ガンプラカレンダー
今月発売される新製品をまとめてチェック!

伏せのスナイプポーズが渋い! 「機動戦士ガンダム00」より「ガンダムデュナメス」がMG化

今月の注目ガンプラはこちら!

今月の注目ガンプラはこちら!

本連載「ガンプラカレンダー」は、今月発売されるガンプラの新製品と、現在予約受付中の公式オンラインショップ販売製品がひと目で把握できる発売日カレンダー。MS(モビルスーツ)のキットを中心に毎月最新情報をお届けする。

2019年3月の注目製品は、「機動戦士ガンダム00[ダブルオー]」に登場した「ガンダムデュナメス」のMGキット。また、「機動戦士ガンダムNT」の「ナラティブガンダム C装備」も要チェックだ。

※本記事の価格表記はすべて税込価格

2019年3月の注目製品はこのMSだ!

2019年3月発売
「MG 1/100 ガンダムデュナメス」
4,860円

「GN-002 ガンダムデュナメス」は、私設武装組織「ソレスタルビーイング」の所有するガンダムの一機。ほかのガンダム同様、「GNドライヴ(太陽炉)」を搭載した第3世代機であり、無限に近いエネルギーと驚異的な機動性能を持つ。同機は射撃戦を想定した機体であり、標準装備の「GNスナイパーライフル」に加え、ミッションに合わせた多くの銃を装備する。パイロットは、ロックオン・ストラトス

劇中をほうふつとさせる「スナイプポーズ」を自然なポージングで再現可能

「機動戦士ガンダム00」より、「ガンダムデュナメス」が完全新規造形で1/100スケールMGに登場。射撃戦を想定した機体特性を生かすフレーム構造を採用しており、劇中をほうふつとさせる「スナイプポーズ」を自然なポージングで再現できる。

「スナイプポーズ」の動きに対応した頭部ギミックや脚部関節構造により、緊張感が漂うポージングを再現可能

「スナイプポーズ」の動きに対応した頭部ギミックや脚部関節構造により、緊張感が漂うポージングを再現可能

「GNスナイパーライフル」のスタンドを展開し、本体を地面に伏せた「狙撃」の構えも再現できる

「GNスナイパーライフル」のスタンドを展開し、本体を地面に伏せた「狙撃」の構えも再現できる

全身に高密度なフレームを内蔵

全身に高密度なフレームを内蔵

「GNフルシールド」の展開を再現

「GNフルシールド」の展開を再現

腰部と膝部に備わるミサイルや信号弾のハッチ開閉や、「GNスラスター」の展開ギミックなど、MGスケールならではのギミックを搭載

3月の新製品情報を一挙紹介!

以下、そのほかの新製品を紹介していこう。

2019年3月9日発売
HGUC 1/144 ナラティブガンダム C装備
2,484円

「C装備」は、「RX-9 ナラティブガンダム」に用意された「A装備」「B装備」に続く3つ目のオプション装備。ルオ商会が収集したサイコフレームを外装として機体に装着した形態で、「サイコ・パッケージ」とも称される

初回生産分のみ「機動戦士ガンダムNT」を振り返る特別冊子を封入

映画「機動戦士ガンダムNT」に登場するナラティブガンダムの第3の装備を再現したキット。全身のサイコフレームは、クリアパーツで再現されている。「C装備」で初めて装備する「ビーム・ライフル」とサイコフレーム付属のシールドが同梱。コロニー内での戦闘時、NT-D発動状態の赤いツインアイを再現するシールも付属する。初回生産分のみ、「機動戦士ガンダムNT」を振り返る特別冊子「MOBILE SUIT GUNDAM NT MECHANICAL REPORT」を封入。

2019年3月発売
MG 1/100 ガンダムAGEIIマグナム
5,940円

クジョウ・キョウヤが使用する「ガンダムAGE-2」ベースの機体。チャンピオンのバトルスタイルに特化させた「ハイスペックAGE-2」というコンセプトで製作され、ウイングやシールドに攻撃能力を付加させることにより、あらゆる状況から攻撃に転じられる超攻撃型に仕上げられている

「ガンダムビルドダイバーズ」初のMGキット

テレビアニメシリーズ「ガンダムビルドダイバーズ」より、GBNチャンピオンのクジョウ・キョウヤ使用機がMGモデルで登場。1/100スケールのMGシリーズならではのプロポーションと、フェニックスモードへの変形を実現している。

いま予約できる! 公式ショップ限定ガンプラ

ここでは、公式オンラインショップ「プレミアムバンダイ」限定で販売される製品を紹介。これらの製品は事前予約が必須で、生産準備数に達し次第、予約の申し込みが終了するので早めのチェックが必要だ。ここでは、2019年2月28日時点で予約ができるアイテムをピックアップした。

予約受付中/2019年5月発送
MG 1/100 シェンロンガンダム EW (タウヤー装備)
4,860円

マンガ「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光」に登場することから、「EW版」と呼称される機体。同マンガで新設定されたオリジナル武装「獠牙(タウヤー)」は、青龍刀(柳葉刀)に似た形状の実体剣。巻き取り式のケーブルで「シェンロンシールド」と接続されており、投てき後の再回収が可能だ

オリジナル武装「獠牙(タウヤー)」が付属

「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光」は、雑誌「ガンダムエース」にて「ガンダムW プロジェクト」の第2弾として、2010年11月号〜2018年1月号まで連載されたマンガ。ここに登場するオリジナル武装「獠牙(タウヤー)」が付属する「シェンロンガンダム EW」が、MGシリーズで商品化された。「獠牙」と「シェンロンシールド」を繋ぐケーブルにリード線を採用しており、フレキシブルな可動を実現する。カトキ・ハジメ氏デザインの水転写式デカールが付属。

予約受付中/2019年5月発送
HG 1/144 ガンダムTR-1[ヘイズル改]&ガンダムTR-6用拡張パーツ
1,620円

「ガンダムTR-1[ヘイズル改]」は、ジオン残党軍駆る改造MS「シュトゥッツァー・シリーズ」との交戦で甚大な損傷を被った「ガンダムTR-1[ヘイズル]」を、母艦「アスワン」に保管されていた予備部品とコンペイトウ配備の「ジム・クゥエル」のパーツを用いて修復、強化した機体

「RX-124 ガンダムTR-6[ギャプランII]」が再現できる拡張パーツが付属

「機動戦士Zガンダム」よりスピンオフしたオリジナルストーリー「ADVANCE OF Z 〜ティターンズの旗のもとに〜」より、「HG 1/144 ガンダムTR-1[ヘイズル改]」が、別売の「HGUC 1/144 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」に対応する拡張パーツを同梱して商品化。拡張パーツや、「HGUC 1/144 ガンダムTR-6[ウーンドウォート]」、各種対応キット製品を組み合わせることで、「RX-124 ガンダムTR-6[ギャプランII]」など、「ADVANCE OF Z 〜ティターンズの旗のもとに〜」の「TRシリーズ兵器システム」の一部形態を再現できる。

予約受付中/2019年5月発送
HG 1/144 ディジェ(ナラティブVer.)
2,160円

ヨナ・バシュタが搭乗する「ディジェ」は、「リック・ディアス」をベースに改修した試作陸戦用MS。U.C.0087当時からの大きな変更点として、主武装「ビーム・ライフル」が「ジェガン」や「リゼル」の使用するライフルと共通規格の、Eパックを使用する形状に変更されている

カラバ試作型モビルスーツ「ディジェ」がHGシリーズに登場

映画「機動戦士ガンダムNT」より、ルオ商会が運用するカラバ試作型モビルスーツ「ディジェ」がHGシリーズに登場。「ジェガン」や「リゼル」と共通規格のEパック式の「ビーム・ライフル」や、「隊長機用サーチライト」を新規造形で再現している。

予約受付中/2019年5月発送
RG 1/144 MS-06R-1A エリック・マンスフィールド専用ザクII
3,240円

エリック・マンスフィールド中佐は、ジオン公国軍・ジオン本国防衛本隊に所属するMSパイロット。同中佐の搭乗機として有名なのが、「MS-06R-1A 高機動型ザクII」のパーソナルカラー機。グレーの低視度迷彩パターンでカラーリングが施されている。側頭部にアンテナを備えるほか、右肩に防空隊所属であることを示す「グリフォン」のエンブレムが描かれている

ジオン公国本国のエースパイロット専用ザクII

「機動戦士ガンダムMSV」より、ジオン公国本国のエースパイロット、エリック・マンスフィールド駆る専用ザクIIをRGシリーズで商品化。頭部左側面に装備された「ブレードアンテナ」を新規造形で再現している。部隊マークなどを含んだ新規デザインのリアリスティックデカールが付属。

●画像は試作品、または開発中の設計データを使用したCG
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・テレビ東京

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る