今週発売の注目製品ピックアップ(2017年10月16日〜22日)

ソニーから、PS VRに対応した「グランツーリスモSPORT」が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、PlayStation VRに対応したリアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモSPORT」や、シャープのタテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」、JBLのBluetoothイヤホン「T110BT」を紹介する。

SIE「グランツーリスモSPORT」

2017年10月19日(木)発売

ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアから、リアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」シリーズの最新作となる、PS4用ソフト「グランツーリスモSPORT」登場する。

価格は、「通常版」が6,900円、「リミテッドエディション」が9,900円、「デジタルリミテッドエディション」が7,900円(いずれも税別)。

「グランツーリスモ」シリーズは、世界累計販売7690万本(2017年3月末時点)を超えるリアルドライビングシミュレーター。「グランツーリスモSPORT」では、4K、60fps、HDR、ワイドカラープロセスに対応するほか、市販車からレーシングカー、コンセプトカーまで150台以上のクルマを収録する。

また、高速オーバルトラックから首都高速まで、17ロケーション28レイアウトを収録。PlayStation VRに対応しており、アーケードモードに専用モードの「VRドライブ」を用意し、本物のインテリアに包まれたドライバーズシートに座ったような感覚で、1対1のレースが楽しめる。

パッケージ版は、「通常版」に加え、初回生産限定の「リミテッドエディション」を用意。「リミテッドエディション」には、ドライビングテクニックからメカニズム、自動車の歴史までを詰め込んだ大判の「スペシャルブックレット」や、ゲーム内で使用できる8台のクルマをセットにした「カーパック」などがダウンロードできるプロダクトコードを同梱する。

さらに、「通常版」と「リミテッドエディション」共通の早期購入特典として、ゲーム内で使用できる3台のクルマをセットにした「ボーナスカーパック」がプレゼントされる。

ダウンロード版は、「通常版」に加え、「リミテッドエディション」に含まれるダウンロードコンテンツをセットにした「デジタルリミテッドエディション」を期間限定で用意。さらに、「デジタルリミテッドエディション」限定特典として、1億クレジット(ゲーム内通貨)、ヘルメット(ゲーム内コンテンツ)がプレゼントされる。

シャープ「ES-PU11B」

2017年10月19日(木)発売

シャープから、「ハーフミラーガラス」を採用した洗濯容量11kg・乾燥6kgタイプのタテ型洗濯乾燥機「ES-PU11B」が発売される。

スタイリッシュでお手入れがしやすいフラットな「ハーフミラーガラス」を採用したプラズマクラスター洗濯乾燥機のプレミアムモデル。操作部は「光るタッチナビ」を採用し、操作に必要なキーと表示だけが光って操作を知らせるため、わかりやすく迷わない。このほか、頻繁に洗えない衣類や水で洗えないものも「プラズマクラスター」でスッキリ消臭する。

サニタリー空間の工夫や美しさをデザインに取り入れたタテ型洗濯乾燥機。水の流れや拭き取りやすさに配慮した洗面ボウルをモチーフに、段差や継ぎ目のない滑らかな投入口をデザインした。

また、ハーフミラーのフラットガラスのフタは、光を反射し空間を引き立てる。 洗浄力の面では、「超音波ウォッシャー」を搭載し、手洗いでは落ちにくいワイシャツの皮脂汚れなどの部分汚れを毎秒約38000回の超音波振動で弾き出して、素早くキレイに落とす。頑固な汚れの洗濯物も、「超音波ウォッシャー」による高い洗浄力と新採用の「10分洗濯コース」の組み合わせで、短時間で汚れをすっきり落とせる。

そして、同社独自の「穴なし槽」は、高い節水性を実現するとともに、洗濯槽の外側についた黒カビや汚れが洗濯槽内に侵入せず、いつも清潔な水で洗い・すすぎができる。

主な仕様は、消費電力量が洗濯で110Wh、洗濯乾燥で2200Wh。本体サイズは600(幅)×1050(高さ)×650(奥行)m(給排水ホース含む)、重量が約48kg。

JBL「T110BT」

2017年10月20日(金)発売

ハーマンインターナショナルから、「JBL」ブランドのBluetoothイヤホン「T110BT」が発売。直販価格は3,380円(税別)。

耳もとにすっきり収まる、コンパクトなハウジングデザインを採用したモデル。ボディカラーは、ブラック、グリーン、ホワイト、ピンク、ブルー、グレーの6色を用意した。なお、ピンクとグリーンは11月より発売する予定だ。

ケーブルには、マイク付き3ボタンリモコンを装備し、音量調整、曲の操作(再生・一時停止・曲頭戻し・曲送り)、ハンズフリー通話に対応。また、イヤホンを使わない際は、イヤホン部に内蔵したマグネットでとめて、首にかけたまま移動できるのも特徴だ。

主な仕様は、Bluetoothのバージョンが4.0、通信距離は10m。対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSPをサポート。このほか、8.6mm径ドライバーを装備。周波数特性が20Hz〜20kHz。充電時間が約2時間、音楽再生が最大約6時間。

重量(本体のみ)は約16.5g。イヤチップ(S、M、Lサイズ)が付属する。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
連載最新記事
連載記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る