ハイテクな暑さ対策グッズ

リュックと背中の間が暑い…“背中冷却ファン”で解消だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

リュックサックを背負っていると背中が蒸れて気がついたら背中が汗だくになって、Tシャツがグショグショになってしまうなんてことはよくあることです。今年は冷夏といえ、夏は夏なので、汗をかかない日は少ないですよね。
ということで、夏の冷却シリーズとして、今回はリュックを背負ったときの蒸れを解消するグッズ「リュック取付型 背中冷却ファン」を紹介します。

背中冷却ファンです。これを手持ちのリュックサックに取り付けます

背中冷却ファンです。これを手持ちのリュックサックに取り付けます

リュックと背中の間に空気を通すアイテム

背中冷却ファンは、リュックサックと背中に空間を設けることで、空気のとおりをよくし、蒸れを解消します。しかもモバイルバッテリーに接続すれば、2つのファンが回転し、空気の流れをよりよくしてくれます。
背中冷却ファンの本体はメッシュ素材になっており、背中に当たる部分が密着しても通気性がよく弾力性もあるので、背中が痛くなりません。
リュックサック側はアールが付いたフレームが2本あり、ここでリュックと背中に隙間を作ってくれるわけです。

こんな感じでリュックサックに装着します。サイズ感が調度よいので背中に当たる部分に違和感がなく、外からは目立たなくなっています

リュックとは簡単に連結できる

設置は本品上部のベルトをリュックサックの上部の持ち手にくぐらせ、左右の肩ベルトの下部にベルトを通すだけです。リュックを背負っていない状態では、安定しない感じですが、いざ背負ってみるとピッタリと安定してくれます。

これだけでも背中の蒸れから開放してくれますが、ファンも付いているので、それもちゃんと試してみました。ファンからケーブルが出ており、モバイルバッテリーに直(じか)付けすると起動します。スイッチの類がないので、オン・オフはモバイルバッテリーとケーブルを接続したり切り離したりして行います。ここらへんはちょっと乱暴な感じです。

リュックサック上部の持ち手にベルトを通し、装着します

リュックサック上部の持ち手にベルトを通し、装着します

左右の肩ベルトの下部にもベルトを通して安定させます

左右の肩ベルトの下部にもベルトを通して安定させます

反対側の肩ベルトにもベルトを通します

反対側の肩ベルトにもベルトを通します

「電動ファン」も付いています!

本体の下部にファンが設置されています。真ん中からは電源用のケーブルがあります

本体の下部にファンが設置されています。真ん中からは電源用のケーブルがあります

ファンが動いてもTシャツ越しだと、少し風が吹いているかな? 程度で、扇風機のように風で涼しくなる感じではなかったです。でも、リュックサックと背中の隙間の風通しをよくしているので、効果はあると感じました。

リュックサックに装着したところ。メッシュ部分とリュックサックの間に隙間ができています

リュックサックに装着したところ。メッシュ部分とリュックサックの間に隙間ができています

わかりやすいように撮影しましたが、リュックサックに荷物が入っていると背中冷却ファンは見えにくくなります。暑さ対策には十分なるレベルです

本体の重量は405gとペットボトル1本分に欠けるくらいの重さなので、余計な荷物を増やしたくない人には重く思えるかもしれませんが、背中に背負うのでこの程度ではほぼ負荷には感じません。とりあえずは、残暑が過ぎるまでは確実に必需品だといえますね。

岡安学

岡安学

ゲーム情報誌編集部を経て、フリーランス・ライターに。現在は、デジタル機器を中心にWebや雑誌、Mookなどで活躍中。近著に『INGRESSを一生遊ぶ!』(宝島社刊)。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る