山手線の新型車両「E235系」のキットもいち早く登場!

“お手軽”な組み立て鉄道模型「Bトレインショーティー」特集

このエントリーをはてなブックマークに追加

バンダイの「Bトレインショーティー」(以下、Bトレ)という組み立て式の鉄道模型をご存知でしょうか。一般的な鉄道模型と同じ 1/150 スケール(Nゲージ規格)ながら、車両の長さが半分に短縮されているのが特徴で、とても人気を集めています。本特集では、このBトレの魅力に迫りたいと思います。

これがBトレインショーティーです。モデル名は、Yamanote History Aの101系(カナリヤ)。組み立て式ですが、精巧なつくりになっています

Bトレでは、さまざまな鉄道車両のモデルが用意されいていますが、本特集では「山手線」に注目しました。というのも、「Yamanote History」シリーズと銘打ち、2016年1月より4か月連続で2アイテムずつ歴代の山手線車両が販売されるからです。今回は 2月に発売された黄色の車両「Yamanote History A 101系(カナリヤ)山手線」をくわしく見ながら、Bトレの魅力をお伝えしたいと思います(なぜ101系カナリヤを選んだのか? それは黄色でかわいいから……)。後半では、4月発売予定の最新車両E235系のキットを含めて、Yamanote History シリーズを一挙にご紹介します。

Bトレインショーティーは、専用のレイアウトベースを使って走らせることができます。短い車両なので、簡単にレイアウトを楽しめますよ。写真では、ベースの周りにフィギュアを飾ってみました

Yamanote Historyシリーズは、4月までに7モデルが発表されます。写真のいちばん手前が、新型車両E235系のキットになります。鉄道模型業界ではいち早い商品化になるそうですよ

「Bトレインショーティー」とは?

まず、Bトレの特徴を紹介します。

Bトレは、鉄道模型のうちのひとつです。バンダイから発売されており、スケールはNゲージと呼ばれる一般的な鉄道模型の規格と同じ 1/150。プラモデルのように自分で組み立てるキットになっています。プラモデルのように組み立てるといっても、パーツは彩色済みで、一部ランナーから取り外す必要がありますが、パーツ数が少なく短い時間で制作できます。

さらに、ほかの鉄道模型と違い、車両の長さが半分の「ショーティー」になっているのも特徴です。そのため、他の鉄道模型を飾るほど大きなスペースを必要としません。長さは短くなっていますが、車両はディテールまで精巧に作られています。車両のサイズが半分というかわいらしさと、ディテールの作り込み度の高さのギャップが魅力ですね。また、価格は1キットがだいたい2,000円前後という、お買い求めやすい価格も人気の理由のようです。

「Yamanote History A 101系(カナリヤ)山手線」の完成形をレビュー

次に、Yamanote Historyの101系(カナリヤ)の完成形を使って、Bトレの車両をレビューしたいと思います。

101系(カナリヤ)の完成形です

101系(カナリヤ)の完成形です

ひと車両はこれくらいのサイズです。バスみたいな短さでかわいらしいですね

ひと車両はこれくらいのサイズです。バスみたいな短さでかわいらしいですね

正面から

正面から

後ろ

後ろ

横から

横から

上から

上から

裏から車輪のところ

裏から車輪のところ

車両の形式称号はデカールで表現されています

車両の形式称号はデカールで表現されています

パッケージの表面です。先頭車と中間車の2両セットです

パッケージの表面です。先頭車と中間車の2両セットです

パッケージの裏面は、都内の景色と 101系(カナリヤ)についての説明が書かれています

パッケージの裏面は、都内の景色と 101系(カナリヤ)についての説明が書かれています

パッケージの裏を背景にして車両を飾ることができます

パッケージの裏を背景にして車両を飾ることができます

キットの内容はこのような感じで、パーツは一部ランナーから切り外す必要があります。モデルによって異なっていますが、パーツ数は50〜100くらいでしょうか

デカールが付属しています

デカールが付属しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.3.17 更新
ページトップへ戻る