レビュー
めったに見かけない「こころ」のグレード「S」を探し求めて

《ドラクエウォーク攻略》「S」は何個? 「都区内パス」で「キラマ」「キンスラ」狩りしてわかったことをまとめてみた

「キラーマシン」のグレード「S」が欲しくて欲しくてたまらない……

「キラーマシン」のグレード「S」が欲しくて欲しくてたまらない……

2019年11月15日、スクウェア・エニックスのRPGアプリ「ドラゴンクエストウォーク」(以下、「DQW」)は、1000万ダウンロードを達成した。「ドラゴンクエストW」のイベント開始や、新システム「心珠」「絆」「強敵」の追加など、続々と新しいイベントや機能がリリースされ、プレイヤーの勇者諸君もさぞかしワクワクしながらプレイしていることだろう。

かく言う筆者も、リリース後すぐに始めて、現時点(2019年11月21日)で「じぶん」レベル54、全職業合計レベル494と、微課金ユーザー(今のところ6,000円!)として大いに冒険を楽しんでいる。

さて、本ゲームの冒険を進めるために重要なのは、「じぶん」を含めた4人のキャラの強さだ。強くするためには、「そうび」「レベル」「こころ」「心珠」の4つを強化していく必要があるが、今回は無課金ユーザーでも足で稼げる「こころ」、それもキャラのステータスをグッと上昇させるレアな「こころ」の入手方法について注目してみた。

「こころ」はそれぞれ、「ちから」や「こうげき魔力」といった各ステータスUPの効果を持つ。それをキャラたちにセットすることで強化していくわけだ。なお、「こころ」は各キャラ3つまでセットできる

「かくてい」と「高かくりつ」の「こころ」を取りに行くのが最善手

「こころ」を手に入れる方法は2つ。フィールドでエンカウントしたモンスターがバトル(勝利のみ)の末にドロップするか、フィールドにちりばめられた「こころチャンス」の「かくてい」か「高かくりつ」を取りに行くか、だ。ちなみに「かくてい」の場合は、バトルに勝てば100%もらえるが、「高かくりつ」の場合はバトルで勝ってももらえない場合がある。

通常バトルの場合は出現しないことが大半なので、確実に入手するには「かくてい」と「高かくりつ」をザクザク取りに行くことが最善手と言える。

マップ上でも「かくてい」(写真)と「高かくりつ」の「こころチャンス」は確認できる

マップ上でも「かくてい」(写真)と「高かくりつ」の「こころチャンス」は確認できる

そして、そんな「こころ」の中でも、全体的にステータスが高く、汎用性が高いのが、「クエスト」のストーリー5章9話〜10話に出現する「キラーマシン」(以下、キラマ)と「キングスライム」(以下、キンスラ)だ。

「キラマ」と「キンスラ」(写真)は、どちらも「スキルの斬撃・体技ダメージ」が大きく上昇するので、戦士や武闘家、盗賊にセットしたい

レア度である「見かけやすさ」をそれぞれ見てみると、「キラーマシン」は「めったに見かけない」、「キングスライム」は「あまり見かけない」に設定されているうえ、「そうび」のように「ふくびき」で手に入るモノでもないので、これら2種の「こころチャンス」は激レアと言ってよい。さらに5段階に分けられたグレードにおいて最高の「S」のそれらは、非常に入手困難なのだ。

でも、冒険を有利に進めていくためには絶対に欲しい!

そこで以下では、「キラマ」と「キンスラ」の高コスパかつ楽しい入手方法を紹介。下記のようなユーザーはぜひ参考にしてほしい。

・休日に「こころ」を一気に集めたいユーザー
・あまりお金をかけたくないユーザー
・クルマ移動は興ざめすると思うユーザー
・移動中にレベル上げや壺集めも行いたいユーザー

「こころチャンス」集め6か条

「DQW」はシングルプレイも楽しいが、やはり仲間と冒険したほうがより楽しい。そこで、筆者の同僚ひとりに「こころチャンス」集めの冒険に同行してもらい、検証を行った。その際に使うべきモノや気をつけたこと、そして検証結果を以下で紹介しよう。

【第1条】「こころチャンス」集めの強い味方「みんドラ」を駆使すべし!

「こころチャンス」は、いろいろ調べてみると、おおよそ次のようなルールにのっとって出現するようだ。

〜「こころチャンス」出現ルール〜 ※公式ルールではないので注意
(1)全ユーザー、同じ場所に出現する
(2)出現するモンスターは、「見かけやすさ」が全ユーザー共通で、受注クエストやパーティの平均レベルによって変わる
(3)「かくてい」か「高かくりつ」かどうかも、全ユーザー共通
(4)ドロップする「こころチャンス」のグレードは、ユーザーごとに異なる
(5)出現するモンスターは、雨や夜の条件でも変わることがある
(6)出現場所は、午前3時にリセットされる
(7)1度出現したモンスターは、リセットされるまで変わらない

そんな「こころ」集めの最強の味方としてあげられるのが、情報共有マップアプリ「みんドラ」だ。これは、ユーザー誰でも「こころチャンス」の出現情報を登録できるマップで、それを全ユーザーで共有できるすぐれもの。出現モンスターの種類、「かくてい」か「高かくりつ」か、受注クエストとパーティのレベルなどを任意で登録可能だ。

「みんドラ」の情報共有マップのブラウザ版。写真は平日11:30のものだが、各駅ほぼすべての「こころチャンス」が投稿されている印象だ。ちなみに、メガモンスターの居場所や残り時間、「おみやげ」の場所も掲載されている

「みんドラ」は情報共有マップなので、掲載情報には人口による偏りや誤投稿が多少見受けられるが、ひとつの「こころチャンス」に対して数十人のユーザーが登録していることが多いので、実感としてほぼ100%信用してよいと感じた。

「めったに見かけない」の「こころチャンス」の投稿状況。15時の時点で、計53人のユーザーが投稿している。各ユーザーの受注クエストやパーティレベルによって、出現するモンスターが異なっている

「みんドラ」を使用する際に個人的にオススメなのが、タブレットPCで閲覧すること。ほかの地図アプリでもそうだが、大きいディスプレイでながめたほうが「こころ」情報を見やすいし、見落としにくい。とはいえ、「DQW」は歩くことが前提のアプリなので、8インチ前後のモデルのほうが使い勝手はよいだろう。

[タブレットPC選びはこちらをチェック!]
《2019年》おすすめタブレットを厳選! 選ぶならこの10台は外せない

【第2条】「都区内パス」などの「一日乗車券」を使うべし!

今回の検証は、東京都内で行うことを想定。移動手段は、クルマ、電車、自転車、歩行とあるが、なかでも電車は、あまり体力を使わずに安価で長距離移動できるうえ、駅単位で「こころ」を取りに行けるので効率がよさそうだ。

そして電車移動の場合、お得なのが「一日乗車券」。東京都の場合、以下のような種類が各電鉄会社によって用意されている。なお、今回の検証では、東京都23区内をくまなく移動できる「都区内パス」を利用した。

地下はGPSの電波が届きにくいため、東京メトロや都営地下鉄は「こころチャンス」集めの移動手段に向いていないため除外した

「都区内パス」で乗り降り自由な駅は全76駅

「都区内パス」で乗り降り自由な駅は全76駅

【第3条】モバイルバッテリーは必ず携帯すべし!

「こころチャンス」集めの移動中、基本アプリは起動しっぱなしだ。もちろんスマートフォンやタブレットPCのバッテリーはどんどん減っていくので、せめてフル充電1回は確実にできる容量5,000mAh以上のモバイルバッテリーを携帯しよう。

[モバイルバッテリー選びはこちらをチェック!]
《2019年》失敗しないモバイルバッテリーの選び方とおすすめ8製品

【第4条】シューズはクッション性の高いモデルを選ぶべし!

電車に乗っている間はあまり動かないが、「こころチャンス」を取りに行くために、駅から出現場所まで往復で5〜20分は歩くことがほとんど。足の疲れをなるべく残さないために、クッション性の高い素材を搭載したシューズを履いておきたい。たとえば、「ホカ オネオネ」や「On」のランニングシューズは、クッション性重視のモデルが多いので注目してみよう。

[シューズ選びはこちらをチェック!]
《2019〜2020年》人気の最新ランニングシューズ7足! 正しい選び方と目的別カタログ
[2018〜2019年]人気の最新ランニングシューズ11足! 正しい選び方と目的別カタログ

【第5条】突然の雨対策も怠るな!

休日を使い、長時間かけて集めまくる場合、急な雨に降られることもある。実際、今回の検証中も後半に雨が降ってきた。できるだけ軽装で動きたいところだが、折りたたみ傘は1本持っておきたい。濡れても困らないように、スマホの防水ケースや防水リュック、防水スニーカーなどが用意できれば完璧だ。

[レイングッズ選びはこちらをチェック!]
雨でも外で遊びたい! アウトドアブランドの有能「レイングッズ」7選
雨に負けないおしゃれな「超防水リュック」! 梅雨時期の通勤&通学に
梅雨でも超快適! すべらない防水スニーカー&ビジネスシューズ10選
東急ハンズの折りたたみ傘が超優秀! 濡れてもそのままカバンに入れられる!?

【第6条】「こころチャンス」集めの極意は「忍耐」! さすれば本当の勇者になれる!?

最後に、「こころチャンス」集め検証ツアーの一部始終を紹介しよう。

・検証ツアー第1章:冒険のはじまり

検証日の「キラマ」と「キンスラ」の「こころチャンス」の出現情報は以下の通り。

「みんドラ」で全76駅の周辺を調べた結果、合計19か所に出現していることがわかった。○が「かくてい」、△が「高かくりつ」の「こころチャンス」が各駅の近くに出現しているという意味。△が2つの場合は、「高かくりつ」が2つ出現している

ルートは、山手線原宿駅からスタートし、山手線を内回りで1周しながら葛西臨海公園駅や金町駅などへ行くために別の路線に乗り換えて往復しつつ新宿駅まで行き、最後に西荻窪駅から中央・総武線で小岩駅まで一気に向かう予定を立てた。

うまくいけば、「キンスラ」10個、「キラマ」9個をゲットできることになる。検証スタート前、2人でやれば「S」ランクが1個は出るんじゃないかと、ニヤニヤよだれを垂らしながら先ほどの表をながめていた。だがこのあと、とんでもない問題が起きることをこのときはまだ知るよしもなかった……。

「みんドラ」に情報が集まり切る頃合いを見計らって、検証は15時に原宿駅からスタートすることに!

原宿駅の券売機で「都区内パス」を購入

原宿駅の券売機で「都区内パス」を購入

検証当時、「みんドラ」の精度を100%信用していなかったため、一応まんべんなく駅をまわることに。電車の中で駅に着くたびに「DQW」上で「キラマ」と「キンスラ」の「こころチャンス」を見逃していないかチェック。そして、「みんドラ」情報最初の「こころチャンス」が出現している五反田駅で降車した。

・検証ツアー第2章:五反田でドヤ顔

左が「みんドラ」で、右が「DQW」で見た五反田駅周辺。「DQW」は五反田駅にいる時点の状態だが、「こころチャンス」は見当たらない。「みんドラ」の情報がなければ見逃していただろう

「DQW」上では確認できないが、「みんドラ」の情報を頼りにしながら、「キラマ」の「こころチャンス」があるとされる大崎広小路駅のほうへ歩みを進める。

同行した同僚デザイナーの「勇者ブッサン」。意地でもジェムは買わないと豪語し、「DQウォークマイレージ」が溜まりやすくなる「ゴールドパス」の購入にのみ課金する。それだけで、星5の武器を8割以上入手しているほど、「ふくびき」の引きの強さを持つ。別名「ひき神(しん)」

「みんドラ」の情報通り、「キラマ」の「こころチャンス」が本当にあった!

「みんドラ」の情報通り、「キラマ」の「こころチャンス」が本当にあった!

結果は、筆者はドロップなし……。しかし、勇者ブッサンが「D」ランクをゲット。しょっぱなから、ヒキ神らしい引きの強さを見せた。もちろんここで、「みんドラ」に出現情報を投稿。

そしてそのまま五反田駅の逆側に出現しているはずの「キンスラ」の「かくてい」を取りに向かう。

地図の位置までたどり着いたときに、右上の「キンスラ」の「かくてい」が出現した。直線距離でだいたい200mくらい。この距離以内に近づくと「こころチャンス」は出現するようだ

「こころチャンス」に近づいてバトル。そして……

「こころチャンス」に近づいてバトル。そして……

勇者ブッサン、「A」ランクゲット! すげーーー! 見てよ、この顔。「ヒキ神にかかればこんなもんですよ」的なドヤ顔。しょっぱなからこんな引きの強さを見せつけられて、驚きを超えて、ちょっとイラッとした

・検証ツアー第3章:矢口渡でりゅうおうガン無視

品川駅から東海道本線に乗り換えて、蒲田駅まで来た。そのとき、「みんドラ」を見ていたら、なんと東急多摩川線でひと駅となりの矢口渡(やぐちのわたし)駅に「キラマ」の「かくてい」が出現していることに気づいた。東急電鉄は「都区内パス」の範囲外なので、往復で252円かかる……。でもでも、めったに見かけない「キラマ」の「かくてい」ですぞ。えーい! 背に腹は変えられぬ。行ってやれ〜!

出た〜! 「キラマ」の「かくてい」〜! 矢口渡駅に出現していたメガモンスター「りゅうおう」(当時)はガン無視

「キラマ」の「かくてい」とバトルしているときが、1番ドキドキする。どのグレードをドロップするか……。「S」来い、「S」来い

2人とも「D」でした。

・検証ツアー第4章:赤羽で気づく

矢口渡駅をあとにし、順調に「こころチャンス」を狩っていった。

潮見駅の“倉庫ジャングル”で「キラマ」を狩ったり

潮見駅の“倉庫ジャングル”で「キラマ」を狩ったり

海を渡ったり

海を渡ったり

電車の中で、勇者ブッサンがおもむろに「ふくびき」を1回引いて、星5の武器「クリスタルクロー」を当てたり(MUKATSUKU!)

鶯谷駅に着いたとたん雨が降り始める中、閉門した神社の中に出現した「キンスラ」を路地裏から狩ったり

鶯谷駅に着いたとたん雨が降り始める中、閉門した神社の中に出現した「キンスラ」を路地裏から狩ったり

ビル風と雨にさらされながら「キンスラ」を狩ったりした

ビル風と雨にさらされながら「キンスラ」を狩ったりした

そして、赤羽駅に着いたのが22時。

あれ……もうそんな時間? まだ32駅も残っているんだけど……。最終電車までに全然まわり切れない!

誤算だった。「みんドラ」を信じ切れず、出現情報はないのにわざわざ総武線の馬喰町駅や常磐線の金町駅まで時間をかけて行ったのが間違いだった。

そして今、赤羽駅……。すんげえ北(筆者は中央線、勇者ブッサンは井の頭線沿線に自宅がある)。

もうしょうがないので終電時間から逆算して、最後にひと駅だけ行くことに。飯田橋駅だ。

・検証ツアー第5章:勇者の心得

飯田橋駅から歩くこと10分。最後となってしまった「こころチャンス」は、「キラマ」の「高かくりつ」だ。筆者は便意を我慢できずに公衆トイレへ。出現場所に戻ってきて、またあることに気づいた。

おわかりいただけただろうか……

おわかりいただけただろうか……

REPLAY

REPLAY

ブッサンが、「ドラゴンクエストV」の主人公風に変化してるぅ〜!

よくよく写真を見返してみてほしい。ブッサンは、「こころ」を手に入れるたびに、少しずつホンモノの勇者へと成長していたのだ!

そして、「高かくりつ」から「キラマ」をゲット。見よ! デザイナーなのに24時まで歩かされて、雨に打たれながら恥ずかしいコスプレもさせられているのにもかかわらず、このりりしい表情! さすがヒキ神!(筆者はドロップなし! くそー!)

【まとめ】「こころ」を狩りに行って本当の「こころ」に触れた

検証ツアーの結果はこちら!

「S」は1個もドロップせず

「S」は1個もドロップせず

結局、8時間で8個の「こころチャンス」に遭遇し、道中バトルで2個ドロップした結果となった。でも正直なところ、AM10時くらいからスタートして、「みんドラ」の情報が投稿されている駅だけ行っていれば、「こころチャンス」が出現していた残り8駅もまわれたと思う。疑っていてゴメンナサイ、「みんドラ」さん……。

今回の検証を通じて、1番感動したのはやはり「みんドラ」の精度の高さだ。「こころチャンス」の情報は登録したところで、何かメリットがあるわけではない。「こころチャンス」を発見した喜びを誰かに伝えたくて、みんなに共有したい気持ちはわかる。とはいえ、登録自体は慈善である。東京都に「DQW」のユニークユーザーが何人いるかわからないが、みんなでこれだけ精度の高いマップが毎日作れていることに感動した。

モンスターの「こころ」を狩りに行ったら、人のやさしい「こころ」に触れられた。そう、勇者にとって大事なのは、「カネ」(ジェム)ではない。“こころ”なのだ!

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る