ニュース
“観音開き”のSUVが電気自動車に!

マツダ初のEV、「MX-30 EV MODEL」。航続距離は256km、価格は451万円から

2021年1月28日、マツダはSUV「MX-30」の電気自動車版となる「MX-30 EV MODEL」を発売した。

マツダ初の量産電気自動車「MX-30 EV MODEL」が、2021年1月28日に発売された。35.5kWhのバッテリーを搭載し、航続距離はWLTCモードで256km。駆動用モーターの最高出力は145PS、最大トルクは27.5kg-mを発生させる。価格はベースグレードの「EV」で451万円(税込)から

マツダ初の量産電気自動車「MX-30 EV MODEL」が、2021年1月28日に発売された。35.5kWhのバッテリーを搭載し、航続距離はWLTCモードで256km。駆動用モーターの最高出力は145PS、最大トルクは27.5kg-mを発生させる。価格はベースグレードの「EV」で451万円(税込)から

MX-30の製品画像
マツダ
3.78
(レビュー38人・クチコミ606件)
新車価格:242〜495万円 (中古車:178〜481万円

マツダは、2020年10月に「MX-30」のマイルドハイブリッドモデルを発売したばかりだが、早くもラインアップが拡大されたことになる。なお、MX-30 EV MODELはマツダとしては初の量産電気自動車だ。

MX-30 EV MODELの駆動方式は前輪駆動で、駆動用モーターやインバーターなどの高電圧ユニットは、車両前方に搭載されている。また、床下に収められている高電圧リチウムイオンバッテリーには、バッテリーを冷却する「冷媒冷却システム」が採用されている。高い気温でもバッテリーの温度をベストに保つことで、熱によるバッテリーの劣化を抑制するものだ。

駆動用モーターの最高出力は145PS、最大トルクは27.5kg-mで、バッテリーの総電力量は35.5kWh。1回の充電で走行できる距離は、WLTCモードで256kmだ。たとえば、日産「リーフ」では、総電力量が40kWhのモデルは航続可能距離が322km、62kWhのモデルは458kmになる。これに比べてMX-30 EV MODELは、リチウムイオン電池の総電力量が小さく、1回の充電で走れる距離も256kmと短い。なお、2020年10月に発売されたホンダの電気自動車「Honda e」のバッテリーは、総電力量がMX-30 EV MODELと同じ35.5kWh。Honda eが搭載するモーターの最高出力は、標準タイプが136PS、アドバンスが154PSで、最大トルクはどちらも32.1kg-mになる。そして、Honda eが1回の充電で走れる距離は、標準タイプが283km、アドバンスは259kmだ。MX-30 EV MODELの動力性能や1回の充電で走れる距離などは、既存の電気自動車でいえばHonda eに近い。

MX-30 EV MODELの、電気自動車らしい特徴のひとつとして「ステアリングホイールパドル」が採用されていることがあげられる。これは、ステアリングホイールにパドルスイッチが装備されており、回生による減速度を5段階で調整することができるものだ。減速を強めれば、回生による発電とリチウムイオン電池の充電が積極的に行われ、減速を弱めれば一般的なAT車のように運転することができる。さらに、MX-30 EV MODELには回生協調ブレーキも採用されている。ドライバーがブレーキペダルを踏んだときに、操作量から最適な制動力を判断し、その範囲内で最大限度のエネルギー回生を行ってくれるという仕組みだ。MX-30 EV MODELは、減速エネルギーを使った高効率な発電と、ドライバーが感じる自然な運転感覚とをうまく両立させている。このような点は、走りにこだわるマツダらしい取り組みのひとつだ。

■マツダ「MX-30 EV MODEL」のグレードラインアップと価格
※価格は、すべて税込
EV:4,510,000円
EV Basic Set:4,587,000円
EV Highest Set:4,950,000円

グレードは、最も価格が安いベースグレードのEVでも、必要な装備は充実している。さらに、中間グレードのEV Basic Setになると、「交通標識認識システム」や「アドバンストキーレスエントリーシステム」などが加わる。EV Basic Setは、EVに77,000円を加えるだけで実用装備が充実するので割安だ。そして、最上級グレードのEV Highest Setでは、「アダプティブLEDヘッドライト」や、渋滞時の疲労を軽減させる運転支援機能の「クルージングトラフィックサポート」、「ボーズサウンドシステム」や運転席の電動調節機能などが標準装備される。価格は、EV Basic Setよりも363,000円高いが、シート生地に合成皮革が使われていたり、車内の装飾類が追加されるなど、価格差に見合った装備が加わる。

3つのグレードのうち、最も推奨できるグレードは中間グレードのEV Basic Setだ。装備内容は、マイルドハイブリッドのMX-30に当てはめると、ベーシックパッケージ装着車(2,497,000円)の内容を少し充実させたものになる。MX-30 EV MODELの価格は、マイルドハイブリッドに比べると209万円高く、装備などの違いを補正すると実質200万円の上乗せになるが、経済産業省によるEV購入補助金の交付を受けられるようになる予定だ。
※記事掲載時点では、具体的な補助金額については不明

ちなみに、リーフの価格は40kWhのバッテリーを搭載してプロパイロットなど標準装備が充実している「X Vセレクション」で、4,056,800円。これに対してMX-30 EV Basic Setは、リーフ X Vセレクションと同水準の装備を採用して、4,587,000円になる。機能と価格のバランスから判断すると、MX-30 EV MODELは、駆動用電池の総電力量が小さいこともあってやや割高感がともなうかもしれない。

なお、電気自動車は一般的にバッテリーの劣化という問題を抱えており、数年後の売却額が下がることも懸念されている。もし、それが心配なら、残価設定ローンを利用するといいだろう。ほかのマツダ車と同様に、残価率(価格に占める残存価値の割合)が保証されており、期間満了後に車両を返却すれば、価値の下落が生じないというものだ。注意点としては、車両に事故歴が生じたときなど、自分に過失がなくても精算金が生じる、といったことが考えられる。そのような注意は必要になるものの、数年後の売却額に不安があるなら、積極的に残価設定ローンの利用も検討したいところだ。

価格だけを見れば、MX-30のマイルドハイブリッドとEV MODELを比べると、マイルドハイブリッドのほうが割安だ。だが、電気自動車の静かで滑らかな走りと、MX-30の開放的で快適な居住空間や柔和なデザインは、互いの魅力がうまく融合されている。2019年の東京モーターショーで、MX-30 EVのプロトタイプが世界初公開されてから約2年、満を持して発売されたマツダ初の電気自動車。今後は、ロータリーエンジンを発電機として復活させるレンジエクステンダーEVなど、マツダの電動化戦略に期待したい。

渡辺陽一郎

渡辺陽一郎

「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も大切と考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心掛けるモータージャーナリスト

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
MX-30の製品画像
マツダ
3.78
(レビュー38人・クチコミ606件)
新車価格:242〜495万円 (中古車:178〜481万円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る