いいモノ調査隊
持ち運び、使い方も簡単

防災グッズに加えたい! 普段使いにも便利な携帯組み立てコンロ

緊急災害時用の防災グッズや非常食。いろいろと揃えるようになったご家庭も多いのではないでしょうか。筆者もその一人で、まずは非常食や身の安全を守るアイテムから順に揃えてきました。今回は、「防災度」をさらに高めるアイテムとして調達した商品をご紹介します。

クイックコンロ

本体のほかに、固形燃料と収納用の袋が付属しています

携帯用の組み立てコンロです。地震などが起きると停電やガス漏れなど、ライフラインが一時的にストップしてしまったりしますよね…。そんな時にあると便利だなと感じて購入した商品です。筆者宅では非常時の火力源として、ガスボンベを使用するカセットコンロを用意しておりましたが、ボンベ缶が足りなくなってしまった際の二重のセキュリティとしてこちらも揃えておくことにしました。

こちらのコンロは、カセットコンロとは違い、固形燃料を使用するタイプ。組み立て式なので、カセットコンロに比べると、本体も燃料も収納場所を取らず、持ち歩くこともできるのが便利です。

組み立てもネジなどは一切要らず、いたって簡単。付属のヘキサ固形燃料だと、1個で約10分燃焼でき、600CCのお湯を沸かすための燃料は約1.5個、4合分の炊飯で蒸らし時間も含めて燃料4個で調理が可能です。

3本脚の支柱を広げて、燃料用の受け皿と風防用の2枚のパーツをはめ込むだけと組み立ても簡単

3本脚の支柱を広げて、燃料用の受け皿と風防用の2枚のパーツをはめ込むだけと組み立ても簡単

付属の燃料はヘキサ固形燃料という燃焼効率が高いタイプのもの。火力は強いが燃焼時間は約10分。ティーキャンドルを代わりに設置すれば、火力は微弱ながら長時間の保温用に使えます

付属の燃料はヘキサ固形燃料という燃焼効率が高いタイプのもの。火力は強いが燃焼時間は約10分。ティーキャンドルを代わりに設置すれば、火力は微弱ながら長時間の保温用に使えます

もちろん災害時でなくても、アウトドアや普段使いにも問題ありません。筆者宅では、チーズフォンデュ用のコンロとして、普段使っている鍋を乗せて使用するのに重宝しています。市販されている一般的なフォンデュ用のコンロは使用しない時にはかさ張ってじゃまになりますが、こちらのコンロであれば収納もコンパクト。防災目的だけでなく、さまざまな用途に使えていざという時にも助かりそうなスグレモノです。

えみぞう

えみぞう

日々のムダをとにかく省くことに執念を燃やす母ライター。好きな言葉は「時短・節約・自作」。なのに非生産的な活動にも必死になることも多々。意外にアウトドア、国際派。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
防災グッズのその他のカテゴリー
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る