ニュース

ケンウッドの新しい2カメラドラレコ「DRV-MR870」は初の3年保証!

JVCケンウッドは、ケンウッドブランドから新たなフラッグシップモデルの前後2カメラドライブレコーダー「DRV-MR870」を、2022年10月下旬に発売する。

ケンウッドは、前後2カメラドライブレコーダーの新たなフラッグシップモデルとなる「DRV-MR870」を、2022年10月下旬に発売する。その最大の特徴は、ケンウッド初となる3年間のメーカー保証が付与されていること。さらに、フロントカメラに加えてリアカメラも高性能なことや、microSDメモリーカードが2枚挿せるダブルスロット、あおり運転を自動で検知、撮影してくれる「AIセンシング」など、機能も豊富に備えている

ケンウッドは、前後2カメラドライブレコーダーの新たなフラッグシップモデルとなる「DRV-MR870」を、2022年10月下旬に発売する。その最大の特徴は、ケンウッド初となる3年間のメーカー保証が付与されていること。さらに、フロントカメラに加えてリアカメラも高性能なことや、microSDメモリーカードが2枚挿せるダブルスロット、あおり運転を自動で検知、撮影してくれる「AIセンシング」など、機能も豊富に備えている

DRV-MR870の市場推定価格は、44,000円(税込)。主なスペックは、以下のとおりだ。

■ケンウッド 前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR870」
発売予定日:2022年10月下旬
市場推定価格:44,000円(税込)
最大記録画素数[フロントカメラ、リアカメラ]:約368万画素
最大記録画角[フロントカメラ、リアカメラ]:水平115°×垂直63°×対角 134°
F値[フロントカメラ、リアカメラ]:F1.6
液晶サイズ:2.7V型フルカラーTFT液晶
記録解像度[フロントカメラ、リアカメラ]:WQHD(2560×1440)/3M(2304×1296)/ FULL HD(1920×1080)/HD(1280×720)/WVGA(800×480)
フレームレート:29.1/9.7/3.2fps
常時録画ファイル単位:1分
記録メディア:microSDメモリーカード16GB〜128GB 対応(Class 10)
主な特徴や機能:長期メーカー保証期間(3年間)、STARVIS搭載、HDR機能、AIセンシング機能、スモークシースルー機能(リアカメラ)、microSDカードダブルスロット、SDカードメンテナンスフリー機能、SD寿命告知機能

DRV-MR870は、フラッグシップモデルならではの高い性能や豊富な機能が備わっており、さらに同社の市販向けドライブレコーダーとしては初となる、3年間のメーカー保証が付与されているのが大きな特徴になる。

ドライブレコーダーを購入した後、心配な点としてあげられるのが、メーカー保証が切れた後の万が一の故障だろう。ドライブレコーダーは、自動車を運転している時や駐車時など日々正常に稼働しているからこそ、事故やトラブルなどの際に大事な証拠映像を記録してくれるとともに、安心感を提供してくれる。それが、突然の故障に見舞われるようなことがあればとても不安になるし、余計な出費も増えてしまう。だが、メーカー保証期間内であれば、製品のスムーズな修理や交換が可能だ。これまで、ケンウッドを含む大手メーカーのドライブレコーダーの保証期間は、そのほとんどが購入から1年間だった。だが、メーカー保証期間が3年間あれば、たとえば新車の納車と同時に取り付ければ最初の車検を迎えるまでメーカー保証期間が続くので、安心感はよりいっそう高まるだろう。

DRV-MR870には、microSDメモリーカードを2枚挿せる「microSDカードダブルスロット」が搭載されている

DRV-MR870には、microSDメモリーカードを2枚挿せる「microSDカードダブルスロット」が搭載されている

また、DRV-MR870は保証期間の長さだけでなく、ケンウッドのフラッグシップモデルとして、ふさわしい性能や機能を備えていることにも注目したい。DRV-MR870には、microSDメモリーカードを2枚挿せる「microSDカードダブルスロット」が搭載されているので、スロットがひとつのドライブレコーダーに比べて、長時間録画を実現している。たとえば、128GBのmicroSDメモリーカードを2枚挿し、さらに低フレームレートで録画すれば、最大約100時間もの長時間録画が可能だ。

さらに、DRV-MR870ではフロントカメラ、リアカメラのどちらも高い性能を有していることも特徴のひとつだ。フロントカメラ、リアカメラの両方にF1.6の明るいレンズが採用されており、フルハイビジョンの約1.8倍となる、約368万画素のWQHD(2,560×1,440ピクセル)での撮影が可能となっている。

また、ソニー製高感度CMOSセンサー「STARVIS(スタービス)」が、フロントカメラ、リアカメラのどちらにも搭載されているので、夜間やトンネルなどの暗いシーンにおいても、明るくクッキリとした映像で撮影できる。さらに、リアカメラには「スモーク シースルー機能」が搭載されており、リアガラスがスモークガラスであっても、スモークの濃さの設定によって後方の映像を明るく撮影できる。

DRV-MR870には、後方からの急接近や蛇行運転などのあおり運転を自動で検知・録画する「AIセンシング」機能が搭載されている

DRV-MR870には、後方からの急接近や蛇行運転などのあおり運転を自動で検知・録画する「AIセンシング」機能が搭載されている

DRV-MR870には、後方からの急接近や蛇行運転などのあおり運転を自動で検知・録画する「AIセンシング」機能が搭載されている。リアカメラの検知エリア内に後方車両が侵入すると、自動で検知して追尾を開始。検知エリア内で、急接近や蛇行運転の繰り返しなどを検知すると、ドライバーに警告音と画面表示で知らせるとともに、録画映像を書き換えされないイベントフォルダーへ保存してくれる機能だ。

DRV-MR870は、24時間365日の駐車録画にも対応している。駐車中に、フロントカメラへ内蔵されているGセンサーが振動を検知するとドライブレコーダーが起動し、フロントカメラとリアカメラで撮影した映像を記録してくれる(駐車録画機能を使うには、別売の車載電源ケーブル「CA-DR100」が必要)。そのほか、microSDメモリーカードのエラーを防止する「SDカードメンテナンスフリー」機能や、microSDメモリーカードの交換時期を画面表示と音声で知らせてくれる「SDカード寿命告知機能」など数多くの機能が搭載されている。

ケンウッド「DRV-MR870」は、フラッグシップモデルと呼ぶにふさわしい最高峰の性能や機能を備えながら、3年間のメーカー保証が付与されることによって、これまでにないさらなる安心感を手に入れたと言えそうだ。

最後に、ケンウッドのオンライン公式ストア「JVCケンウッドストア」では、2022年9月28日〜10月25日まで30台限定で、高耐久32GBのmicroSDメモリーカードとケンウッドオリジナルステンレスボトルが付いてくる特別セットを予約販売している。詳しくは、JVCケンウッドストアのホームページにて確認してほしい。
https://online-store.jvckenwood.com/

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

自動車関連を担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る