レビュー
ニコゼロスティックブームの火付け役に新フレーバー

元祖ノンニコチンスティック「ニコレス」に「オレンジメンソール」登場!

タバコ葉の代わりにニコチンレスな茶葉を採用し、「アイコス」およびその互換機で専用スティックの代わりに使用することができる茶葉スティックは、ニコチンカットによる事実上の禁煙を実現できることから人気だ。その先発品であり、ブームの火付け役でもある「ニコレス(NICOLESS)」に、4種めのフレーバーとなる「オレンジメンソール」が登場した。

株式会社VUENによるノンニコスティック「ニコレス」に「オレンジメンソール」が追加。20本入り418円(税込)

株式会社VUENによるノンニコスティック「ニコレス」に「オレンジメンソール」が追加。20本入り418円(税込)

<関連記事>
「アイコス」で使えるニコチンゼロの「NICOLESS(ニコレス)」で無理なく減煙!

禁煙、減煙のため、茶葉をアイコスで吸う新習慣の元祖が「ニコレス」

タバコ葉はニコチンやタールを含んでいて、体に悪い。ならば、ニコチンの入っていない紅茶などの茶葉を使用すればいいのではないか、という大胆な発想で生まれたのが「ニコレス」だ。そうした企画モノ色の強い雰囲気満点で2018年に市場に登場したのだが、実際に吸ってみると、ノンニコチンリキッドを使用したベイプ製品とは違う、加熱式タバコに肉迫する吸い応えに感動する人が続出、一躍大ヒットとなった。

今回試すのは、そうした元祖ニコチンゼロスティックの4つ目めのバリエーション「ニコレス オレンジメンソール」である。もともと紅茶葉を使用している「ニコレス」なので、オレンジティーのような感じになると予想できる。先立って登場した「レモンメンソール」がレモンティー味でおいしかった記憶があるので、期待大だ。

フィルターに輝く「0」モチーフのロゴ

フィルターに輝く「0」モチーフのロゴ

スティックは、サイズも中の茶葉の形状も「アイコス」とほぼ同じ

「ニコレス オレンジメンソール」は、箱を開けた途端に飛び出してくるオレンジティーの爽やかな香り。そこにメンソール感が加わり、全然タバコではないがよい香りだ。

スティックはアイコス専用たばこスティックと同型。中に入っている成形された葉の形まで、しっかりと似ている。「ニコレス オレンジメンソール」のほうが、フィルターが若干硬い程度の違いだ。

左がアイコス専用スティックで、右が「ニコレス オレンジメンソール」

左がアイコス専用スティックで、右が「ニコレス オレンジメンソール」

オレンジティー風味だが、蒸気に重厚感あり!

アイコスホルダーにはスッと挿さる。加熱すると、ほんわり温かいオレンジティーの香りが漂ってくる。「ニコレス」シリーズはタバコの代替を目指すというより、紅茶葉をヘルシーに吸う新習慣を提案しているのだなと改めて思う。

最初に辛味を抑えたメンソールが広がり、オレンジエード的な楽しい風味が口の中いっぱいに広がる。本物のオレンジというより、もう少しポップな感覚で、その後にやってくる紅茶風味とよく合う。まさにオレンジティーにミントリーフを散らして吸っている感じだ。タバコかと言われると、別種の風味だが。

そうは言ってもしっかりとスロートキックがあるので、加熱式タバコ的なフィールはある。オレンジティー風味なのだけれど、蒸気に重厚感があり、アイコス専用たばこスティックと同様の吸い応え。普段オレンジティーは飲むものなので、吸い込むことはないが、おいしいと感じた。

部屋には紅茶の香りが充満する

部屋には紅茶の香りが充満する

紅茶が大好きという人なら完全乗り換えも可能かも

吸い殻はまるでオレンジティーのティーバックのような香りを放っていておもしろい。さて、これで禁煙・減煙か。ヘルシーな新習慣を取り入れようという意志がしっかりあれば可能かもしれない。特に2、3本に1回の切り替えなら、ほとんどの人が可能なレベルにまでは到達しているはずだ。もともと紅茶が大好きという人なら完全乗り換えも可能かもしれない。ただ、タバコ特有の味わいに強い未練があると、この紅茶感の強さがかえってデメリットになるだろう。

ヘルシーな新習慣として取り入れるなら、アリ

ヘルシーな新習慣として取り入れるなら、アリ

清水りょういち

清水りょういち

元「月刊歌謡曲(ゲッカヨ)」編集長。今はめおと編集ユニット「ゲッカヨ編集室」として活動。家電や雑貨など使って楽しい商品のレビューに命がけ!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
喫煙具のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る