スタンドアロン型VRヘッドセットも登場!

GoogleのAIスピーカー「Google Home」がついに日本上陸! 人工知能で何ができるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

Googleの開発者向け会議「Google I/O」が、2017年5月18日(日本時間)に開催された。約3時間におよんだ基調講演では、人工知能を搭載したスマートスピーカー「Google Home」が2017年夏に発売されることや、スマートフォンやPCを使わないスタンドアロン型VRヘッドセットが登場することなどが明らかになったほか、対話型AIの「Google アシスタント」が日本語に対応することも発表された。気になる新デバイスやサービスの詳細をレポートする。

ついに日本でも発売されることになった「Google Home」(画像は Googleから、以下同様)

対話型AIの「Google アシスタント」が日本語対応&iPhoneでも使えるように!

「Google Home」に搭載されている対話型AI「Google アシスタント」は、新しく日本語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語に対応することが明らかになった。現在は、メッセージアプリの「Google Allo」に統合されているのだが、独立してiPhoneの「Siri」のような使い方が可能になるとのこと。また、iPhoneやiPadなどのiOS端末で使用できる「Google Assistant for iOS」も発表された。ただし、現在のところは米国のみでの提供で、日本でのリリースは未定となっている。

「Google Home」がiOSにも対応。「Siri」と「Google Home」のどちらを使うか迷ういそう

「Google Home」がiOSにも対応。「Siri」と「Google Home」のどちらを使うか迷ういそう

「Google アシスタント」は、Google製スマートフォンの「Pixel」にも搭載されている。「Pixel」は2016年10月に発表されたものの、日本では現在のところ発売されていない。日本国内で発売されていないのは、「Google アシスタント」が日本語に対応していなかったことが大きな理由のひとつと見られているが、「Google アシスタント」が日本語に対応したことで、「Pixel」が日本でも発売される可能性がでてきており、期待したいところだ。

人工知能搭載の「Google Home」が2017年内に日本に上陸!

「Google Home」は、「Google アシスタント」を搭載したスマートスピーカーで、話しかけるだけで音楽を再生したり、天気やスケジュールなど知りたいことをGoogle検索から教えてくれたり、アラームやスケジュールを管理したりできるデバイス。自宅に設置しているIoTデバイスを連携すれば「Google Home」から操作することもできる。マルチユーザーに対応しており、最大6人のユーザーアカウントを登録可能。音声から特徴を検出してユーザーを識別するのだが、誰の音声かを認識するのにかかる時間はミリ秒単位というから驚きだ。「Google I/O」では、「Google Home」が日本、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリアで2017年内に発売されることが明らかになった。米国では129ドルで販売されており、日本での価格も非常に気になるところだ。

「Google Home」でできることとは?

このタイプのデバイスでは、Amazonの「Echo」がよく知られているが、これまでの「Google Home」は機能面で「Echo」に及ばない部分があったのは事実。しかし、「Google I/O」ではさまざまな新機能が発表された。「Google Home」に話しかけるだけで通話を発信するハンズフリー機能はそのひとつ。声を認識し、そのユーザーの連絡先から相手を検索して電話をかけてくれる。「Google Home」からの着信は非通知と表示されるが、カスタマイズ可能とのこと。着信を受けることは現在のところできない。この機能は、米国とカナダで今後数か月以内に登場予定で、日本でも使えるようになるかどうかは未定となっている。

ユーザーが「OK, Google」と話しかけなくてもカレンダーの予定や天気といった情報を教えてくれる機能も追加される。また、「Hulu」、「Spotify」、「SoundCloud」、「Deezer」といったサービスを「Google Home」からコントロールすることが可能になる。今までは未対応だったBluetoothにも新しく対応。さらに、Chromecastのアップデートで、「Google Home」をテレビに映し出せるようになる。たとえば、「Google Home」に「今日の予定を教えて」と話しかけると、Chromecastを接続したテレビにカレンダーを表示してくれるといった具合だ。

スマホ・PCレスのスタンドアロン型VRヘッドセットが登場!

また、Googleは、VRプラットフォーム「Daydream」に対応するスタンドアロン型のVRヘッドセットをHTCとレノボから2017年後半に登場させることを明らかにした。Daydreamに対応するVRヘッドセットとしてすでに登場している、スマホを装着するタイプの「Daydream View」とは異なり、デバイス側のカメラやセンサーで頭の動きや周囲の環境を読み取るインサイドアウト式のヘッドトラッキング技術を採用している。

HTCのスタンドアロン型VRヘッドセット

HTCのスタンドアロン型VRヘッドセット

レノボのスタンドアロン型VRヘッドセット

レノボのスタンドアロン型VRヘッドセット

「PlayStation VR」や「HTC Vive」、「Oculus Rift」といったVRヘッドセットは、カメラやセンサーを周囲に配置してトラッキングするアウトサイドインという技術を使用しており、PlayStationやPCに有線で接続する必要がある。しかし、スタンドアロン型VRヘッドセットは、Googleが進めているAR技術「Tango」を使い、インサイドアウト式のヘッドトラッキング技術に対応し、ケーブルレスのVR体験を可能にした。頭に装着するだけでVRを楽しめるというわけだ。プロセッサにはクアルコムの「Snapdragon 835」を採用し、2017年内にHTCとレノボから発売される予定。ケーブルレスでVR空間を楽しんでいる様子は以下のムービーから確認してもらいたい。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.23 更新
ページトップへ戻る