ひとりで飛ばす楽しみだけでなく、友達といっしょに“遊べる”ドローン

Parrotが新ミニドローンを発表! 物をつかめる「Mambo」とX翼の「Swing」

このエントリーをはてなブックマークに追加

仏Parrot社は、2016年9月29日、ミニドローンシリーズの新製品2機種を発表しました。ひとつは、クアッドコプター型のミニドローン「Parrot Manbo」、もうひとつは、固定翼型のミニドローン「Parrot Swing」です。価格はParrot Manbo が税別15,000円、Parrot Swingが税別17,000円。合わせて、飛行可能距離が60mまで拡張できる専用コントローラー「Parrot Flypad」(税別5,000円)も発表されました。日本国内での発売はいずれも10月中を予定しているとのことです。

Parrot JPAC地域担当バイス・プレジデント兼マネージング・ディレクターのクリス・ロバーツさん。左側が「Parrot Manbo」、右側が「Parrot Swing」

「キャノン」「グラバー」ふたつの付属アクセサリーで遊べる「Parrot Manbo」

「Parrot Manbo」は4つのプロペラを持つ、クアッドコプター型のミニドローン。写真左側は付属アクセサリー「グラバー」を、写真右側は付属アクセサリー「キャノン」を装着した状態。操作はスマホ・タブレット用の専用アプリ「FreeFlight Mini」から行えるほか、同時発売の専用コントローラー「Flypad」でも行えます

「グラバー」装着時。手前のアームを使って、4gまでのものをつかんで運ぶことができます

「グラバー」装着時。手前のアームを使って、4gまでのものをつかんで運ぶことができます

アームの開閉は、スマートフォン用の専用アプリ「FreeFlight Mini」や専用コントローラーで制御します。こんなふうにキャンディーをつかんで飛行させ、運ぶことができます

「Parrot Mambo」のグラバーモードを使ってスマートな名刺交換にチャレンジ。まずはMamboに名刺を持たせて……

Mamboが相手のもとまで名刺を運びます

Mamboが相手のもとまで名刺を運びます

無事、名刺を届けることができました

無事、名刺を届けることができました

一連の様子は以下の動画よりどうぞ。

「キャノン」装着時はこのような感じ。射程距離は2m、弾倉容量は6発です。弾は、直径6mm、重さ0.12gのものに対応

本体の6つのポッチのあるところにキャノンパーツをはめ込むことでMamboは「キャノンモード」と認識。「グラバー」のときも同様です

キャノンパーツの上部の筒に弾を込め、前方から発射します

キャノンパーツの上部の筒に弾を込め、前方から発射します

実際に弾を発射する様子は以下の動画よりどうぞ。弾が小さく、速く、そのうえピントが合ってないので見づらいですが、ご容赦を。

高い安定性を持っているので、正確に的を狙えます。写真は、透明な使い捨てコップを的にして遊んでいるところ

クアッドコプター・モードと、X型ウイングの固定翼モードの2パターン飛行! 「Parrot Swing」

「Parrot Swing」は、本体と専用コントローラー「Flypad」がセットで販売されます。スマートフォンをセットしたFlypad での操縦のほか、スマホのみ、Flypadのみでも操縦することができます

一般的なクアッドコプターと同じように、垂直状態での離着陸が可能。写真はクアッドコプター・モードによるホバー状態です。機体の重さは73gと超軽量で、壁などにぶつけて墜落させても壊れにくくできているとのこと

固定翼モードに切り替えると、写真でクリスさんが持っているような角度で機体は常に前進します。発表会では、「スター・ウォーズの戦闘機『Xウィング』みたい」という感想もあがっていました

クアッドコプター・モードでの操縦から、固定翼モードへ切り替えて操縦した様子は以下の動画よりご覧ください。固定翼モードは3段階用意されていて、切換ボタンを押すたびに速くなります。

こちらは専用コントローラーの「Flypad」。左のジョイスティックは上昇下降、旋回をコントロールします。右のジョイスティックは、前進後退、左右への移動をコントロール。これまで通り、離着陸は中央のボタンで操作できます。最大60mの距離までコントロールが可能

なお、「Parrot Mambo」「Parrot Swing」ともに1GBのフラッシュメモリーを搭載しており、機体の底面に搭載されているカメラで静止画の撮影が可能です(Swing は、クアッドコプター時のみ)。カメラは30万ピクセル、VGAに対応しています。操縦には、ミニドローン専用アプリ「FreeFlight Mini」のインストールが必要です(iOS/Android対応、無料)。

「Parrot Mambo」「Parrot Swing」ともに、通信方式にはBluetooth Low Energyを使用していて、アプリのみでのコントロール時には最大通信距離が20m、「Flypad」使用時には最大通信距離は60mまで拡張されます。2機種とも最大時速は29km/h。連続飛行時間は「Mambo」が9分間、「Swing」が8分間です。バッテリーにはリチウムポリマー充電池を使用。高速充電に対応しており、2.6A充電器使用時には25分で充電が完了するとのことです。

堤 智代(編集部)

堤 智代(編集部)

ホビーやおもちゃを中心にレビュー記事を担当しています。ラジコンやプラモデル、フィギュアを取り上げることが多いですが、それら以外でも楽しそうな製品を紹介していきたいと思います!

製品 価格.com最安価格 備考
MiniDrones Mambo PF727071 14,310 クアッドコプター型のミニドローン
MiniDrones Swing PF727073 16,520 固定翼型のミニドローン
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.3.17 更新
ページトップへ戻る