデロデロ」という迫力ある音を発しながら重い車体をしっかりと押し出す。その力が強いため、低速でも安定感がある。そして少し大きめにアクセルをひねると、一気に車体が加速。しかも、エンジンの中で起こった爆発でピストンを押し下げし、パワーを生み出している感触が全身に伝わってくる。これぞ、空冷エンジンならではの鼓動感。キレイに回るだけのエンジンでは、なかなかここまでエンジンのキャラクターを感じることはできない。

実は、この鼓動感を生み出すために「CB1100」シリーズのエンジンは、意図的に気筒間のバルブタイミングをズラしている。過去の空冷エンジンは、パーツ間のクリアランスが大きく、かならずしも均一に回らなかったのだが、これが鼓動感となっていた。その仕組みを現代の技術によって意図的に再現しているのだ。

アクセルを開けた時に伝わってくるエンジンの鼓動感が気持ちよく、真っ直ぐ走っているだけでもおもしろい

アクセルを開けた時に伝わってくるエンジンの鼓動感が気持ちよく、真っ直ぐ走っているだけでもおもしろい

そして、コーナリングでも空冷エンジンが楽しさを提供してくれる。アクセルを開ければ駆動力によってマシンが立ち上がるので、重厚な車体を操っている感覚を全身で味わえるのだ。性能の高い足まわりを採用したCB1100 RSはかなりコーナリングが得意なようで、ハイスピードで曲がるのも余裕。だが、どちらかというとコーナーの手前で車速を落とし、曲がってからたくさんアクセルを開けて立ち上げていくような走り方のほうが気持ちいい。

グリップのよい17インチホイールや高性能なサスペンションの恩恵もあり、重い車体も軽快に寝かせられる

グリップのよい17インチホイールや高性能なサスペンションの恩恵もあり、重い車体も軽快に寝かせられる

試乗を終えて

近年、バイクの世界で人気の高い”ネオレトロ”や”ネオクラシック”と呼ばれるマシンは、古きよき時代の雰囲気を感じさせるデザインの車体に最新の技術を搭載している。CB1100 RSもこの流れに属するモデルだが、昔のモデルの“味わい=エンジンの鼓動感”を最新技術でよみがえらせているのがポイント。純粋に走行性能を追求したマシンに乗るのもおもしろいが、スピードを出せるシーンが限られることもあり、大排気量モデルの性能をフルに味わうのは難しい。CB1100 RSは、そんなジレンマをうまく解消した。性能はある程度に抑えた分、バイクならではの味を存分に引き立てており、アクセルを開くだけでワクワクする。自分の手で大きな金属の塊を目覚めさせ、操っているような感覚が得られるのは最高に気持ちがいい。この体感は一度味わうと、くせになる。

増谷茂樹

増谷茂樹

カメラなどのデジタル・ガジェットと、クルマ・バイク・自転車などの乗り物を中心に、雑誌やWebで記事を執筆。EVなど電気で動く乗り物が好き。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
バイク本体・パーツのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る