撮影した画像をPCに簡単にコピーできるmicroSDカードリーダー

「iPhoneにカードを挿せたら…」が実現する便利アイテム発見!

このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドサービスも便利ですけど…

モノ系ライターのナックル末吉です。さて、皆さんはiPhoneで撮影した画像をパソコンにコピーする際はどうされているでしょうか? 最も一般的なのはDrop Boxなどのクラウドストレージを使う方法ですね。各種クラウドサービスの「カメラアップロード」という機能を使うと、特に意識しなくても、クラウドを経由してパソコンに同期されて便利です。しかし、撮影枚数が多かったり、動画を転送すると通信量を消費してしまったり、時間がかかったりするものです。

そこで今回は「microSDカード」を経由して、iPhoneとパソコン間でデータのやり取りが可能なLightningコネクタ搭載のmicroSDカードリーダー「4K iReader」をご紹介します。

まずはパッケージです。Photo Fast製品おなじみのクリアパッケージです

まずはパッケージです。Photo Fast製品おなじみのクリアパッケージです

本体を取り出しました。Lightningコネクタにはキャップがついています

本体を取り出しました。Lightningコネクタにはキャップがついています

コネクタの片方はLightning

コネクタの片方はLightning

もう一方は一般的なUSBになっています

もう一方は一般的なUSBになっています

ストラップホールが設けられています。本体サイズがかなり小さいので紛失防止にイイですね

ストラップホールが設けられています。本体サイズがかなり小さいので紛失防止にイイですね

microSDカードはLightningコネクタ側から挿入します

microSDカードはLightningコネクタ側から挿入します

microSDカードがあれば容量を気にせず撮影できる

microSDカードがあれば容量を気にせず撮影できる

microSDカードがあれば容量を気にせず撮影できる

iPhone 7に接続してみました。操作はオリジナルアプリから行います

iPhone 7に接続してみました。操作はオリジナルアプリから行います

パソコンのUSBコネクタに接続しました

パソコンのUSBコネクタに接続しました

さて、この4K iReaderですが、iPhoneとパソコン間でデータをやり取りするだけでなく、iPhone内に保存されている写真などをバックアップするもヨシ、デジカメで撮影した写真をiPhoneに取り込むもヨシとさまざまな使い方が可能です。

特にiPhoneにはmicroSDカードスロットが搭載されていないので、容量が小さいiPhoneを買ってしまった人にとっては、救世主となるアイテムです。

microSDカードは、容量64GBのものでも3,000円以下で購入できるので、複数枚を挿し換えて使用すると、使い勝手の幅が広がるので、筆者的におすすめです。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
生活お役立ち最新記事
生活お役立ち記事一覧
2017.6.23 更新
ページトップへ戻る