いいモノ調査隊
「ミニファミコン」のナムコ版?

ナムコの名作が1台に凝縮! パックマン型のゲーム機

あの頃のナムコがこれ1台に詰まっています

筆者にとって、いえ往年のゲームプレイヤーにとって、特に1980年代前半のナムコは特別なメーカーです。
新作のゲームはすべて独創的で斬新で、そしておしゃれだった。それが1年に何作も登場するもんだから、「ゲームってすげー!」と少年時代の筆者は思ってしまったわけです。

そんな名作の数々が10タイトル+αも詰まったハードをお取り寄せしてみましたよ。

「Pac-man Connect & Play(パックマン コネクト&プレイ)」 米国バンダイから発売されているようです

「Pac-man Connect & Play(パックマン コネクト&プレイ)」 米国バンダイから発売されているようです

裏面はこんな感じ。収録タイトルが書かれています

裏面はこんな感じ。収録タイトルが書かれています

任天堂が昨年「クラシックミニ ファミリーコンピュータ」を発売して大ヒットしたのも記憶に新しいですが、これはそのナムコ版のようなもの。この本体の中にゲームが収録されていて、本体をテレビに接続して遊ぶことができます。

パックマンをかたどった本体。右上の白いスイッチは電源ボタン

パックマンをかたどった本体。右上の白いスイッチは電源ボタン

本体裏が開くと、コンポジットのケーブルが収納されていました。電源となる電池も裏面にセットします

本体裏が開くと、コンポジットのケーブルが収納されていました。電源となる電池も裏面にセットします

テレビにつなぐだけで始まります

テレビにつなぐだけで始まります

収録タイトルは12種類! 懐かしのゲームがよみがえります

収録タイトルは『パックマン』『スーパーパックマン』『パック&パル』『ニューラリーX』『ギャラクシアン』『ギャラガ』『ゼビウス』『ボスコニアン』『マッピー』『ディグダグ』の10タイトルに加え、当時他社から発売されていた『パックマンプラス』や、新作(?)の『パックマン256』も収録されています。

ゲームを選ぶメニュー画面。コンポジット接続なので画質はまあこんなもんでしょう

ゲームを選ぶメニュー画面。コンポジット接続なので画質はまあこんなもんでしょう

『パックマン256』というタイトルはPCとPS4でもリリースされていますが、それとはルールが違います。最初の面は普通と変わらず(ただし敵のスピードは速い)。でもパワーエサを食べても敵が青くなりません。敵の動く方向は反転するので、緊急回避には使える感じです。で、2面になると画面の右半分が壊れます。これ、本家『パックマン』で、256面を超えると画面が壊れて表示されるというバグを再現したものなんだと思います。マニュアルが英語なので正確ではないかもしれませんけども(汗)。

その他の収録タイトルは、すべてアーケード版からの移植になります。グラフィックも音楽もアーケード準拠。一部ゲームはスコア・残機表示が右側に移動されてたりしますけど、ゲーム自体はアケ版です。パターンなどをしっかり検証したわけではありませんが、結構いい感じですね。ファミコン版などでは簡略化されているような部分も、ちゃんと再現されています(『マッピー』の屋敷が6階建てとか)。

コントローラーにやや難ありですが、ファンにはたまらない品!

遊ぶときは、このようにスティックをにぎります

遊ぶときは、このようにスティックをにぎります

コントローラーの感覚は、まあ安っぽいかなぁ…。スコスコ感は否めません。でもしっかり反応はしてくれるので困ることもなく。…で、問題なのがこのスティック、上下左右の4方向に入れやすい機構になってるぽくて、ナナメ入力するのは結構難儀です。そのため、『ゼビウス』『ボスコニアン』の2タイトルはとても遊びづらい…。

ただ4方向特化は、その他の2&4方向しか動けないタイトルにとっては逆に遊びやすい機構なんですよね。これらのタイトルでしょっちゅうナナメ入力を感知すると、キャラが止まったりするんです。
なので…欲をいえば4方向・8方向の入力を切り替える仕組みを入れるか、もしくは収録タイトルを2・4方向入力のゲームだけにしたらよかったんじゃないかな、と個人的には思いました。

とはいえ、往年の名作がこれ1台で遊べるのは楽しいです! Wiiなどのゲーム機にもナムコのアーケードゲームは移植されていますが、それよりもお手軽に遊べて、持ち運びも楽チン。形がパックマンなのもうれしいですし、ファンなら一見の価値はありますよ。

かややん

かややん

1972年、神奈川県横須賀市生まれ。任天堂ハード系専門誌「NintendoDREAM」でいろいろやってます。好きな物は任天堂と1980〜90年代のパソコン、パソコンゲーム、アーケードゲーム。Mac大好き。あとプログレッシヴロックと少女まんが。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
ゲーム ハードのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る