いいモノ調査隊
リモコンで操作できるプラレールが楽しい!子供はもちろん、お父さんも歓喜すること間違いなし!

進化した「大人のプラレール」が今お父さんに大人気!

発売から50年以上という超ロングセラー商品「プラレール」。青いレールの上を走る電車を見て楽しむのは、男子なら誰もが一度は通った道なのではないでしょうか? そんなプラレールも今はかなり進化しております。今回ご紹介する商品は「プラレールアドバンス」! 5年前に発売された新機軸のプラレールです。

何が違うかというと、車両が従来の半分のサイズでモデリングされた電車がラインアップされており、よりリアルに近い形の車両を表現しています。そしてなんといってもすごいのは、従来のレールの半分を使って走行できること。今までプラレールを集めていたユーザーの資産をそのまま使って楽しめるという、古きよきものとの融合をはたしていることです。そんな「プラレースアドバンス」の最新車両、北陸新幹線W7系をご紹介します。

車両とリモコン、ガイドレールの入った豪華セットです。今回はプラレールの「レールセットA」も一緒に使います

車両とリモコン、ガイドレールの入った豪華セットです。今回はプラレールの「レールセットA」も一緒に使います

まずは車両を見ていきましょう。今年2015年に開業したばかりの北陸新幹線から「W7系かがやき」です。最新の新幹線で、和風な内装やグランクロス席などで話題になった新幹線ですね。銀の車体にブルーのラインがとても格好いいです。なんでしょう、この新幹線に惹かれる心は! セットには1編成4両の車両が入っています。先頭車両以外の2両はすでに連結されており、はずすことはできません。この2両の中には単4形電池を入れる仕組みになっています。

4両の車両が同梱。先頭車両も簡単に連結できます

4両の車両が同梱。先頭車両も簡単に連結できます

先頭車両です。ラインの入り方やJRマークもしっかり再現しています。この流線型のデザインが最高です

先頭車両です。ラインの入り方やJRマークもしっかり再現しています。この流線型のデザインが最高です

「プラレール」といえば、車両内に電池を入れて青いレールの上を走らせるのが一般的ですが、今回の「W7系」にはその走りをコントロールするリモコンが付属しています。このリモコンを使うことで、15段階の加速、減速、そしてストップが可能になりました。これ、実際に操作してみるとすごいです。実際の新幹線のようにだんだん減速してピタっと止めることができるので、子供はもちろん、一緒に遊ぶお父さんも歓喜すること間違いなしですよ! ページ下部に動画も用意しましたので、じっくり見てくださいね。

こちらが赤外線のリモコンです。色も「かがやき」カラーになっています。本体を開けるにはプラスのドライバーが必要です

こちらが赤外線のリモコンです。色も「かがやき」カラーになっています。本体を開けるにはプラスのドライバーが必要です

それでは実際に走らせるためにセットアップしていきます。リモコンと本体車両に単4形電池を2本入れるのですが、小さいネジを回して開けることになるので、少し小さめのプラスドライバーが必要となります。対象年齢が、通常のプラレールの3歳以上に対して、この商品は6歳以上となっているので、小さいお子さんと遊ぶ時にはお父さんが電池を入れてあげてください。

本体車両にもそれぞれ単4形電池を1本ずつ入れていきます

本体車両にもそれぞれ単4形電池を1本ずつ入れていきます

セットにはグレーのガイドレールが2本付属しています。グレーの細い溝に車両を入れて、従来のプラレールの青いレールにガイドするようになっています。いきなりブルーのレールに乗せることもできるのですが、ガイドレールがあったほうが簡単に乗せることができるので、レールを組む上ではガイドレールがあったほうがいいです。

奥のグレーのレールの細い溝に車両をあわせます。車両を載せるとこんな感じに。青いレール1本で複線レールとして使用できます

奥のグレーのレールの細い溝に車両をあわせます。車両を載せるとこんな感じに。青いレール1本で複線レールとして使用できます

レールセットAと組み合わせてみました。グレーのレール以外がレールセットAに入っています

レールセットAと組み合わせてみました。グレーのレール以外がレールセットAに入っています

車両をセットします。本体の電源(写真では右から2両目の車両の上の黒い部分)をONにすればスタンバイOKです。この時点では電源をONにしても車両は動きません

車両をセットします。本体の電源(写真では右から2両目の車両の上の黒い部分)をONにすればスタンバイOKです。この時点では電源をONにしても車両は動きません

ちょっと寂しかったので、以前記事で紹介した「ゴジラ」のおもちゃをレール脇に並べてみました。意外と縮尺が合っていていい感じでしたよ

ちょっと寂しかったので、以前記事で紹介した「ゴジラ」のおもちゃをレール脇に並べてみました。意外と縮尺が合っていていい感じでしたよ

実際に走らせたところを動画にしました。リモコンの電源を入れて、レバーを倒すと、ゆっくりと車両がスタート。だんだんと加速させています。

とにかくこのリモコンで速度を自在に操れるのがとても楽しいです。今回は小規模なレールセットでしたが、もう少し大きなレイアウトでレールを組んで、駅などのパーツを配置すると、かなり本格的な速度調整を楽しむことができます。駅に滑るように入ってきてピタっと止めるなんてことができるので、かなり楽しいです。

プラレールアドバンスの車両も数多く出ているので、青いレールの上で2車線を作って、すれ違い走行をしてみるのもいいですよね。従来のプラレールをお持ちでレールをたくさん持っている方なら、即リモコンを使った新しい楽しみ方もできるので、この15段階速度調整を体験してみてはいかがでしょうか?

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
模型・フィギュアのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る