新製品レポート
時間にして30秒。1杯で必要な栄養がすべて摂れる

完全栄養食「COMP」に、愛好者待望のドリンクタイプが誕生

何か食べなきゃいけないけど、作るのも買いに行くのもめんどくさい、時間もないという時に、手軽にバランスのよい栄養補給ができたら……。そんな願いをかなえてくれる、「COMP(コンプ)」という食品があるのをご存知でしょうか? このたび、そんなCOMPに、従来からの粉末タイプ、グミに続き、より手軽に飲むことができるドリンクタイプが登場。2018年4月1日より発売されます。ここでは、「そもそも、COMPってなに?」という基礎知識から、新登場したドリンクタイプの印象までをお伝えします。

そのまま飲むだけ、30秒で必要な栄養が摂れる? 手軽さを極めたCOMPドリンク

COMPとは、飲む(食べる)だけで、ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂質、たんぱく質、糖質といった、人間の健康維持に欠かせない必須栄養素をバランスよく配合したという「完全バランス栄養食」(メーカー談)。材料の買出しや調理、調理器具の片付けなどの手間がすべてなし! という手軽さが多くの人の支持を得ており、2018年3月時点で、2万人を超える購入会員がいるそうです。

これまでCOMPには、液体に溶かして飲む粉末タイプと、そのまま食べられるグミタイプの2種類がラインアップされていたのですが、粉末タイプの愛用者から、「溶かして飲むという手間すら惜しい」という声が多かったこともあり、このたび、待望のCOMPドリンクが発売されることとなりました。

COMPドリンクは予約受付中で、2018年4月1日より順次発送予定。価格は6本セットで7,800円(税込)です。12、24、48本セットもありますが、1本あたりの値段はすべて1,300円(税込)です。

今回新たに発売となるCOMPドリンク。1Lのカロリーは1,000kcal! 100mlで100kcalなので、カロリー計算がしやすいですね

従来の食事、COMP粉末、COMPドリンクの食事工程を表したイメージ。従来の食事(上)は、献立検討から、買い物、調理、片付けなどで1時間以上かかるのに対し、COMP粉末(真ん中)は、溶かして飲んで片付けるだけの5分で完了。COMPドリンクの登場により、「飲む。以上!(この間約30秒)」というさらなる時短が実現できます

COMPドリンク1本の中には、たんぱく質が82.5g(鶏胸肉350g分くらい)、食物繊維が23.8g(ごぼう4本分くらい)も入っています! 個人的には糖質をもうちょっと抑えてくれるとうれしいかも。愛用者だという薬剤師の女性は、「セレン」が入っているということに感心していました。セレンというのは抗酸化の働きがあり、老化防止や免疫機能の向上などが期待できるそうですが、市販の機能性食品では忘れられがちな成分だそう

さっそくCOMPドリンクを試飲。失礼ながら、「1Lで1,000kcalって、どんなギトギト味だよ」と思いながら恐る恐る飲んでみると、ちょっと甘めで濃いめの豆乳味です。飲み口はまったく重くありません。機能性食品にありがちな鉄臭、プロテイン臭もなし。まずいどころか、これはおいしい。

ミルクティーのような色で、ほんの少しとろみのある口当たり。豆乳が苦手でなければ飲みやすいでしょう。粉末タイプ愛用者によると、粉末タイプを溶かしたものに味は似ているものの、より口当たりがなめらかだそう

オレンジジュースと混ぜると、コクがあるゆるめの「フルーチェ」みたいになります。ほかにもコーヒーや紅茶、甘酒などにも合うそうで、飽きる心配なし

ある日の昼食代わりにCOMPドリンクを400ml飲んでみました。筆者は食事の時間が寝る時間よりも好きなので、やはり固形物を食べたいという気持ちは正直消えません。ただ、腹持ちは思ったよりいいです。

毎日の昼食をCOMPにしろと言われるとかなり躊躇しますが、筆者の場合は、午前中に取材に出かけ、会社に戻ってすぐに原稿書きに入らなければ! という日が多々あります。そんな日はパンなどを片手に原稿を書くのですが、当然栄養バランスは最悪でしょう。そういった場合は、COMPの活用も選択肢としてアリだと思います。また、糖質は含まれているものの、普通の食事としてごはんやパンを食べた日に比べ、眠くなりにくい気がしたのも印象的でした。COMPではそこまで満腹にならないので、そのせいもあるかもしれませんが……。

「3種のCOMP」が出そろい、使い勝手も向上

COMPには、すでに粉末タイプと、UHA味覚糖と共同開発したCOMPグミ(配合されている栄養成分はCOMPドリンクと同じ)が発売されているので、COMPドリンクと合わせて3種類のCOMPが選べることとなります。嗜好やシチュエーションによってタイプを選ぶことができるので、より使い勝手がよくなりました。

COMPグミは、10袋セットが5,000円(税込)。水や入れ物なしで食べることができ、粉末やドリンクと違って、咀嚼をすることで「食べた感」が得られるのもいいですね。含まれる栄養成分は、COMPドリンクと同様です。味はオレンジヨーグルト味っぽくておいしい! 賞味期限は1年半と長く、防災リュックに入れておいてもよさそう

また、現在国から必須栄養素として指定されている栄養素以外にも、人間の体にとってよい作用が期待できる栄養素を積極的に取り入れて行きたいという理念から、粉末タイプの「COMP パウダー 4.0」には、COMPドリンクやCOMPグミには配合されていない新しい3つの成分が含まれています。

「COMP パウダー 4.0」は、12袋セットが5,000円(税込)。「COMP パウダー 3.0」に比べて粉を細かく改良したことにより、水に溶けやすくなっています。1袋で400kcalなので、これ1袋で約1食分。愛好者の方によると、シェイカーを洗う手間を省くため、このパックに直接水を注いで飲む猛者もいるとのこと

「COMP パウダー 4.0」には、シナモンタイプAポリマー、イヌリンなど、人間の健康寿命を延ばすのに重要と考えられる成分が配合されています。成分のバランスは「COMP パウダー 5.0」、「COMP パウダー 6.0」……と改良をするにつれて、調整を続けていくとのこと

欲しいけどなかったから、COMPを作りました

COMPを作り始めたのは、株式会社コンプの代表取締役社長である鈴木優太氏。もともと石油化学の研究者として働いていた鈴木氏は、研究に没頭するかたわら、ゲームを自作するほどの大のゲーム好き。仕事と趣味に忙しく食事の時間を惜しむあまり、手軽に食べられる健康食品ばかり食べ続けていたところ、体調を崩すはめに。そこで初めて、自分に栄養が足りていないことに気がついたのです。

手軽に健康的な食生活を送りたい。とはいえ、食事のために買い物に行って、調理をして、食べて、後片付けをするという時間がどうしても惜しい。それを手軽にかなえてくれる食品も見つからない。「じゃあ、自分で作ってしまえばいいんだ」と考えた鈴木氏は、自宅でCOMPの製作を始めたといます。

「自分の人生を改善するためにCOMPを作った」という、COMP代表取締役社長 鈴木優太氏

「自分の人生を改善するためにCOMPを作った」という、コンプ代表取締役社長 鈴木優太氏

自宅をラボにして、いろいろな成分の粉末を買い集めて研究を重ねたそう

自宅をラボにして、いろいろな成分の粉末を買い集めて研究を重ねたそう

COMPドリンクに含まれる栄養成分と、鈴木氏が食べ続けていたという栄養補助食品の成分の比較。COMPドリンクかいかに栄養バランス的にすぐれているかが見て取れます

研究の成果が実り、初代COMPが発売されたのが2015年のこと。当初は味や扱いやすさの面でやや難があったCOMPですが、発売以来改良を重ね、最新版であるCOMP パウダー 4.0は、扱いやすさとおいしさを両立。COMPグミや、今回発売となるCOMPドリンクを発売するまでにバリエーションが広がりました。

また、鈴木氏によると、人やシチュエーション、目的によって完全食の組成は違うため、今後は栄養素のバランスが異なる製品を発売していく予定とのこと。

粉末タイプは1年ごとにパッケージデザインを変え、味や粉の質感などにもこだわって改良を続けているそう

粉末タイプは1年ごとにパッケージデザインを変え、味や粉の質感などにもこだわって改良を続けているそう

おいしいものを食べるのは大好き! それでもCOMPを選ぶ理由とは?

発表会では、COMP愛用者による「COMP愛スピーチタイム」も行われました。登壇者はゲーマーやクリエイターといった、好きなことに没頭したいという人をはじめ、食品関連の研究者、薬剤師など、栄養素についての知識が豊富な面々も。「メタボと診断されていたがやせた」「やせすぎだったが、健康的な体重になった」など、COMPを使用し始めてから、口に入れるものが体を作っているということを実感したという声が多く聞かれました。

COMPを愛用している=いかにも「食べるのがめんどう」という食が細い、もしくは食にこだわりのない人たちの集まり、だと思っていたのですが、意外にも多くの人が、「おいしいものを食べることは大好き」だそう。ではなぜCOMPを愛用しているのかというと、食事には、「栄養摂取目的の食事」と、「楽しむための食事」の2種類があると考えており、COMPは前者として非常に有用なのだとか。食事にこだわっているからこそ、食事に手間をかけたくない時にも、コンビニ弁当やカップラーメンでなく、COMPを選ぶというわけです。

普段の生活でCOMPを愛用しているだけでなく、海外で行われるゲームの大会に行く時も、必ずCOMPを持参するというゲーマーの男性。「海外で行われるゲームの大会はスケジュール通りに進行しないことも多く、食事のタイミングが難しい。COMPを利用することで、渡航先でも時間をロスすることなく、バランスよく栄養補給ができる」と語っていました

COMP公式ページ

大泉瑠梨(編集部)

大泉瑠梨(編集部)

美容・健康家電を中心に新製品レポートやレビュー記事を担当。時には体を張って製品の実力をチェックします。

関連記事
ページトップへ戻る