レビュー
ボタンひとつで助けを呼べる、エアバッグと連動した自動通報も

新型デイズの「SOSコール」は“あおり運転”にも使える!?

日産の新型軽自動車「デイズ」で注目されている機能のひとつが、緊急通報システムの「SOSコール」だ。

これまで高級車を中心に搭載されていた「SOSコール」が、いよいよ軽自動車の新型「デイズ」にも採用された。近年、問題視されている「あおり運転」にも有効な機能だ

前席の天井(左右のサンバイザーの中央)に「SOSコールスイッチ」が装着され、急病の際や緊急事態が生じたときには、スイッチを押すことで専門のオペレーターに繋がる。また、オペレーターを通じて消防や警察に通報を依頼することもできる。ちなみに、SOSコールスイッチはふたを開けて赤いスイッチを押すことで通報される仕組みになっている。

日産の開発者によると、「あくまでも使い方のひとつですが、あおり運転などの被害に見舞われた場合、スマートフォンなどを取り出して警察に通報している余裕はないでしょう。このときにも、SOSコールが役に立ちます」と言う。

あおり運転の被害にあっている時であれば、警察へ通報するために運転中に携帯電話の操作をしても、状況次第では「緊急避難」として扱われ、法的な違反を問われないケースも考えられる。ただし、運転中の携帯電話の操作は危険であることに変わりない。その点、SOSコールなら手を伸ばしてスイッチを押すだけだから、運転中の操作も容易だ。

SOSコールを使うメリットは、確実な「位置情報」を警察や消防に伝えられることだ。乗員が場所を説明できなくても、オペレーションセンターがGPS情報でクルマの正確な位置や走行軌跡、車の向きまで確認して、警察や消防にデータを送信してくれる。

「緊急自動通報システム(D-Call Net)」の訓練の様子

「緊急自動通報システム(D-Call Net)」の訓練の様子

さらに、新型デイズには「緊急自動通報システム(D-Call Net)」も搭載されている。もし、エアバッグが開くような交通事故にあったときには、エアバッグの展開と連動して自動で専門のオペレーターにつながる。このとき、オペレーターの呼びかけに乗員が一定時間応答しなかったり、ボタン操作がなかったときには、オペレーターが消防に救助を要請してくれる。

救命率向上のための「救急自動通報システム(D-Call Net)」訓練用画面。交通事故発生時の車両データを独自のアルゴリズムに基づいて分析・推定し、消防や協力病院などに自動で通報してくれる

また、このときには車両の位置情報とあわせて、「衝突センサー」の情報も送られる。衝突の方向や激しさ、シートベルト着用の有無、多重衝突の有無、重症確率予測データなどが割り出されて送られる。

「救急自動通報システム(D-Call Net)」の導入によって、事故発生から治療開始までの時間が大幅に短縮されたと言う

実際の交通事故では、ドライバーの意識が失われたような場合、消防への通報に時間を要することも多い。特に深夜など、人気のない状況で単独事故を発生させたようなときには通報が遅れやすい。このような状況でも、緊急自動通報システムが作動すれば、時間を要さずに消防への通報が行われる。

SOSコールを利用するには、日産オリジナルナビゲーションの装備が必要だ

SOSコールを利用するには、日産オリジナルナビゲーションの装備が必要だ

新型デイズでSOSコールを利用するには、「NissanConnectサービス」に対応した日産オリジナルナビゲーションの装着が必要だ。

SOSコールユニットなどを含めて2万7,000円(税込)のメーカーオプション「日産オリジナルナビ取り付けパッケージ」を車両購入時に選択(「プロパイロットエディション」グレードのみ標準装備)したうえで、日産オリジナルナビゲーションを装備する。そして、「NissanConnectサービス」「SOSコール」2つのサービスに申し込むことでSOSコールを利用することができる。

ひとつ注意したいのは、SOSコールは新型デイズには設定されているが、姉妹車である三菱自動車の新型「eK」では選べないことだ。SOSコールは、株式会社日本緊急通報サービスが提供する「ヘルプネット」と呼ばれるサービスを利用している。このヘルプネットには、日産のほかにも「トヨタ」「ホンダ」「スバル」「マツダ」が加わっているのだが、三菱は加入していないのだ。

もうひとつの注意点は、SOSコールを使えないエリアがあることだ。新型デイズではNTTドコモ、トヨタ「クラウン」などではKDDIの通信回線網が使われている。オペレーターサービスや緊急自動通報システムなどを使えるのも、このネットワークの範囲内になる。

だが実際の使われ方を考えると、交通量が相応にある場所では交通事故が発生すれば誰かが通報してくれる可能性が高い。問題は、たとえば交通量が極端に少ない山中の事故などだ。この状況で通信できない「圏外」になると、SOSコールが役に立たなくなってしまう。SOSコールは、衝突後に作動するエアバッグなどの安全装備を含めて考えられているのだから、たとえば複数の回線を利用するなどで「圏外」のエリアはなるべく減らしてほしい。

最近の新型車は、通信機能を積極的に採用するようになった。それら通信サービスの中でも最もメリットが大きいのは、今回ご紹介したSOSコール(ヘルプネット)のような安全性を高める機能だろう。新型車を購入する際には、比較的少ない出費で大きな安心が得られるから、可能なかぎり加入しておきたい。

最近では、軽自動車にも高性能な衝突被害軽減ブレーキ(緊急自動ブレーキ)が次々と搭載され始めている。安全性能の向上がますます求められる軽自動車において、SOSコール(ヘルプネット)は今後の軽自動車選びの基準にもなり得る安全装備なのかもしれない。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆様に怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る