ガンプラカレンダー
21世紀の「機動戦士ガンダム」シリーズとコラボ!

ガンダムが華麗にドリブル! Jリーグとのコラボガンプラ22種全部見せ

創通とBANDAI SPIRITSは、「機動戦士ガンダム 40 周年プロジェクト」の一環として、日本プロサッカーリーグのJ.LEAGUE(以下、Jリーグ)およびJ20クラブ(2019&2020シーズンのJ1クラブ)とのコラボレーション企画を実施すると発表した。

コラボ企画のキービジュアル。Jリーグのロゴカラーで彩られたオリジナルデザインのガンダムが、なんと華麗なドリブルで「ザクII」ら敵陣を駆け抜ける!

ガンダム仕様となった各クラブのマスコット。今後商品化も行われる予定だ

ガンダム仕様となった各クラブのマスコット。今後商品化も行われる予定だ

北海道から沖縄まで日本全国に「ガンダム40周年」を浸透させる

BANDAI SPIRITSは、2019年4月より「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」のひとつとして、プロ野球12球団とコラボ。「RX-78-2ガンダム」をベースに、各球団のチームカラーを配したガンプラを発売し、大好評だったという。

【詳細はこちら】
紅白の「シャアザク」、“プロ野球ガンダム”、白目アムロUT! 40周年ガンプラコラボまとめ

そして2020年。今年は、北海道から沖縄まで日本全国にクラブが存在し、各地域に熱狂的なファンやサポーターを擁しているJリーグとのコラボが実現した。このコラボは、「ガンダム40周年」を各地域により深く浸透させることや、2020年の「ガンプラ 40 周年」を盛り上げることを目的としているという。

今回のコラボでも、さまざまなコラボ製品が発売。一挙に紹介しよう。

Jリーグコラボガンプラが続々登場!

黒/白/赤のロゴカラーで彩られた「HG RX-78-2 ガンダム」

「HG RX-78-2 ガンダム Jリーグ Ver.」は、2020年2月8日より発売。税込価格は、2,000 円で、「FUJI XEROX SUPER CUP 2020」開催会場(埼玉スタジアム 2002)や、「Jリーグオンラインストア」、Jリーグクラブ、全国スポーツグッズショップで順次発売予定

キービジュアルにも描かれている、Jリーグの黒/白/赤のロゴカラーで彩られたオリジナルデザインの「RX-78-2ガンダム」を、1/144スケールのスタンダードブランド「HG」シリーズで発売。パッケージには、J1/J2/J3の56クラブのエンブレムデカールが付属しており、自分の好きなクラブ仕様に仕上げられる。

同モデルにはすべて、J56クラブのエンブレムデカールが付属

同モデルにはすべて、J56クラブのエンブレムデカールが付属

「ハロ」もJリーグ仕様に!

「ハロプラ ハロ Jリーグ Ver.」の税込価格は600円。発売日と販売場所は先述の「HG RX-78-2 ガンダム Jリーグ Ver.」と同じ

「RX-78-2 ガンダム」とともにキービジュアルに登場するサッカーボール仕様の「ハロ」を、プラモデルシリーズ「ハロプラ」より発売。スタジアムで観戦するファンやサポーターのフェイスペイントをイメージした今回のコラボならではのかわいらしいデザインを採用している。

J20クラブ コラボレーションガンプラ

全20クラブのクラブカラーで彩られたガンプラが登場

全20クラブのクラブカラーで彩られたガンプラが登場

プロ野球12球団コラボと同じく、各Jリーグクラブとのコラボガンプラも実現。若々しいJリーグのイメージと世代をリンクさせ、21世紀に放送された「機動戦士ガンダムSEED」「機動戦士ガンダム SEED DESTINY」「機動戦士ガンダム 00(ダブルオー)」「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」といった人気作品の主役ガンダムをベースに、全20クラブのクラブカラーで彩られたデザインに仕上げられている。

2020年春ごろ発売予定で、各JリーグクラブやJリーグオンラインストアで販売される。以下では、ベースとなった5種類のガンプラごとに全20モデルを一挙に紹介!

●「HG 1/144 ダブルオーガンダム」ベース

ベースとなる「HG 1/144 ダブルオーガンダム」

ベースとなる「HG 1/144 ダブルオーガンダム」

「HG 1/144 ダブルオーガンダム」は、2008年から放映がスタートした「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズンの新主人公機を1/144スケールでキット化したモデル。フレキシブルに可動する両肩の「GNドライブ」が特徴的だ。

「北海道コンサドーレ札幌Ver.」(C)1996 CONSADOLE

「北海道コンサドーレ札幌Ver.」(C)1996 CONSADOLE

「柏レイソル Ver.」(C)1996 H.K.REYSOL

「柏レイソル Ver.」(C)1996 H.K.REYSOL

「湘南ベルマーレ Ver.」(C)1993 SHONAN.BM

「湘南ベルマーレ Ver.」(C)1993 SHONAN.BM

「松本山雅Ver.」(C)2011 YAMAGA

「松本山雅Ver.」(C)2011 YAMAGA

●「HG 1/144 インパルスガンダム」ベース

「HG 1/144 インパルスガンダム」は、2004年から放映をスタートした「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」に登場するMS(モビルスーツ)をキット化。プラントの軍隊「ザフト」が開発した5機の試作型MS「セカンドステージシリーズ」のうちの1機で、劇中前半では主人公シン・アスカが、後半からはヒロインのルナマリア・ホークが搭乗する。

「ベガルタ仙台Ver.」(C)1998 VEGALTA

「ベガルタ仙台Ver.」(C)1998 VEGALTA

「川崎フロンターレVer.」(C)2005 K.F.CO.,LTD.

「川崎フロンターレVer.」(C)2005 K.F.CO.,LTD.

「サガン鳥栖Ver.」(C)2014 S.D.CO.,LTD.

「サガン鳥栖Ver.」(C)2014 S.D.CO.,LTD.

「大分トリニータVer.」(C)O.FC

「大分トリニータVer.」(C)O.FC

●「HG 1/144 ストライクガンダム」ベース

「HG 1/144 ストライクガンダム」は、2002年に放映が開始されたテレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するMSをキット化したもの。地球連合軍とオーブのモルゲンレーテ社が共同開発した新型モビルスーツだ。

「鹿島アントラーズVer.」(C)1992 K.A.FC

「鹿島アントラーズVer.」(C)1992 K.A.FC

「FC 東京Ver.」(C)1998 F.C.TOKYO

「FC 東京Ver.」(C)1998 F.C.TOKYO

「横浜 F・マリノスVer.」(C)1992 Y.MARINOS

「横浜 F・マリノスVer.」(C)1992 Y.MARINOS

「サンフレッチェ広島Ver.」(C)1992 S.FC

「サンフレッチェ広島Ver.」(C)1992 S.FC

●「HG 1/144 ガンダムエクシア」ベース

「HG 1/144 ガンダムエクシア」は、「機動戦士ガンダム00」の「HG」シリーズ第1弾として発売されたキット。7本の剣を装備する高機動MSだ。

ベースの「HG 1/144 ガンダムエクシア」

ベースの「HG 1/144 ガンダムエクシア」

「浦和レッズ Ver.」(C)2001 URAWA REDS

「浦和レッズ Ver.」(C)2001 URAWA REDS

「清水エスパルスVer.」(C)S-PLUSE

「清水エスパルスVer.」(C)S-PLUSE

「名古屋グランパスVer.」(C)1995 N.G.E.

「名古屋グランパスVer.」(C)1995 N.G.E.

「セレッソ大阪Ver.」(C)2018 CEREZO OSAKA

「セレッソ大阪Ver.」(C)2018 CEREZO OSAKA

●「HG 1/144 ガンダムバルバトス」ベース

「HG 1/144 ガンダムバルバトス」は、2015年から放映がスタートした「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の主人公機のキット。

ベースの「HG 1/144 ガンダムバルバトス」

ベースの「HG 1/144 ガンダムバルバトス」

「横浜FC Ver.」(C)1999 Y.F.SPORTS C.

「横浜FC Ver.」(C)1999 Y.F.SPORTS C.

「ジュビロ磐田Ver.」(C)2015 JUBILO

「ジュビロ磐田Ver.」(C)2015 JUBILO

「ガンバ大阪Ver.」(C)1995 GAMBA

「ガンバ大阪Ver.」(C)1995 GAMBA

「ヴィッセル神戸Ver.」(C)2005 VISSEL KOBE

「ヴィッセル神戸Ver.」(C)2005 VISSEL KOBE

(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る