レビュー
「最後のジェダイ」を見た人も、まだ見てない人も!

映画で語られない物語が必見のゲーム「スター・ウォーズ バトルフロント II」レビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月15日、全世界待望のシリーズ最新作「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」が公開され、世間では大きな話題になっています。もうすでに鑑賞し興奮冷めやらぬままネットでレビューをむさぼるように読みまくっている、はたまた、ネタバレを阻止するべく一切の情報を遮断して映画に備えているなど、多種多様の「スター・ウォーズ」ファンがいることでしょう。

そんな人たちに本記事で紹介するのが、ゲーム「Star Wars バトルフロント II」です。映画の世界をゲームに落とし込むだけでなく、映画シリーズのミッシングリンクを埋めるかのような役割を担っている本作をレビューします。

※本稿は、映画「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のネタバレはありません。「スター・ウォーズ バトルフロント II」に関しては公開されている情報以上のネタバレは含みません。

「Star Wars バトルフロント II」の「シングルプレイヤーキャンペーン」にフォーカスしてレビュー!

「Star Wars バトルフロント II」の「シングルプレイヤーキャンペーン」にフォーカスしてレビュー!

映画では語られないストーリーはファン必見の内容

「Star Wars バトルフロント II」は、「PlayStation 4」「Xbox One」「Windows」向けのシューティングゲームです(レビューではPS4版をプレイ)。タイトルに“II”とあるように、シリーズ2作目の作品になります。前作は、最大40人の対戦が可能なオンライン専用タイトルで、オフラインで遊べるモードも用意されていたものの、ボリュームが少なく“おまけ”レベルだったのが残念な印象でした。

しかし、今作では、ほかのプレイヤーと戦うオンラインプレイに加えて、映画では語られなかったストーリーを描く「シングルプレイヤーキャンペーン」が追加されています。オンラインシューティングというジャンルのゲームには、本作のようにオフラインでストーリーをプレイするモードがしばしば実装されていますが、記憶に残らないものが多いです。

「Star Wars バトルフロント II」に関しても、“映画とは関係ないスピンオフ程度だろうな”と、それほど期待を寄せていませんでしたが、実際にプレイしてみると、映画本編にガッツリとからんでくる内容に驚きを隠せませんでした。

ゲームでここまでガッツリと映画シリーズにからんでくるのは予想外でした

ゲームでここまでガッツリと映画シリーズにからんでくるのは予想外でした

「シングルプレイヤーキャンペーン」は、映画「エピソード6/ジェダイの帰還」と「エピソード7/フォースの覚醒」の間に起きた出来事を描きます。「エピソード6」では、ルーク・スカイウォーカーやレイア姫ら率いる反乱同盟軍が、第2デス・スターを破壊して銀河皇帝ダース・シディアスの帝国軍に見事勝利し、銀河に平和をもたらしました。この「エピソード6」のエンディング直後からゲームのストーリーは始まります。

プレイヤーが操作するのは、帝国軍の精鋭部隊「インフェルノ隊」の隊長、アイデン・ヴェルシオ。彼女は、帝国軍が銀河の平和のために“いいこと”を行っていると信じてきたひとりの戦士です。第2デス・スターとダース・シディアス、ダース・ベイダーという大きな柱を失い、劣勢に立たされた帝国軍からの視点で物語がスタートするというわけで、これだけでもファンなら気になりますよね。

主人公のアイデン・ヴェルシオ。父が提督というエリート軍人

主人公のアイデン・ヴェルシオ。父が提督というエリート軍人

爆発する第2デス・スターをエンドアから見上げるアイデン・ヴェルシオ率いるインフェルノ隊。信じていた帝国軍の敗退を受け、窮地に立たされる彼女の運命はいかに?

もう少し突っ込むと、なぜ「エピソード7/フォースの覚醒」の冒頭に登場するジャクーには帝国軍の残骸が散らばっていたのか、なぜ帝国軍は強大なパワーを持ちながら反乱軍に負けてしまったのか、こういった点が「シングルプレイヤーキャンペーン」で描かれるのです。

しかも、12月13日に配信された追加ダウンロードコンテンツ「Star Wars バトルフロント II リザレクション」では、ファースト・オーダーがパワーを持つまでの過程が描かれており、「エピソード7/フォースの覚醒」につながる物語になっています。ルーカス・フィルムが脚本を含めた開発に関わっているため、その内容はお墨付きというわけです。

圧倒的映像美で描かれるムービーシーン。そして「スター・ウォーズ」の世界に引き込まれるプレイパート

「シングルプレイヤーキャンペーン」は、ムービーシーンとプレイパートが交互に繰り返される一般的なゲームと同様の構成になっています。ムービーシーンが長すぎると興醒めしてしまうことがありますが、本作はムービーシーンが飽きのこないちょうどいい長さです。また、俳優の動きだけでなく表情までモーションキャプチャーで取り込んでおり、さらに、映画で使われた小道具やセットをスキャンして再現しているため、本当に映画を見ているような気分になれます。

ムービーシーンとプレイパートは以下の動画から確認できます。

ゲームとは思えないほど迫力満点のムービーシーン

ゲームとは思えないほど迫力満点のムービーシーン

キャラクターの演技(表情)は目を見張るものがあります

キャラクターの演技(表情)は目を見張るものがあります

名キャラクターたちも出演し、映画のワンシーンのよう

名キャラクターたちも出演し、映画のワンシーンのよう

この完成度の高いムービーシーンの緊張感そのままに、プレイパートが始まります。プレイしている側からすると、さっきまで観客として見ていた「スター・ウォーズ」の世界へ突然、キャラクターとして放り込まれるわけで、テンションが爆発しそうになります。

プレイパートは、正統なシューティングゲームで、1人称視点と3人称視点を切り替え可能。難易度も5段階で調節できるので、シューティングゲームが苦手な人でも楽しめるはず。物語を進めると、映画に登場した“あのキャラクターたち”を操作するパートも出てきます。映画と同じ舞台をプレイできるのも、非常に楽しいですね。かなり正確に再現されているので、プレイしていると「映画で見たことがある場所だ!」と盛り上がります。

エンドアでのバトル。映画に登場したことがある場所を実際にプレイできるのは非常にうれしい

エンドアでのバトル。映画に登場したことがある場所を実際にプレイできるのは非常にうれしい

「エピソード7/フォースの覚醒」に登場したタコダナ。ここにはルーク・スカイウォーカーのライトセーバーがありましたね

キャラクターを操作するだけでなく、宇宙戦闘機に乗り込んでドッグファイトをプレイできるパートもあります。特に、宇宙空間でのドッグファイトは「スター・ウォーズ」ならではですよね。とてつもなく巨大なスター・デストロイヤーの周囲を飛び回りながら、反乱軍のXウィングを蹴散らし、激突ギリギリのところで急旋回する、という体験は素晴らしいものがあります。

宇宙空間で繰り広げられる三次元ドッグファイト。宇宙戦闘機のエンジン音やブラスターの発射音など、「スター・ウォーズ」ならではの効果音は再現度が高い

ここまで褒めっぱなしですが、プレイしていて気になる点もありました。記事内でも触れましたが、「シングルプレイヤーキャンペーン」では主人公のアイデン・ヴェルシオをずっと操作しているわけではなく、物語の途中で“おなじみのキャラクターたち”を操作することになります。これは、ファンとしてうれしい半面、主人公への感情移入が損なわれるように感じました。崩壊する帝国軍で葛藤するアイデン・ヴェルシオの苦悩を描くのであれば、最初から最後までアイデン・ヴェルシオの視点で描いてもよかったのでは、という気もします。

とは言え、「シングルプレイヤーキャンペーン」には非常に満足しています。クリアには10時間くらいかかり、ボリュームも十分。まだ「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」を見ていないのですが、「早く見たい!」という欲求がさらに大きくなりました。

映画を見終わったら、いよいよメインパートであるオンラインマルチプレイへ移行する予定です。オンラインマルチプレイを語るには、課金システムで発売前に炎上した件に触れざるを得ません。「スター・ウォーズ バトルフロント II」は、ランダムでキャラクターやアイテムが手に入る「ルートクレート」(ガチャに相当)を導入していたのですが、これを引くにはゲームの進行具合に応じてゲットできる「クレジット」、もしくはリアルマネーで購入する「クリスタル」が必要でした。

この課金システムがインターネット上で大きな批判を集め、なんと発売数時間前に課金システムそのものを停止するという異例の事態に。なお、停止は一時的なものになるとのことです。

さらに、ルーク・スカイウォーカーやダース・ベイダーといったメインキャラクターをオンラインマルチプレイで使えるようになるには、各キャラクターにつき60,000クレジットが必要でした。しかし、60,000クレジットを貯めるには1体につき約40時間かかり、全キャラクターをアンロックするには廃人レベルでのプレイ時間が必要になることが判明し、これまた批判を集めることに。結果的に、60,000クレジットから15,000クレジットまで調整され、事態の収拾が図られました。

こういった経緯があり、発売前からゲームの評価が下がるという異常事態になっていましたが、ゲームの内容自体の評価は上々です。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」をすでに見た人、または今から見る人のどちらでも満足できるはず。年末年始にでもプレイしてみてはいかがでしょうか。

【関連記事】

スター・ウォーズのファルコン号を完全再現! 最高峰プラモを35時間で作ってみた
気分はジェダイ! 「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」でカイロ・レンやダース・ベイダーとバトル
【最新作公開記念】スマホで動く「スター・ウォーズ」のドロイド4種類と遊んでみた!

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
ページトップへ戻る